毎週土曜 7:15~7:30
ヒマワリらじお

サウンドクルーのプロフィールへ

216回目のゲストは、ビーチサンダルの企画・製造・販売をされている 株式会社TSUKUMO 中島 広行(なかじま ひろゆき)さん[7月17日放送]

日本製ビーチサンダル専門店「九十九」(TSUKUMO)

中島さん曰く、ビーチサンダルは、

日本発祥、神戸発祥、長田区発祥だそうです。

実は、ビーチサンダルという名前は、和製英語だとか。

様々な説がありますが、1952年にビーチサンダルが誕生してから、

来年でなんと70年だそうです?!

 

日本でも数少ないビーチサンダル専門店

日本製ビーチサンダル専門店「九十九」(TSUKUMO)

中島さんは、番組出演の際もビーチサンダルを履いて来ていただきました。

一番人気の黒色のビーチサンダル

細部にも拘られていて、何にでも合わせられて、スタイリッシュ?!

そして、おしゃれですねですね。

ビーチサンダルは、ビーサンの相性で親しまれていて、

夏の定番アイテムとして、馴染みが深いですね。

伊藤たかえさんや、要さんもびっくりな

色んなデザインのビーチサンダルを発売されています。

ビーチサンダルは、パーツが台と鼻緒の2つのパーツを組みわせているので、

細部の工夫、台の硬さ、鼻緒の穴の位置 等

試行錯誤をされてきたそうです。

 

代表 中島広行さんは、健康の面でも

天然ゴム素材なので、痛くなりづらいとのことでした。

鼻緒を掴むので扁平足になりにくいので、

子どもたちにも履いて欲しいそうです。

7月31日まで神戸でポップアップショップを展開中

チェックして見てくださいね。

 

7月17日のON AIR曲は、

Baha Men

Beach Baby

 

リクエスト&メッセージお待ちしています。

『ヒマワリらじお』番組ディレクター 稲田 勇

215回目のゲストは、先週の放送に引き続き、一般社団法人 神戸国際支縁機構 理事長 岩村 義雄さん[7月10日放送]

神戸国際支縁機構 の岩村さんたちは、

自然生態および人の暮らしの恢復のため,

「田・山・湾の復活」を旗印に、

農・林・漁,傾聴ボランティアを毎月実施されています。

また、被災地へ真っ先に駆け付け、

命の大切さをボランティアを通して学ばれています。

その他にも、アジアやアフリカの子ども、女性たちに

手作りマスクを届ける活動を続けられていて、

これまで全国各地から1万7千枚以上が寄せられたマスクを、

10カ国に配布されました。

これからの岩村さんたちの活動に注視していただきながら、応援していただきたいですね。

7月10日のON AIR曲は、

大黒摩季

「ら・ら・ら」

 

リクエスト&メッセージお待ちしています。

『ヒマワリらじお』番組ディレクター 稲田 勇

214回目のゲストは、一般社団法人 神戸国際支縁機構 理事長 岩村 義雄さん[7月3日放送]

国内外の被災地で支援活動をされている岩村さん。

2001年ニューヨークの同時多発テロ勃発を契機として、

戦争、震災、飢餓などで傷ついた人々によりそうことが出発点となり、

神戸国際支縁機構の活動されるようになりました。

当初は助けるという意味の支援からスタートした活動は、

縁を繋ぐ、下から支えるという意味の、支縁に。


神戸国際支縁機構 では、これまで学生を含め、約2000人の人達がボランティア活動をされてきました。

活動を通じて、参加された学生さん達にも、良い影響を与えられているそうです。

そして、20年の活動の間に、様々な震災が発生。

その度に現地に車で駆け付け、様々な支縁活動をされています。

地域の方に縁を繋ぎながら、寄り添った活動、素晴らしいですね。

 

7月3日のON AIR曲は、

Louis Armstrong

「What A Wonderful World

 

リクエスト&メッセージお待ちしています。

『ヒマワリらじお』番組ディレクター 稲田 勇

213回目のゲストは、先週の放送に引き続き、兵庫県赤穂郡上郡町 赤松地区連合自治副会長 古正 好晴(ふるまさ よしはる)さん[6月26日放送]

古正さんは、赤松地区連合自治会長をされた後、

現在、副会長をされています。

赤松地区村づくり推進委員会 古正

平成23年頃からは、『白旗城まつり』を盛り上げるために

甲冑づくりの取り組みや、講師もされています。

「赤松手づくり鎧かぶと」

古正さんは、 鎧かぶとづくりも、

製図からデザインの考案、写真撮影、テキスト制作も行い、

毎年11月23日(祝)に「白旗城まつり」に参加。

 

