ever green,ever fresh

Good Stuff vol.138

Good Stuff(木)

アットイーズがおススメする、「いいもの」を幅広くご紹介していきます!
今日は、1st Album「FIRST LOVE」からおよそ20年の時間が流れて、7枚目のアルバムで再び「FIRST LOVE=初恋」をピックアップ!
 

  
アルバム「初恋」の意味について、ご本人は
「デビューから今まで、
歌っている主題は基本的に変わっていない。
そういう思いの中で、
『FIRST LOVE』から『初恋』という対比がしっくりきた」
と話されています。
  
このアルバムのテーマとしては、
「浅いものから深いものまでの他者との関わり」
自分を生んでくれた人や
面倒を見てくれた人たちとの関係性が、
人と他者との関わりかたに影響していくと思う。
そこに対して生まれる「なぜなんだろう」とか
受け入れる気持ちなんかが
宇多田ヒカルの歌詞の大体のテーマだと。

 

そう話される内容通りに、
12の曲のそれぞれにいろんなシチュエーションが浮かびあっていますね〜
 
今日は
 
「初恋」
「残り香」
「Good Night」
 
こちらの3曲をお届けしましたが
  
「初恋」について
こちらは、「恋は始まりとも終わりとも取れるように書いています」と話されていましたが、本当の初恋ではここまではわからない「大人の初恋」ですね。
  
「残り香」について
今日振り返ってみても、ずっと前の曲と変わらないことを歌っていたりしますが、
この曲の歌詞には、あの頃とは違う「大人」としての艶っぽさがでていますね。
  
「Good Night」について
「大切な人が突然目の前から消えた」という想いを綴ったという一曲。
この美しいイントロ、一瞬、尾崎豊さんの世界観にも感じました。
徐々にリズムも乗ってきて、ドラマチックな一曲ですね。