【兵庫県からのお知らせ】 2017年2月18日(土)放送分

「県民だよりひょうご」と「ニューひょうご ごこく」の読者編集員募集

兵庫県では、県政情報や地域の魅力をお伝えするため、兵庫県広報紙「県民だよりひょうご」と、グラフ広報誌「ニューひょうご ごこく」を発行しています。
紙面の内容やデザインなどについて、県民の皆さんから公募で選ばれた読者編集員の意見をうかがい、わかりやすく親しみやすい紙面づくりをめざしています。現在、この読者編集員として、来年度1年間、活動していただける方を募集しています。
対象は、県内にお住まいか通勤・通学している18歳以上の方で、月1回、平日に県庁内で行う編集会議に出席できる方です。会議の出席にかかる交通費のみ支給します。応募方法は、ハガキかFAX、Eメールで2月28日までにお申し込みください。その後、面接による選考を行い、読者編集員を決定します。
詳しいお問い合わせは、「兵庫県広報課」078−362−3019までどうぞ。

hyogo0218.mp3
( MP3形式サウンド / 1.5MB )
▲ページトップへ

【兵庫県からのお知らせ】 2017年2月11日(土)放送分

「県立芸術文化センターのロビーイベント」についてのお知らせ

阪急・西宮北口駅のすぐ南側にある「県立芸術文化センター」は、現在、館内設備の修繕工事を行っています。ホール公演がないこの期間にも、気軽に遊びにきていただこうと、2階の共通ロビーにおいて、入場無料の楽しいイベントを行います。開催日は、2月18日から3月5日までの土曜日と日曜日、合計6日間です。
例えば、2月18日の土曜日は、親子向けの「どうぶつたちのおんがくかい」として、午前11時30分から「絵本コンサート」、午後2時から「動物の謝肉祭」をテーマにしたお話とアンサンブルの演奏を実施。午前と午後で異なるプログラムが楽しめます。
その後も、チェンバロのミニレクチャーや、リュート・コンサートなど、多彩なプログラムを実施します。詳しくは「県立芸術文化センター」のホームページをご覧ください。
電話でのお問い合わせは、0798−68−0255までどうぞ。

hyogo0211.mp3
( MP3形式サウンド / 1.49MB )
▲ページトップへ

【兵庫県からのお知らせ】 2017年2月4日(土)放送分

「阪神高速の料金改定」についてお知らせします。

平成29年度から、阪神高速の通行料金が、利用距離に応じた新しい料金に改定される予定です。
現在の阪神圏の高速道路は、「料金水準や車種区分が路線や区間によって異なり、利用者にとって分かりにくく、使いにくい」などの課題があります。
また「道路ネットワークの整備が不十分なこともあり、料金の安い経路に交通が集中し、特定の箇所で慢性的な渋滞を招いている」といった課題もあります。
これらを解決するためには、利用度合いに応じた公平でシンプルな料金への改定が必要です。阪神高速の新たな料金案や、改定への手順については、兵庫県のホームページでご覧になれます。
詳しくは「兵庫県ホームページ」で「高速道路料金」と検索してご覧ください。

hyogo0204.mp3
( MP3形式サウンド / 1.14MB )
▲ページトップへ

【兵庫県からのお知らせ】 2017年1月28日(土)放送分

「兵庫県認証食品グルメフェア」についてお知らせします。

兵庫県では「安全・安心で、個性や特長がある兵庫県産食品」を「兵庫県認証食品」として、広くPRしています。「兵庫県認証食品」には「ひょうご安心ブランド」と「ひょうご推奨ブランド」の2種類あり、これらを取り扱う認証食品登録飲食店を対象に、クーポン形式のグルメフェアを開催します。
対象はおよそ50店舗。これらの飲食店で、認証食品を使用したメニューを食べてクーポンを提示すると、各店舗が設定した割引やサービスなど、お得な特典が受けられます。クーポンの有効期間は2月1日から28日まで。共通のクーポンブックは、対象飲食店や県内の食品スーパー、道の駅などで配布しているほか、「ひょうごの美味(うま)し風土 拡大協議会」のホームページからダウンロードできます。
詳しいお問い合わせは、「兵庫県 消費流通課」078−362−3486までどうぞ。

