あめにてぃレポート

高木テルミ展のご案内

 

こんにちは!レポーターの上場です♩

 

今日のあめにてぃレポートは、

ギャラリー「ルネッサンス・スクエア」で開催中の

『高木テルミ展 ~残暉 2019 記憶する朱色~』についてご紹介☆

 

▼出展作家の高木さんと、ギャラリースタッフの宮本さん▼

 

 

 

残暉(ざんき)」とは‥

夕暮れ時に山の端にひと筋残る最後の光のこと。

高木さんは徳島県阿南市にお住まいで、家の近くを流れる“那賀川” の上流の山に

残暉を見た時の感動が忘れられず、ずっとそれをテーマにされているんだとか。

自然が見せる一瞬の強さや美しさを作品で再現されています♩

 

今回の展覧会でメインになっている作品は、小さな立方体をたくさん使い

線描で「流れ」を表現し、それを70個並べて大きな流れに(/・o・)/

絵巻物のように見てもらいたいという想いで、時間の経過を意識されました。

人の思いが繋がっていく「流れ」をぜひ会場でご覧いただきたい!

 

顔料で着色した手漉き和紙や着物の古布、粉絵の具などを用い、

独自の手法で作られた、手の込んだ繊細なものばかり。

大作・小品あわせておよそ100点のコラージュ作品が展示されています。

美しい朱色の世界、そして、ノスタルジックな夕暮れの瞬間をぜひ♡

 

会期中、高木さんは土曜 日曜、15日(月・祝日)は 会場にいらっしゃいますよ♩

 

 

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

 

【高木テルミ展 ~残暉 2019 記憶する朱色~】は7月21日(日)まで

(開館時間は午前10時~午後6時。※水曜は休館日)

 

会場のギャラリー「ルネッサンス・スクエア」は、パナホーム兵庫の本社1F

JR姫路駅から徒歩約10分、駐車場もあります。

詳しい地図はこちら

ホームページFacebookInstagramでも紹介されています★