【兵庫県からのお知らせ】 2018年2月10日(土)放送分

「公立小中学校・特別支援学校の非常勤講師」募集について

神戸市をのぞく、兵庫県内の市町組合立小学校・中学校・特別支援学校において、初任者研修にあたる教員の授業の補充などを行う「非常勤講師」を募集しています。募集人数は、小学校392名程度、中学校 219名程度、特別支援学校11名程度。委嘱期間は、来年度1年間のうち、兵庫県教育委員会が決定する期間です。
応募資格は、希望する学校種(しゅ)の、教育職員免許法に定める普通免許状をお持ちか、今年4月1日までに取得できる方です。応募方法は、勤務を希望する市や町を所管する教育事務所、または市町組合教育委員会に、所定の書類を提出してください。
受付は、3月9日までの必着です。詳しいお問い合わせは、もよりの教育事務所、市町組合教育委員会、または「兵庫県教育委員会 義務教育課」までどうぞ。

hyogo0210.mp3
( MP3形式サウンド / 1.43MB )
▲ページトップへ

【兵庫県からのお知らせ】 2018年2月3日(土)放送分

「県民だよりひょうご」の読者編集員募集について。

兵庫県では、県政情報や地域の魅力をお伝えするため、兵庫県広報紙「県民だよりひょうご」を発行しています。紙面の内容やデザインなどについて、県民の皆さんから公募で選ばれた読者編集員の意見をうかがい、わかりやすく親しみやすい紙面づくりをめざしています。現在、この読者編集員として、来年度1年間、活動していただける方を募集しています。
対象は、県内にお住まいか通勤・通学している18歳以上の方で、月1回、平日に県庁内で行う編集会議に出席できる方です。会議の出席にかかる交通費のみ支給します。応募方法は、ハガキかFAX、Eメールで2月28日までにお申し込みください。その後、面接による選考を行い、読者編集員を決定します。詳しいお問い合わせは、「兵庫県広報課」078-362-3019までどうぞ。

hyogo0203.mp3
( MP3形式サウンド / 0MB )
▲ページトップへ

【兵庫県からのお知らせ】 2018年1月27日(土)放送分

「冬の省エネルギー」の特別展について

温室効果ガスの排出を抑え、地球温暖化を防止するため、特にエネルギー消費量が増加する冬の季節において、各家庭や職場で引き続き3月末まで、省エネルギーの取り組みをお願いします。例えば、「室温は20度程度を目安に」、「温かい料理で体の芯からポカポカに」、「暖かい服装を心がける」、「厚手のカーテンで暖気を逃がさない」、「運動やストレッチなどで体を暖める」など、体調に気をつけながら、無理のない範囲で取り組んでください。
また、省エネ性能の高い家電製品やLED照明への買い替えなど、長期的に効果を生む取り組みも、できる所からお願いします。詳しいお問い合わせは、「兵庫県 環境政策課」078-362-3272までどうぞ。

hyogo0127.mp3
( MP3形式サウンド / 1.23MB )
▲ページトップへ

【兵庫県からのお知らせ】 2018年1月20日(土)放送分

「兵庫陶芸美術館」の特別展について

篠山市今田町にある「兵庫陶芸美術館」では今、兵庫県政150周年記念事業の特別展「ひょうごの古陶めぐり -瀬戸内・淡路-」を開催しています。
兵庫県の瀬戸内・淡路の各地で作られた、江戸時代後期から大正時代にかけてのやきものを、96件の代表的なコレクションで紹介。このうち72件は、近年新たに収蔵された作品です。舞子焼、明石焼、東山焼、珉平焼、赤穂焼などをはじめ、華やかな色絵磁器を中心として海外向けに製作されたやきものなど、様々な技法を用いた各地の特色あるやきものを、一堂にご覧いただけます。
この機会にぜひお楽しみください。開催期間は、2月18日まで。詳しくは「兵庫陶芸美術館」のホームページをご覧ください。
電話でのお問い合わせは、079-597-3961までどうぞ。

