4SEASONS

  • ON AIR/毎週 月~金曜 07:30~11:00
  • SOUND CREW/中野 耕史(月・火・水)、浜平 恭子(木・金)

次回の4SEASONS

soundcrew:

guest:

“4SEASONS流”一汁三菜の和食メニュー

  • 明石タコとウリの酢味噌和え

    「味の素KK」とコラボレーションして、

    地元・兵庫の食材を遣った和食メニューを作り上げようと、

    キスナーのみなさんから、オススメの旬の食材や和食のレシピを募集していました。

     

    そして、今週はみなさんから教えていただいた食材やレシピを

    “4SEASONS流”一汁三菜の和食メニューとして、毎日ひと品ずつ紹介します。

     

    今日ご紹介したメニューは、「明石タコとウリの酢味噌和えです。

     

    材料(2人前)

    明石タコ   80〜100g

    ウリ     100g

    酢味噌    50〜60g

    「味の素®」    少々

     

    作り方

    「明石タコ」は薄切りにします。

    ウリは種をスプーンなどで取り除き、薄切りにします。

    ウリはサッと湯通しをして、氷水に取り、ザルにあげて、「味の素®」を少々。

    ボウルに明石タコ・搾ったウリを入れ、酢味噌と和えて出来上がりです。

     

     

    Point

    湯通ししたウリを、「味の素®」で水気を除きます。

     

    レシピ監修:フードコーディネーター 山口まさみ

     

    アシスタントとして、朝日放送「ナイトinナイト 水曜(白ごはん)」に関わったことをきっかけに、

    多くのテレビ番組に携わり、次第にフリーのフードコーディネーターとして活動していく。

    独り立ちしてからの初仕事であるテレビ大阪「満点!しあわせテレビ」にて、帯番組でのフードコーディネートを担当。

    スタッフが一丸となって制作する現場に感銘を受け、フードコーディネーターの道で生きること決める。

    以降、数多くの著名番組において、フードコーディネートを通して視聴者に料理のおいしさと感動を伝えている。

    また、雑誌「とらばーゆ」や、料理絵本「モモコもできるもん」など、テレビ以外にも、雑誌や書籍などの幅広い分野でも活躍。

    仕事のスタンスは「プロ意識を持った行動」をとること。

    自分がするべきことを意識し、現場がスムーズに進行するよう常に心掛ける。

    今、その動向が業界から大きな注目を集めているフードコーディネーターである。

     

  • 明石の焼き鯛で冷や汁

    「味の素KK」とコラボレーションして、

    地元・兵庫の食材を遣った和食メニューを作り上げようと、

    キスナーのみなさんから、オススメの旬の食材や和食のレシピを募集していました。

     

    そして、今週はみなさんから教えていただいた食材やレシピを

    “4SEASONS流”一汁三菜の和食メニューとして、毎日ひと品ずつ紹介します。

     

    今日ご紹介したメニューは、「明石の焼き鯛で冷や汁です。

     

    材料(2人前)

    焼き鯛    1切れ

    きゅうり   1本

    豆腐     1/2丁

    水      300cc

    味噌     大さじ1~2

    大葉・みょうが  適量

    塩      少々

    「ほんだし®」    小さじ1/2

     

    作り方

    「きゅうり」を輪切りにして、塩を少々しておきます。

    ボウルに味噌を入れ、水を少しずつ加え味噌を溶き、「ほんだし®」を加えます。

    そこに「ほぐした焼き鯛」、水気を搾った「きゅうり」「豆腐」を加えて、冷蔵庫で冷やします。

    食べる直前にお椀に盛り付け、千切りにした「大葉・みょうが」を散らして出来上がりです。

     

     

    Point

    冷や汁は、すり鉢で焼き魚のうま味を出しますが、

    今回は、焼き鯛をほぐすだけにして「ほんだし®」のうま味をプラスします。

     

    レシピ監修:フードコーディネーター 山口まさみ

     

    アシスタントとして、朝日放送「ナイトinナイト 水曜(白ごはん)」に関わったことをきっかけに、

    多くのテレビ番組に携わり、次第にフリーのフードコーディネーターとして活動していく。

    独り立ちしてからの初仕事であるテレビ大阪「満点!しあわせテレビ」にて、帯番組でのフードコーディネートを担当。

    スタッフが一丸となって制作する現場に感銘を受け、フードコーディネーターの道で生きること決める。

    以降、数多くの著名番組において、フードコーディネートを通して視聴者に料理のおいしさと感動を伝えている。

    また、雑誌「とらばーゆ」や、料理絵本「モモコもできるもん」など、テレビ以外にも、雑誌や書籍などの幅広い分野でも活躍。

    仕事のスタンスは「プロ意識を持った行動」をとること。

    自分がするべきことを意識し、現場がスムーズに進行するよう常に心掛ける。

    今、その動向が業界から大きな注目を集めているフードコーディネーターである。

     

