毎週土曜 7:15~7:30
ヒマワリらじお

サウンドクルーのプロフィールへ

54回目のゲストは、先週の放送に引き続き、大吟醸『播磨の輝き』を生産。農業・米販売・お酒販売 をされている井上商店 井上芳子さん[6月9日放送]

昨年の6月にスタートした『ヒマワリらじお』が1周年を迎えました。ありがとうございます。

兵庫県加東市で自ら農家として、山田錦の生産され、そのお米で日本酒造りという夢をかなえられた井上芳子さん。

それが大吟醸『播磨の輝』です。

伊藤さんは、『播磨の輝』を試飲されて「香りがよく飲みやすい」

要さんは「スッキリしていて飲みやすい、美味しい」との感想でした。

大吟醸『播磨の輝』は、限定1200本という幻の日本酒です。

壺坂酒造で造られた『播磨の輝』は、ラベルも手貼りだそうです。

そして、加東市『山田錦』乾杯まつり(リンク先の情報は2017年のもの)が

今年も9月24日に開催されます。

加東市産の山田錦で造られた酒蔵18社の日本酒で乾杯できます。

井上芳子さん大吟醸『播磨の輝』で乾杯できるそうですよ。

 

 

6月9日放送のオンエアー曲は、

ガブリエル「ドリームズ」

皆様からのリクエスト&メッセージお待ちしています。

 

『ヒマワリらじお』番組ディレクター 稲田 勇


 

53回目のゲストは、夢である大吟醸『播磨の輝き』を造られた。農業・米販売・お酒販売 をされている井上商店 井上芳子さん[6月2日放送]

兵庫県加東市で農業をされている、井上芳子さん

伊藤たかえさんも交流がある大先輩だそうで、憧れの存在と語られていました。

自ら農家として、山田錦の生産され、そのお米で日本酒造りという夢をかなえられた井上芳子さん

結婚されて嫁がれた先が大農家で、当初は農業に抵抗があったそうで、泥の田んぼで悲鳴を上げることも多かったとか。

当時はパンタロンに、白のワイシャツ姿で農業をされていたそうです。

ファッションにもこだわりを持って、自分のカラーで農業されてきました。

山田錦が不足しているので、作って欲しいと言われたことがキッカケから、

いつしか、自分が作ったお米で日本酒を作ってみたいという想いになられたそうです。

そして、山田錦のお米を40%まで削って生産されたのが、

大吟醸『播磨の輝』です。

 

来週の『ヒマワリらじお』では、井上芳子さんから大吟醸『播磨の輝』

について詳しく紹介していただきます。お楽しみに。

 

6月2日放送のオンエアー曲は、

アリアナ・グランデ

「ジャスト・ア・リトル・ビット・オブ・ユア・ハート」

皆様からのリクエスト&メッセージお待ちしています。

 

昨年の6月にスタートした『ヒマワリらじお』が1周年を迎えました。

聴いていいただいている皆様のおかげです。引き続き応援よろしくお願い致します。



『ヒマワリらじお』番組ディレクター 稲田 勇


 

52回目のゲストは、先週の放送に引き続き、丹波うまいもん研究会 奥畑 和也さん[5月26日放送]

丹波好きが集まって、美味しいご当地グルメを開発して町を盛り上げようと、日々奮闘されている

丹波うまいもん研究会(通称 うま研)

その中心メンバーである、奥畑 和也さん

実は須磨出身でその後、丹波移住されたそうです。

奥畑 和也さんは、農家の方、飲食店の方、行政や商工会の方、

美味しいものが好きな方、丹波が好きな方みんなで集まって

新しい化学反応ができることを楽しみにされていました。

 

そして、昨年から丹波産の食材をふんだんに盛り込んだ駅弁「豚めし」が話題です。

レストラン「山の駅」でしか購入できない、「丹波ポーク」を使ったご当地グルメ。

なんと一日限定10食!!

是非、食べに行ってみたいですね。

 

 

 

5月26日放送のオンエアー曲は、

U2「ビューティフル・ディ」

皆様からのリクエスト&メッセージお待ちしています。

 


『ヒマワリらじお』番組ディレクター 稲田 勇


 

51回目のゲストは、丹波うまいもん研究会 奥畑 和也さん[5月19日放送]

丹波の美味しいご当地グルメを開発して町を盛り上げようと、

丹波うまいもん研究会(通称 うま研)は、2017年8月に結成されました。

メンバーは、丹波市内の農家や移住者、会社員などさまざまな立場の食べ物好きが集まっています。

丹波には、高品質な農産物、畜産物、乳製品などたくさんの食材がありますが、
丹波市に来たら「これ」という名産がないので、

それらの食材を利用したご当地グルメを作ろうと考えられたそうです。

話題となったのが、「丹波三宝ベジバーガー」!