hyogo0120.mp3
( MP3形式サウンド / 1.38MB )
▲ページトップへ

【兵庫県からのお知らせ】 2018年1月13日(土)放送分

「1.17のつどい」と「ひょうご防災ネット」について

阪神・淡路大震災から23年となる1月17日、HAT神戸の「人と防災未来センター・慰霊のモニュメント前」で、午前11時50分から追悼行事「1.17 のつどい」を行います。すぐ南側の「なぎさ公園」では、午後1時から参加型の防災訓練などを実施するほか、午前10時30分から午後3時まで、防災啓発展示や防災体験、防災人形劇、東北3県と熊本県による物産販売、ミニライブなどを行います。当日は「人と防災未来センター」も無料開館します。ぜひお出かけください。
また兵庫県では、携帯電話のメール機能などを利用して、災害発生などの緊急時に、いち早く県民の皆さんに、緊急気象情報や避難情報などを発信する「ひょうご防災ネット」を運用しています。この機会にぜひご登録ください。詳しくは「ひょうご防災ネット」のホームページをご覧ください。

hyogo0113.mp3
( MP3形式サウンド / 1.38MB )
▲ページトップへ

【兵庫県からのお知らせ】 2018年1月6日(土)放送分

「はたちの献血キャンペーン」について

1月から2月末まで、「誰かじゃない 自分が動く はたちの献血」をキャッチフレーズに、「はたちの献血キャンペーン」を実施しています。冬は献血をする人が少なく、輸血用の血液が不足しがちになります。新たに成人式を迎える皆さん、この機会に献血会場へ足を運んでみませんか。皆さんが踏み出す一歩とわずかな時間で、救える尊い命があります。
献血は、県内7カ所の常設の献血ルームや、街頭の献血バスなどでご協力いただけます。献血ルームは、「ミント神戸」「三宮センタープラザ」「新長田鉄人前」「アクタ西宮 西館」「塚口さんさんタウン」「明石運転免許試験場 向かい側」「姫路駅前フェスタビル北館」にあります。
また、1月8日・成人の日には「はたちの献血キャンペーンイベント」を「ミント神戸」献血ルームで開催します。詳しくは、「兵庫県赤十字血液センター」のホームページをご覧ください。

hyogo0106.mp3
( MP3形式サウンド / 1.34MB )
▲ページトップへ

【兵庫県からのお知らせ】 2017年12月30日(土)放送分

「兵庫県いのちと心のサポートダイヤル」について

兵庫県では、自殺を防ぐ取り組みとして「眠れない」「つらい」「気分が落ち込む」といった方のために、電話相談窓口として「兵庫県いのちと心のサポートダイヤル」を開設しています。年末年始も休みなく、心、家庭、経済の悩みなど、広くご相談に応じています。秘密は固く守られますので、どうぞ一人で悩まずに、まずはお電話してください。「兵庫県いのちと心のサポートダイヤル」の電話番号は、078-382-3566。
開設時間は、平日は、夜間、午後6時から翌朝8時30分まで。土曜・日曜・祝日は、年末年始も含め、24時間、ご相談に応じています。
このほか、悩んでいるご本人や周囲の方に向けて、心の相談窓口などをまとめた「自殺防止相談窓口一覧」は、「兵庫県ホームページ」でご覧いただけます。どうぞお役立てください。

hyogo1230.mp3
( MP3形式サウンド / 1.42MB )
▲ページトップへ

【兵庫県からのお知らせ】 2017年12月23日(土)放送分

「横尾忠則 現代美術館」の展覧会について

「横尾忠則 現代美術館」では、兵庫県政150周年記念先行事業と開館5周年記念展として開催中の「横尾忠則 HANGA JUNGLE」の会期を延長し、来年2月4日まで開催しています。当初は明日までの予定でしたが、台風18号の建物被害による改修工事のため、ひと月ほど臨時休館したことに伴う延長で、前売券などもチケットに記載された会期に関わらず、引き続き2月4日までご利用いただけます。
横尾忠則が手がけてきた“版画の枠を超えた作品”をアルファベットで「HANGA」と表したこの展覧会。表現の多様性に富んだ作品群を、ジャングルのイメージで、壁面を埋め尽くすように展示しています。ぜひご鑑賞ください。休館日は月曜日ですが、1月8日は開館し、翌9日が休館となります。年末年始は、12月31日と1月1日のみ休館です。詳しくは「横尾忠則 現代美術館」のホームページをご覧ください。