hyogo0128.mp3
( MP3形式サウンド / 1.38MB )
▲ページトップへ

【兵庫県からのお知らせ】 2017年1月21日(土)放送分

「キラリひょうごプロジェクト」について

兵庫県などでは、平成26年度から「ひょうごふるさと応援・成長支援事業」として、「キラリひょうごプロジェクト」を展開しています。兵庫の地域資源などを生かし、成長をめざす県内の中小企業者から、優れたビジネスプランを募集して選定。
その取り組みを広くアピールするとともに、選定された事業者は、インターネットを通じて個人から小口の投資を募る「ふるさと投資」を活用して、資金調達と応援者づくりに挑戦しています。
今年度の「キラリひょうごプロジェクト」には、県内各地域から全部で10の事業を選定。いずれも、兵庫の魅力と事業者の思いが詰まったビジネスプランばかりです。詳しい内容は「キラリひょうごプロジェクト」のホームページで紹介しています。ぜひご覧ください。
電話でのお問い合わせは、「ひょうご産業活性化(かっせいか)センター」078−230−9435までどうぞ。

hyogo0121.mp3
( MP3形式サウンド / 1.29MB )
▲ページトップへ

【兵庫県からのお知らせ】 2017年1月14日(土)放送分

「1.17のつどい」と「ひょうご防災ネット」について

阪神・淡路大震災から22年となる1月17日、HAT神戸の「人と防災未来センター・慰霊のモニュメント前」で、午前11時50分から追悼行事「1.17 のつどい」を行います。すぐ南側の「なぎさ公園」では、午後1時から参加型の防災訓練などを実施するほか、午前10時30分から午後3時20分まで、防災啓発展示、防災体験や、東北3県と熊本県による物産販売、復興支援ジャズコンサートなどを行います。
1月17日は「人と防災未来センター」も無料開館します。ぜひお出かけください。

また兵庫県では、携帯電話のメール機能などを利用して、地震・風水害などの災害発生時に、県民の皆さんに直接、災害情報や避難情報などの緊急情報を発信する「ひょうご防災ネット」を運用しています。この機会にぜひご登録ください。
詳しくは「ひょうご防災ネット」のホームページをご覧ください。

hyogo0114.mp3
( MP3形式サウンド / 1.41MB )
▲ページトップへ

【兵庫県からのお知らせ】 2017年1月7日(土)放送分

「はたちの献血キャンペーン」について

1月から2月末まで、「二十歳の君がつなげる命」をスローガンに、「はたちの献血キャンペーン」を実施しています。冬は献血をする人が少なく、血液が不足しがちになります。新たに成人式を迎える皆さん、この機会に献血会場に足を運んでみませんか。献血は最も身近なボランティア。皆さんのわずかな時間で救える命があります。
献血は、県内7カ所の献血ルームや、街頭の献血バスなどでご協力いただけます。
常設の献血ルームは、「ミント神戸15」「三宮センタープラザ」「新長田鉄人前」「明石運転免許試験場」「アクタ西宮のにしきた」「塚口さんさんタウン」「姫路駅前フェスタビル北館(きたかん)の姫路みゆき」です。
このうち「ミント神戸15」献血ルームでは、1月9日・成人の日に「はたちの献血キャンペーン」イベントが開催されます。
詳しくは、「兵庫県赤十字血液センター」のホームページをご覧ください。

hyogo0107.mp3
( MP3形式サウンド / 1.35MB )
▲ページトップへ

【兵庫県からのお知らせ】 2016年12月31日(土)放送分

「兵庫県いのちと心のサポートダイヤル」についてお知らせします。

兵庫県では、自殺を防ぐ取り組みとして、「眠れない」「つらい」「気分が落ち込む」、そんな方のために、電話相談窓口として「兵庫県いのちと心のサポートダイヤル」を開設しています。年末年始も休みなく、心、家庭、経済の悩みなど、広くご相談に応じています。秘密は固く守られますので、どうぞ一人で悩まずに、まずはお電話してください。「兵庫県いのちと心のサポートダイヤル」の電話番号は、078−382−3566。
開設時間は、平日は、夜間、午後6時から翌朝8時30分まで。土曜・日曜・祝日は、年末年始も含め、24時間、ご相談に応じています。

このほか悩んでいるご本人・周囲の方(かた)に向けて、心の相談窓口などをまとめた「兵庫県自殺対策について」は、「兵庫県ホームページ」でご覧いただけます。どうぞお役立てください。

hyogo1231.mp3
( MP3形式サウンド / 1.35MB )
▲ページトップへ

【兵庫県からのお知らせ】 2016年12月24日(土)放送分

「行財政構造改革 推進のための“最終2カ年行革プラン”第一次案に対するご意見・ご提案の募集」について

兵庫県では、阪神・淡路大震災からの創造的復興の過程で悪化した財政を立て直すため、平成20年度に「行財政構造改革の推進に関する条例」を制定し、30年度を目標年度として、行財政全般にわたる改革に取り組んでいます。このたび構造改革の仕上げとして、「最終2カ年行革プラン」の第一次案を取りまとめました。
現在、第一次案について、広く県民の皆さんからご意見・ご提案を募集しています。
内容は、神戸市中央区の「県民情報センター」と、神戸を除く各県民局・県民センターの「地域県民情報センター」で閲覧できるほか、「兵庫県ホームページ」からご覧いただけます。また郵送でも資料請求できます。
ご意見・ご提案の受付期間は、来年1月6日までの必着です。詳しいお問い合わせは、「兵庫県 新行政課」078−362−3045 までどうぞ。