『丹波が好きやねん!』Tシャツを購入すると、

丹波うまいもん研究会(通称 うま研)に参加出来ますよ。


そして、毎月第3土曜日の夜はうまけんパーティ!

今夜 第二回(5/19)は、「たこ焼きパーティー」@レストラン山の駅で開催されます。

 

 

5月19日放送のオンエアー曲は、

ザ・コアーズ「オールド・タウン」

皆様からのリクエスト&メッセージお待ちしています。

 


『ヒマワリらじお』番組ディレクター 稲田 勇


 

50回目のゲストは、先週の放送に引き続き、株式会社明和 代表取締役社長 宮本明宏さん[5月12日放送]

「電気のことなら明和に全部おまかせ!」

兵庫県神戸市西区に本社がある株式会社明和は、

ネットショップ(可愛い家電と雑貨のお店)Mo.Mo.Kaden【もも家電】などを展開されています。

宮本さんの人柄、カリスマ性を武器に、会社の業績を上げていかれています。

社員のやる気スイッチは「どこかなぁ?」とひとりひとりに向き合いながら、
家族のように、愛情を持って接していらっしゃる宮本明宏さんの姿勢、素晴らしいですね。

そして、様々な社会貢献もされています。

 

5月12日放送のオンエアー曲は、

電気グルーヴ「シャングリラ」

皆様からのリクエスト&メッセージお待ちしています。

 


『ヒマワリらじお』番組ディレクター 稲田 勇


 

49回目のゲストは、株式会社明和 代表取締役社長 宮本明宏さん[5月5日放送]

「電気のことなら明和に全部おまかせ!」

株式会社明和は、兵庫県神戸市西区に本社があります。

電気工事事業、大型家電量販店での家電設置業務請負(エアコン・アンテナ・IHヒーター・エコキュート取付など)や、

ネットショップ(可愛い家電と雑貨のお店)Mo.Mo.Kaden【もも家電】などを展開されています。

宮本明宏さんは、巧みな話術を武器に、19歳で起業。

株式会社明和の創業社長です。凄いですね。

宮本さんのお話からユーモア、バイタリティを感じました。

 

プラス思考の宮本さんも、会社が倒産が倒産するのではないかという危機的な状況を救ったのが、
奥様の「大丈夫!!」という言葉。
そして、奥様と二人三脚で会社を大きくされてきました。

奥様との関係性が素敵ですね。

5月5日放送のオンエアー曲は、

B’Z 「恋心」

皆様からのリクエスト&メッセージお待ちしています。

 


『ヒマワリらじお』番組ディレクター 稲田 勇


 

48回目のゲストは、先週の放送に引き続き、株式会社 老祥記 四代目 曹 祐仁さん[4月28日放送]

4月27日(金)は、神戸三宮センター街でも街バル

「神戸中華の晩餐会」が開催されました。行かれました?

ここでしか食べられない、老祥記の『焼き豚饅頭』食べたかったです。


1日の販売が年間を通して約1万3千個という『老祥記』の豚饅

G.W中は2万個の販売を予定されているそうですよ。凄い量ですね。

伊藤たかえさんは、考えているだけで涎が出てきたみたいです(笑)

 

今年で、創業103年という『老祥記』

「食べ歩きができて、本格的なお店で食事が出来るのが南京町の魅力と語っていただいた

老祥記 四代目 曹 祐仁さん

今年は、南京町が生誕150周年ということで、様々なイベントが開催されますよ。

現在、東屋、長安門もライトアップ中です。

そして、南京町の魅力を写真で伝える

「南京町生誕150年記念フォトコンテスト」の応募がスタートしました。

「I  LOVE 南京町」、「Old 南京町」のテーマで

フォトジェニックな写真を撮影して、豪華賞品をGetしてくださいね。

 

 

4月28日放送のオンエアー曲は、

ゴダイゴ「モンキー・マジック」

皆様からのリクエスト&メッセージお待ちしています。

 


『ヒマワリらじお』番組ディレクター 稲田 勇


 

47回目のゲストは、株式会社 老祥記 四代目 曹 祐仁さん[4月21日放送]

神戸南京町で行列ができる

豚饅頭のお店『老祥記』

知らない人がいないぐらいの人気店ですね。

もちろん、伊藤たかえさんも『老祥記』の豚饅が大好きです。

老祥記 四代目 曹 祐仁さんは、子供の頃から、おやつ代わりに豚饅頭を食されてきたそうです。

今年、「南京町生誕150周年」で盛り上がる南京町。

様々なイベントが開催されますよ。

4月27日(金)は、神戸三宮センター街でも街バルを開催!