hyogo1223.mp3
( MP3形式サウンド / 1.43MB )
▲ページトップへ

【兵庫県からのお知らせ】 2017年12月16日(土)放送分

「年末年始の献血ご協力のお願い」について

輸血用の血液が不足しがちとなる12月と1月を「年末年始 献血推進 強調期間」と定め、皆さんに献血へのご協力を呼びかけています。献血は、県内7カ所の常設の献血ルーム「ミント神戸」「三宮センタープラザ」「新長田鉄人前」「アクタ西宮のにしきた」「塚口さんさんタウン」「明石運転免許試験場」「姫路駅前フェスタビル北館の姫路みゆき」をはじめ、街頭の献血バスでもご協力いただけます。また明日・17日の日曜日には、学生たちが中心となって献血のご協力を呼びかける「全国学生クリスマス献血キャンペーン」を「ミント神戸」と「三宮センタープラザ」「にしきた」の各献血ルームで行います。
ぜひご協力をお願いします。受付時間や献血会場など、詳しくは「兵庫県赤十字血液センター」のホームページをご覧ください。
今日は、「年末年始の献血ご協力のお願い」についてお知らせしました。

hyogo1216.mp3
( MP3形式サウンド / 1.29MB )
▲ページトップへ

【兵庫県からのお知らせ】 2017年12月9日(土)放送分

「神戸ルミナリエ」について

「第23回神戸ルミナリエ」が始まり、12月17日日曜日まで開催されています。会場は、旧外国人居留地から東遊園地にかけて。元町方面からの一方通行で、入場は無料です。今年は、去年より総延長が長くなり、巨大な塔や華やかな回廊が出現しているほか、東遊園地に「神戸開港150年」と「兵庫県政150周年」の記念作品も設置されるなど、見どころがいっぱいです。電球の数も増え、およそ40万個のLEDで輝く壮大な光の作品を、ぜひお楽しみください。点灯時刻は、平日は午後6時頃から、土曜・日曜は午後5時頃から。
消灯時刻は、午後9時30分で、金曜と土曜は午後10時まで。ただし天候や混雑状況によって、変わることもあります。なお、17日までの期間中、周辺道路では交通規制が行われますので、公共交通機関でお出かけください。詳しくは、「神戸ルミナリエ」の公式サイトをご覧ください。

hyogo1209.mp3
( MP3形式サウンド / 1.36MB )
▲ページトップへ

【兵庫県からのお知らせ】 2017年12月2日(土)放送分

「ノロウイルスによる食中毒の予防」について

食中毒といえば夏のイメージがありますが、例年、冬の寒い時期を中心に、
ノロウイルスによる食中毒が猛威をふるっています。その原因の多くは、ノロウイルスに感染した人の手や指を介して汚染した食品を食べた事によるものです。ノロウイルスによる食中毒を防ぐため、正しい知識を身につけて、予防対策を徹底しましょう。
まず、調理前や食事前、トイレのあとは、石けんを使い、十分な時間をかけて手洗いをしましょう。次に、食品は十分加熱してください。食品の中心部までしっかり火がとおるように調理しましょう。調理器具も、熱湯や塩素系漂白剤で消毒しましょう。また、嘔吐や下痢があった場合、吐いたものや便の処理にはビニール手袋とマスクを着用し、塩素系漂白剤で消毒しましょう。
詳しくは「兵庫県ホームページ」をご覧ください。