また、防災にも力を入れられていて、みんなが助かる”声掛け運動”

自主防災の活動を推進してきました。

少子高齢化の中、

日頃の村づくり活動が災害時に自然と助け合える地域を目指されています。

6月26日のON AIR曲は、

Bruno Mars

Treasure

 

リクエスト&メッセージお待ちしています。

『ヒマワリらじお』番組ディレクター 稲田 勇

212回目のゲストは、兵庫県赤穂郡上郡町 赤松地区連合自治副会長 古正 好晴(ふるまさ よしはる)さん[6月19日放送]

兵庫県赤穂郡上郡町の 赤松地区村づくり推進委員会 古正 さん

地域に元気をとの思いから甲冑制作を、

村づくりの事業として提案し、地域の活性化に貢献されてきました。

赤松地区には「赤松円心」や「大鳥圭介」ゆかりの歴史・文化遺産が

数多くある地域です。

中でも、落ちない城ということで、受験生に人気なのが、白旗城。

毎年11月23日(祝)に「白旗城まつり」を開催されています。

平成8年からスタートした「白旗城まつり」

その後、上郡町赤松地区が誇る歴史・文化資源を活用し、

手づくり鎧(よろい)かぶとで武者行列をされるようになりました。

古正さんは、島根県安気市から鎧兜の指導を受け、手つづり甲冑を制作。

「赤松手づくり鎧かぶと」の特徴は、紙製で軽量。

型紙に合わせて裁断した厚さ2ミリの厚紙を、

ボンドで貼り付け。さらしを張り、

ニスで複数回塗り固めた上からペンキで色を付けます。

古布や革などもあしらい、本物の鎧かぶとと見分けがつかないほど

本格的な仕上がりだそうです。

古正さん達が半年掛けて制作された、

鎧かぶとで武者行列をされる姿は、

毎年11月23日(祝)に「白旗城まつり」

で披露されます。開催が楽しみですね。

6月19日のON AIR曲は、

Olivia Newton-John

Have You Never Been Mellow

 

リクエスト&メッセージお待ちしています。

『ヒマワリらじお』番組ディレクター 稲田 勇

211回目のゲストは、先週の放送に引き続き、社会福祉法人プロップ・ステーション理事長 竹中ナミ さん[6月12日放送]

社会福祉法人プロップ・ステーションは、

1991年に草の根グループとして発足、1998年には社会福祉法人に。

「チャレンジドをtaxpayer(税金を払う)に出来る日本に!」

をスローガンに活動されています。

 

いつもパワフルな活動をされている ナミねぇ

様々な人との出会いからスタートした

神戸スウィーツ・コンソーシアム

一流のシェフと食材を使ってスイーツ作りの技術やノウハウ、魅力を伝え、

チャレンジド(障害のある人)の潜在力を引き出す狙いで開催されています。

ナミねぇは、

”チャレンジドが活躍出来る社会創造のため、共に行動して欲しい”

とのことでした。ひとりが寄り添える社会になって欲しいですね。

「ヒマワリらじお」が2017年6月にスタートしてから、

4年が経過しました。

お聴きいただいているキスナーの皆様、ありがとうございます。

6月12日のON AIR曲は、

Heart

Never

 

リクエスト&メッセージお待ちしています。

『ヒマワリらじお』番組ディレクター 稲田 勇

210回目のゲストは、社会福祉法人プロップ・ステーション理事長 竹中ナミ さん[6月5日放送]

伊藤たかえさんが、お会いする度に元気になるという

竹中ナミ さん こと「ナミねぇ」

コンピュータ、インターネットなどを利用して、

約30年前から障害のある方の支援を行われてきました。

スローガンは「チャレンジドをtaxpayer(税金を払う)に出来る日本に!」

社会福祉法人プロップ・ステーションは、

チャレンジド(障害のある人たち)の自立と就労促進

チャレンジドの自立と社会参画、

就労の促進や雇用の創出を目的に活動されています。

今でこそ、コンピューターネットワークによる

在宅勤務は当たり前の社会になってきましたが、

30年前から、チャレンジド(障害のある人たち)とネットを使った

就労支援、素晴らしいですね。

時代がようやく追いついた感じでしょうか?