「神戸中華の晩餐会」

老祥記からは、ここでしか食べられない『焼き豚饅頭』が味わえます。

G.W前の、プレミアム・フライデー、お仕事帰りに行かれてみては?

 

4月21日放送のオンエアー曲は、

モンキー・マジック「オール・アラウンド・ザ・ワールド」

皆様からのリクエスト&メッセージお待ちしています。

 


『ヒマワリらじお』番組ディレクター 稲田 勇

 

46回目のゲストは、先週の放送に引き続き、兵庫県神崎郡神河町 地域振興課 参事 兼 観光振興 特命参事 山下和久さん[4月14日放送]

昨年、国内で約14年振りにオープンしたというスキー場

峰山高原リゾートホワイトピークで話題の神河町

手ぶらで行けるスキー場として、話題になっていました。

伊藤さんは、夜行バスでスキーに行かれたことがあるそうで、

「手ぶらで自分の車で行けるのが良いですね。」と反応されていました。

そして、要さんは、スキーインストラクターの資格を持っていると番組内でカミングアウト(笑)


今年の冬は、

峰山高原リゾートホワイトピーク

にGo!?

日本中が注目する、神河町。

山下さんの奔走と、取り組む人たちの団結力で、神河町が活性化していると言ってもいいでしょうね。

冬は、「ホワイトピーク」、そして、これからの季節は「グリーンピーク」として、ZIPラインも登場します。

そして、この夏は、ロードバイク好きにはたまらない

第1回神河ヒルクライム開催決定!!

まだまだ目が離せませんね。

 

4月14日放送のオンエアー曲は、神河町が産んだスター!!

「あまちゃんオープニングテーマ」

皆様からのリクエスト&メッセージお待ちしています。

 


『ヒマワリらじお』番組ディレクター 稲田 勇

 

45回目のゲストは、兵庫県神崎郡神河町 地域振興課 参事 兼 観光振興 特命参事 山下和久さん[4月7日放送]

神河町は、兵庫県のほぼ中央に位置し人口約1万2千人弱の県内で一番小さな町です。

番組アシスタントの要さんが知らなかったので、神河町の事を山下さんから教えていただきました。

神河町の砥峰高原(とろみねこうげん)では映画「ノルウェイの森」や

大河ドラマ「平清盛・軍師官兵衛」映画「信長協奏曲」など

多くの有名作品のロケ地としても有名です。

行ってみたいですね。

伊藤たかえさんも訪れたという、

道の駅「銀の馬車道・神河」が昨年オープン。

神河町名産の「仙霊茶」がお気に入りだそうです。


そして一番の話題は、国内で約14年振りにオープンしたというスキー場

峰山高原リゾートホワイトピーク

なんと、約5万6千人が来場しました。凄いですね。

 

スキー場を開設までに約3年掛かったという

峰山高原リゾートホワイトピーク

神河町の住民や、関係者の方の同意を得るのは大変だったそうですよ。

 

山下さんから、
小さなお子さん、家族連れ、昔ブイブイいわせていた方に来て欲しいと語っていただきました。

 

4月7日放送のオンエアー曲は、リクエスト曲

コールドプレイ「ヴィヴァ・ラ・ヴィダ」

皆様からのリクエスト&メッセージお待ちしています。

 


『ヒマワリらじお』番組ディレクター 稲田 勇

伊藤 たかえ

1968年1月、兵庫県尼崎市生まれ。関西大学法学部卒。
公明党参議院議員(兵庫県選出)、弁護士、税理士。趣味は山歩き、座右の銘は「誠心誠意」。
○公式サイト: http://ito-takae.com/
○伊藤たかえの公式Facebookはコチラ
○伊藤たかえの公式Twitterはコチラ


過去の放送を聴く