hyogo1202.mp3
( MP3形式サウンド / 1.25MB )
▲ページトップへ

【兵庫県からのお知らせ】 2017年11月25日(土)放送分

「県立森林大学校 平成30年度学生募集」について

宍粟市にある「県立森林大学校」は、森林林業に関わる人材や、森林を通じて地域に貢献する人材を育成する、2年制の専修学校で、今年4月に開校しました。
2期生となる「平成30年度 学生募集」のうち、「一般入試 第1回」の願書を受け付けています。募集科目は、森林林業専門課程の専攻科で、定員は20名。受験資格は、来年4月1日時点で、40歳以下の健康な方で、高校を卒業しているか、今年度末に卒業見込みの方、または同等以上の学力があると認められる方です。出願の締切は、12月1日の消印まで有効。試験日は12月15日です。詳しくは「兵庫県ホームページ」をご覧ください。
電話でのお問い合わせは、「県立森林大学校 教務課」0790-72-2700までどうぞ。

hyogo1125.mp3
( MP3形式サウンド / 1.42MB )
▲ページトップへ

【兵庫県からのお知らせ】 2017年11月18日(土)放送分

「平成29年度 人権のつどい」参加者募集について

日本では12月4日から10日までの一週間を「人権週間」と定めています。そこで兵庫県では、人権尊重や共生社会を考える機会とするため、「人権のつどい」を開催します。日時は、12月1日金曜日、午後1時30分から。場所は、兵庫県公館です。当日は「のじぎく文芸賞」の表彰式、弦楽アンサンブルによるコンサートに続いて、「人権シンポジウム」を開催。人権に関わるボランティア活動をしている県内の大学生が参加して、夢や経験を語り合います。この機会に、思いやりの心、かけがえのない命について考えてみませんか。
入場は無料。参加ご希望の方は、ハガキかFAX、Eメールでお申し込みください。
締切は11月22日水曜日の必着で、先着順です。詳しくは「兵庫県ホームページ」をご覧ください。電話でのお問い合わせは、「兵庫県人権啓発協会」078-242-5355までどうぞ。

hyogo1118.mp3
( MP3形式サウンド / 1.51MB )
▲ページトップへ

【兵庫県からのお知らせ】 2017年11月11日(土)放送分

「兵庫県立美術館」の展覧会について

「兵庫県立美術館」では今、兵庫県政150周年記念事業の特別展として、「大エルミタージュ美術館展 オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち」を開催しています。
ロシアのサンクトペテルブルクにある「エルミタージュ美術館」の膨大なコレクションの中から、「オールドマスター」と呼ばれる、西洋美術史に燦然と輝く巨匠たちの絵画85点を選(よ)りすぐって展示。16世紀から18世紀にかけての、ルネサンスからバロック、ロココにいたる名品ぞろいで、イタリア、フランドル、オランダ、スペイン、フランスなど、国や地域ごとの展示構成によって、その魅力を余すところなく紹介しています。
開催期間は、来年1月14日まで。会期中は、関連イベントも多彩です。
詳しくは「兵庫県立美術館」のホームページをご覧ください。
電話でのお問い合わせは、078-262-0901までどうぞ。

hyogo1111.mp3
( MP3形式サウンド / 1.39MB )
▲ページトップへ

【兵庫県からのお知らせ】 2017年11月4日(土)放送分

「県立歴史博物館」の特別展について

世界遺産・姫路城の北側にある「県立歴史博物館」では、今、兵庫県政150周年記念先行事業の特別展として、「ひょうごと秀吉 ~近年の新紹介資料を交えて~」を開催しています。豊臣秀吉は、織田信長の家臣として播磨・但馬・淡路を制圧するなど、兵庫県域に様々な足跡を残しています。近年、新発見の古文書の紹介が相次ぎ、中でも、豊岡市で新たに見つかった、秀吉が茶々にあてた自筆の書状は、この夏、大きな話題となりました。この特別展では、兵庫県域に関する秀吉や豊臣系大名の資料を中心に、新しい資料を交え、改めて秀吉が兵庫の歴史において果たした役割を紹介しています。開催期間は11月26日まで。会期中は、多彩な関連事業も開催します。詳しくは「県立歴史博物館」のホームページをご覧ください。
電話でのお問い合わせは、079-288-9011までどうぞ。