 

竹中ナミさんは、

ドローンによる活動についても力を入れられていて、

ユニバーサル・ドローン協会(UDrA)

チャレンジド(障がいを持つ人)や

様々な人々のユニバーサルな就労の機会として

ドローンとICTを活用されています。

コンピューターの時のようにびびっときたのが、ドローンだそうです。

6月5日のON AIR曲は、

Lady Gaga

Born This Way

 

番組がスタートしてから4年が経ちました。

キスナーの皆様、ありがとうございます。

リクエスト&メッセージお待ちしています。

『ヒマワリらじお』番組ディレクター 稲田 勇

209回目のゲストは、先週の放送に引き続き、宝塚市立手塚治虫記念館 館長 河合 晋一さん[5月29日放送]

手塚治虫記念館 館長 河合さんは、

手塚先生へのオマージュで記念館PRの際はベレー帽を着用しています。

似ていますよね?!

コロナ禍ということもあり、せっかくリニューアルオープンした手塚治虫記念館 への集客が難しいそうです。

 

コロナ禍で混沌とするこの時代だからこそ、手塚治虫先生のテーマである

「自然への愛」と「生命の尊さ」を手塚作品から感じてもらいたいです。

 

企画展「手塚治虫と演劇 『七色いんこ』展」を6月28日(月)まで開催中。

第82回企画展「手塚治虫と演劇『七色いんこ』展」

医学生時代に演劇に没頭していた手塚先生の舞台経験の集大成として描かれたのが作品「七色いんこ」。

今回の企画展では手塚先生の演劇歴を紹介した上で、

七色いんこを始め演劇の影響が見受けられる作品を幾つか紹介しています。

来館者の皆様にお願い

感染対策をした上で、手塚治虫記念館に行かれてみては?!

5月29日のON AIR曲は、

サカナクション

新宝島

 

リクエスト&メッセージお待ちしています。

『ヒマワリらじお』番組ディレクター 稲田 勇

208回目のゲストは、宝塚市立手塚治虫記念館 館長 河合 晋一さん[5月22日放送]

手塚治虫記念館の河合さんは、

宝塚市の人事異動により、平成30年度から館長に就任。

手塚治虫記念館の魅力を発信。

管内の運営管理をされています。

 

漫画家の手塚治虫さんは、5歳から24歳までの約20年を宝塚で過ごされました。

開業から今年で27年。

今や、宝塚市が誇る記念館ですね。

 

手塚治虫記念館の河合さんから、

企画展「手塚治虫と演劇 『七色いんこ』展」を紹介いただきました。

第82回企画展「手塚治虫と演劇『七色いんこ』展」

医学生時代に演劇に没頭していた手塚先生の舞台経験の集大成として描かれたのが作品「七色いんこ」。

今回の企画展では手塚先生の演劇歴を紹介した上で、

七色いんこを始め演劇の影響が見受けられる作品を幾つか紹介しています。

6月28日(月)まで開催中です。

この機会に行かれてみては?!

 

来館者の皆様にお願い

5月22日のON AIR曲は、

山下達郎

アトムの子

 

リクエスト&メッセージお待ちしています。

『ヒマワリらじお』番組ディレクター 稲田 勇

207回目のゲストは、先週の放送に引き続き、医療法人社団純心会 パルモア病院 院長 山崎 峰夫(やまさき みねお)さん[5月15日放送]

神戸市中央区にあるパルモア病院 は、(全国に約70ある)

「赤ちゃんに優しい病院」のひとつに認定されています。

 

パルモア病院

では、「よい子育て」の実現には、医学的な観点からのケアより、

お母さんを「全人的に」見守り、

サポートすることの重要性を実感されています。

 

産婦人科医になって40年という

産婦人科医師 院長 山崎 峰夫 さんは、

母乳育児は赤ちゃんに最良の栄養を与えることができるだけではなく、

望ましい母子関係を築くための大切なツールであることを

これまでの経験の中で学ばれたとのことでした。

 

母乳は”赤ちゃんにとって

最大の贈り物”と考えられていて、

母乳育児を推奨されています。

 

母乳育児をするには、

メンタルヘルスと、家族のサポートが重要ですね。

 

5月15日のON AIR曲は、

The Five Stairsteps

「O-o-h Child 

 

リクエスト&メッセージお待ちしています。

『ヒマワリらじお』番組ディレクター 稲田 勇

 

伊藤 たかえ

1968年1月、兵庫県尼崎市生まれ。関西大学法学部卒。
公明党参議院議員(兵庫県選出)、弁護士、税理士。趣味は山歩き、座右の銘は「誠心誠意」。
○公式サイト: http://ito-takae.com/
○伊藤たかえの公式Facebookはコチラ
○伊藤たかえの公式Twitterはコチラ


過去の放送を聴く