  • 神戸牛と淡路玉ねぎのシャキシャキ和風ハンバーグ

    「味の素KK」とコラボレーションして、

    地元・兵庫の食材を使った和食メニューを作り上げようと、

    キスナーのみなさんから、オススメの旬の食材や和食のレシピを募集していました。

     

    いよいよ今週から、

    みなさんから教えていただいた食材やレシピを

    “4SEASONS流”一汁三菜の和食メニューとして、毎日ひと品ずつ紹介します。

     

     

    今日ご紹介したメニューは

    「神戸牛と淡路玉ねぎのシャキシャキ和風ハンバーグ」です。

     

    材料(2人前)

    牛こま切れ肉    200g

    玉ねぎ       100g

    醤油        大さじ1・1/2

    片栗粉       大さじ1

    サラダ油      少々

    「味の素 ®」       少々

     

    作り方

    牛こま切れ肉は、細かく刻む。玉ねぎは、粗みじん切りにする。

    玉ねぎをボウルに入れ、「味の素 ®」→醤油→片栗粉の順に加え、良く混ぜる。

    (調味料を加える事に混ぜてから、次の調味料を加える。)

    ③ ②に牛肉を加え、更に混ぜる。

    フライパンに油を熱し、ハンバーグの形にしたを焼いて、完成!!!

     

     

    Point

    玉ねぎを粗みじんにすることで、シャキシャキ食感になります。

    また、刻んだお肉を使うので、更に食感をプラス。 「味の素 ®」で、玉ねぎの甘味を引き出す。

    こま切れ肉を使うので、お高めの神戸牛ですが、少しお財布に優しいですよ。

    ソースをかけるハンバーグではなく、しっかり味付けしたハンバーグなので、お弁当のおかずにもピッタリ!

     

     

     

    レシピ監修:フードコーディネーター 山口まさみ

     

    アシスタントとして、朝日放送「ナイトinナイト 水曜(白ごはん)」に関わったことをきっかけに、

    多くのテレビ番組に携わり、次第にフリーのフードコーディネーターとして活動していく。

    独り立ちしてからの初仕事であるテレビ大阪「満点!しあわせテレビ」にて、帯番組でのフードコーディネートを担当。

    スタッフが一丸となって制作する現場に感銘を受け、フードコーディネーターの道で生きること決める。

    以降、数多くの著名番組において、フードコーディネートを通して視聴者に料理のおいしさと感動を伝えている。

    また、雑誌「とらばーゆ」や、料理絵本「モモコもできるもん」など、テレビ以外にも、雑誌や書籍などの幅広い分野でも活躍。

    仕事のスタンスは「プロ意識を持った行動」をとること。

    自分がするべきことを意識し、現場がスムーズに進行するよう常に心掛ける。

    今、その動向が業界から大きな注目を集めているフードコーディネーターである。

     

  • 「姫路レンコンや山芋で和風ラタトゥイユ」

    「味の素KK」とコラボレーションして、

    地元・兵庫の食材を遣った和食メニューを作り上げようと、

    キスナーのみなさんから、オススメの旬の食材や和食のレシピを募集していました。

     

    いよいよ今週から、

    みなさんから教えていただいた食材やレシピを

    “4SEASONS流”一汁三菜の和食メニューとして、毎日ひと品ずつ紹介します。

     

     

    今日ご紹介したメニューは「姫路レンコンや山芋で和風ラタトゥイユ」。

     

    材料

    姫路れんこん 80g

    山の芋    120g

    玉ねぎ    1/2個

    かぼちゃ   1/8個

    インゲン   4~5本

    ピーマン   1個

    なす     1本    など、お好みの野菜

    にんにく   1/2片

    トマト    1~2個

    醬油     大さじ1

    サラダ油   適量

    「ほんだし®」   小さじ1

     

    作り方

    ①  野菜を2~3㎝の大きさに切ります。

    (また、トマトも同じ様に切ります。にんにくはみじん切り)

    ②  鍋ににんにく、油を熱し、香りがしてきたらトマト以外の、先ほど切った野菜を炒めます。

    塩を少々入れて、油が馴染んだらトマトを加え、弱火にしてフタをします。

    ③  野菜から水分が出てきたら、「ほんだし®」、醤油を加え、野菜に火が通るまで煮ます。

    (野菜からの水分があまり出ないようなら、水を少々 加えます)

    ④  仕上げに香りの醤油(少々)をして、出来上がり。

    粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やして保存します。完成!!!

     

     

    ポイントは…ラタトゥイユは、ベーコンなどのうま味をプラスしますが、

    今回は「ほんだし®」でうま味をプラス。

    また、和風仕上げなので、ご飯のおかずにも! 夏の暑い時期は、一度に沢山作ると、光熱費も節約できます。

    冷蔵保存して、食べる際も温めず、冷たいままでOKなので、夏の食卓の一品におススメ

     

    (続きを読む...)