hyogo1104.mp3
( MP3形式サウンド / 3.1MB )
▲ページトップへ

【兵庫県からのお知らせ】 2017年10月28日(土)放送分

「ひょうご森のまつり2017」について

森の恵みや大切さを知り、誰もが森づくりに親しめるイベント、「ひょうご森のまつり2017」を11月5日日曜日、午前10時から午後3時30分まで開催します。今年の会場は、多可町中区にある「多可町中央公園」などで、「活かそう資源・育てよう未来の森」がテーマです。
当日は、災害に強い森づくりや森林ボランティア活動を紹介する展示、木工品の販売、森の恵みのクラフト体験などをはじめ、地元の中学・高校生らによるステージなど、楽しいイベントが盛りだくさん。また、地鶏の播州百日どり、酒米の山田錦、手すき和紙の杉原紙、播州織など、多可町のご当地グルメや産業・特産品の紹介や販売もお楽しみいただけます。
入場は無料。当日は、数カ所の臨時駐車場から無料シャトルバスを運行します。詳しくは「ひょうご森のまつり2017」の公式サイトをご覧ください。

hyogo1028.mp3
( MP3形式サウンド / 2.77MB )
▲ページトップへ

【兵庫県からのお知らせ】 2017年10月21日(土)放送分

「起業プラザひょうご」の開設と利用会員募集についてお知らせします。

兵庫県では、自分で事業を始めようとする方々を応援するため、スモールオフィスや交流機能などを備えた「起業プラザひょうご」を開設します。場所は、神戸市内の各線三宮駅すぐそばにある「サンパル6階」です。現在、利用会員を募集しています。対象は、おおむね開業後5年以内の個人または法人。ただし、共有のコワーキング・交流スペースの利用については、起業に興味のある学生や開業前の方なども対象です。料金は、利用する設備などによって異なります。

なお、10月23日月曜日からの利用開始に先立ち、明日の日曜日までプレオープンを実施中で、施設見学や入会などを、現地でお昼12時から午後8時まで受け付けています。詳しくは「起業プラザひょうご」のホームページをご覧ください。
電話でのお問い合わせは、078-862-5302までどうぞ。

hyogo1021.mp3
( MP3形式サウンド / 2.85MB )
▲ページトップへ

【兵庫県からのお知らせ】 2017年10月14日(土)放送分

「兵庫県認証食品グルメフェア」について

兵庫県では「安全・安心で、個性や特長がある兵庫県産の食品」を「兵庫県認証食品」として、広くPRしています。この「兵庫県認証食品」を取り扱う認証食品登録飲食店を対象に、現在、グルメフェアを開催しています。対象となる58店舗の飲食店でお食事されたお客様に応募用紙を配布し、プレゼントに応募していただいた方の中から、抽選で50名に2,000円相当の「兵庫県認証食品」をお贈りします。応募の締切は、10月31日の消印有効です。対象店舗など詳しくは、「ひょうごの美味し風土 拡大協議会」のホームページをご覧ください。
電話でのお問い合わせは、078-362-0566までどうぞ。

hyogo1014.mp3
( MP3形式サウンド / 2.42MB )
▲ページトップへ

【兵庫県からのお知らせ】 2017年10月7日(土)放送分

「あいたい兵庫キャンペーン2017」について

兵庫県と県内の市町や観光関連団体、JR西日本などが連携し、兵庫への観光を盛り上げる「あいたい兵庫キャンペーン2017」を、10月から12月にかけて実施しています。
今年は「ごこく豊穣 ~とっておき兵庫五国のグルメ&旅~」と銘打って兵庫の豊かな食材と料理、酒、スイーツなど、魅力的な食を体験する旅を提案しています。期間中、SNSを活用した情報発信や、人気ユーチューバーによる動画配信、10月16日発売予定の情報誌「関西冬ウォーカー」の特集記事掲載、ボランティアガイドや大学生が案内する「ひょうごのまち歩き・88コース」など、楽しい企画も盛りだくさんです。詳しくは「あいたい兵庫」のガイドブック、または特設ウェブサイトをご覧ください。電話でのお問い合わせは、「ひょうごツーリズム協会」078-361-7661までどうぞ。

