4SEASONS

  • ON AIR/毎週 月~金曜 07:30~11:00
  • SOUND CREW/中野 耕史(月・火・水)、浜平 恭子(木・金)

次回の4SEASONS

soundcrew:

guest:

但馬に来んせいな 朝来市にやってきました。part2

但馬に来んせいな!

毎週、但馬で活躍している企業や観光スポットの方たちに、

但馬の魅力をご紹介していただくコーナーです

先週6日(火)に続いて、

今日6月13日(火)のオンエアも朝来市に行ってきた模様をお届けしました

今回は日本遺産に選ばれた

「播但貫く、銀の馬車道 鉱石の道」~資源大国日本の記憶をたどる73kmの轍~」

のストーリーの中にも組み込まれている

生野銀山を取材するためにやってきました

▲やってまいりました!!!まずは坑道の入り口で

和田さん、ありがとうございます!!!

坑道の中はひんやりとしています。

入口付近は13度くらいですが、もっと中へ進んで行くと温度は安定していきます。

生野銀山は・・・兵庫県朝来市生野町にある観光施設(現在は)

昔は室町年間に本格的な採掘が始まり、

戦国英傑、信長・秀吉・家康の直轄地になるなど、幕府の財政を支えます

しかし、海外からの安い鉱物の輸入などの影響も受け、

昭和48年(1973年)に閉山してしまいます。

その後は「史跡 生野銀山」として多くの観光客、また地元の人などで

賑わう観光施設になります

鉱夫の方達の様子がロボットを使って、再現されています。

基本的に鉱山での仕事は男性多かったですが、

実際には女性も働いていたということ

▲鉱脈がほりだされたのですが、

産出れる量が少ないであろうという判断の元から、この鉱脈はほったらかしに。。。

▲江戸時代に掘られたた穴。

 

坑道の出口です。

 

▲金・銀・すずのすくいどりが出来ます

生野銀山で開発に携わったフランス人鉱山技師のジャン・フランソワ・コワニエ師の像

 

朝来市 市長公室総合政策課の和田さん、ありがとうございました!!!

生野銀山について詳しくは こちら をクリック