hyogo1007.mp3
( MP3形式サウンド / 2.85MB )
▲ページトップへ

【兵庫県からのお知らせ】 2017年9月30日(土)放送分

兵庫県グラフ広報誌「ニューひょうご ごこく」秋号の発売について

「ごこく」とは、兵庫県の摂津・播磨(はりま)・但馬・丹波・淡路の「5つの国」の魅力を発信する広報誌で、各地の季節感あふれる表情や旬の話題を美しい写真とともに紹介しています。
現在発売中の秋号では、「まちで感じるアートの粋」をテーマに、篠山市の丹波焼や閉校した小学校を活用した工房、神戸市のミュージアムロードや阪急電車高架下のギャラリーなどを特集。また、阿久悠さん著作の「瀬戸内少年野球団」の舞台になったとされる洲本市五色町都志や、フィギュアスケーター・三原舞依(まい)さんのインタビューなどを紹介しています。
「ごこく」は、年4回の発行で、1部300円。県内の主な書店で販売されているほか、「兵庫県ホームページ」などから定期購読のお申し込みも可能です。
詳しいお問い合わせは、「兵庫県広報課」078-362-3019 までどうぞ。

hyogo0930.mp3
( MP3形式サウンド / 2.81MB )
▲ページトップへ

【兵庫県からのお知らせ】 2017年9月23日(土)放送分

「秋の全国交通安全運動」について

9月30日まで「秋の全国交通安全運動」が行われています。ドライバーの皆さんは、飲酒運転を絶対にしないのはもちろん、夕暮れどきには早めにライトを点灯し、子どもや高齢者の近くを通る時は、スピードを落とすなど、思いやりのある運転をお願いします。車に乗る時は、すべての座席でシートベルトとチャイルドシートを正しく着用してください。歩行者や自転車に乗る方は、明るい色の服を着用したり、反射材を活用しましょう。
また兵庫県では、自転車を利用する方は、必ず自転車保険に加入しなければなりません。まだ加入していない方は、自分にあった保険を選んで加入してください。みんなで交通ルールとマナーを守って、交通事故防止にご協力をお願いします。
詳しいお問い合わせは、「兵庫県 交通安全室」078-362-3879までどうぞ。

hyogo0923.mp3
( MP3形式サウンド / 2.66MB )
▲ページトップへ

【兵庫県からのお知らせ】 2017年9月16日(土)放送分

県立但馬牧場公園で開かれる「第24回 但馬“牛まつり”」について

美方郡新温泉町にある「県立但馬牧場公園」で、9月24日日曜日、午前10時から午後4時まで、「第24回 但馬“牛まつり”」が開催されます。
今年も、但馬牛をイメージしたユニークな造型物パレードや、趣向を凝らしたパフォーマンス、牛車を使った花嫁行列の再現、郷土芸能のステージ、但馬牛に関するクイズなど、楽しいイベントが盛りだくさん。さらに、但馬の特産品の販売や、但馬杜氏による銘酒の利き酒ができる「日本酒まつり」なども行われます。
「県立但馬牧場公園」は、入園料・駐車料ともに無料です。ぜひお出かけください。
詳しいお問い合わせは、「但馬“牛まつり”実行委員会」0796-92-1131までどうぞ。
詳しくは「県立但馬牧場公園」のホームページをご覧ください。

hyogo0916.mp3
( MP3形式サウンド / 1.31MB )
▲ページトップへ