hyogo1224.mp3
( MP3形式サウンド / 1.43MB )
▲ページトップへ

【兵庫県からのお知らせ】 2016年12月17日(土)放送分

「年末年始の献血ご協力のお願い」についてお知らせ

血液が不足しがちとなる12月と1月を「年末年始 献血推進 強調期間」と定め、皆さんに献血へのご協力を呼びかけています。献血は、県内7カ所の常設の献血ルーム「ミント神戸」「三宮センタープラザ」「新長田鉄人前」「明石運転免許試験場」「アクタ西宮のにしきた」「塚口さんさんタウン」「姫路駅前フェスタビル北館の姫路みゆき」をはじめ、街頭の献血バスでもご協力いただけます。また明日・18日の日曜日には、学生たちが中心となって献血のご協力を呼びかける「全国学生クリスマス献血キャンペーン2016」を「阪急西宮ガーデンズ」北側公園の特設会場と、「ミント神戸」の献血ルームで行います。ぜひご協力をお願いします。いずれも受付時間など詳しくは「兵庫県赤十字血液センター」のホームページをご覧ください。

hyogo1217.mp3
( MP3形式サウンド / 1.50MB )
▲ページトップへ

【兵庫県からのお知らせ】 2016年12月10日(土)放送分

「冬の省エネ」について

温暖化対策の観点から、エネルギー消費量が増加する冬の季節において、これまで培ってきた取り組みが継続されるよう、各家庭や職場で引き続き、省エネルギーの取り組みをお願いします。期間は3月31日までです。例えば、「室温は20度程度を心がけ、重ね着などで、暖房を必要最小限にする」、「冷蔵庫の温度設定を『弱』に切り替え、扉を開ける時間をできるだけ減らす」、「不要な照明やテレビは、こまめに消す」、「使わない電気製品は主電源を切る、またはプラグを抜いておく」など、体調に気をつけながら、無理のない範囲で取り組んでください。
また、省エネ性能の高い家電製品やLED照明への買い替えなど、長期的に効果を生む取り組みや、省エネ型ライフスタイルへの転換も、できる所からお願いします。詳しいお問い合わせは、「兵庫県 環境政策課」078−362−3272までどうぞ。

hyogo1210.mp3
( MP3形式サウンド / 1.41MB )
▲ページトップへ

【兵庫県からのお知らせ】 2016年12月3日(土)放送分

「神戸ルミナリエ」についてお知らせ

「第22回神戸ルミナリエ」が昨日から始まり、12月11日日曜日まで開催されています。今年の作品テーマは「光の叙情詩」。30万球を超えるLEDライトで輝く荘厳な光の彫刻をぜひお楽しみください。会場は、中央区の旧外国人居留地から東遊園地にかけて。元町方面からの一方通行で、入場は無料です。点灯時刻は、平日は午後6時頃から、土曜・日曜は午後5時頃から。消灯時刻は午後9時30分で、金曜と土曜は午後10時までです。混雑状況や天候によって、点灯時間が変わる場合もあります。なお11日までの期間中、周辺道路では、点灯時刻の1時間ほど前から交通規制が行われます。会場へは公共交通機関でお出かけください。
詳しいお問い合わせは、「神戸市イベント案内・申込センター」078−333−3372までどうぞ。

hyogo1203.mp3
( MP3形式サウンド / 1.43MB )
▲ページトップへ

【兵庫県からのお知らせ】 2016年11月26日(土)放送分

「兵庫県立美術館」の展覧会について

HAT神戸にある「兵庫県立美術館」では、日本・イタリア国交樹立150周年記念の特別展「世界遺産 ポンペイの壁画展」を開催しています。南イタリアの古代都市ポンペイは、西暦79年、ヴェスヴィオ火山の噴火により、地中に埋もれて終焉を迎えたことで知られます。1748 年から発掘が始まり、これまでに多数の遺跡が出土。
中でも、地中に封じ込められたことで奇跡的に保存された壁画は、今もなお鮮やかな色彩を保っています。この展覧会では、世界遺産に指定されたポンペイと周辺から出土した壁画の数々を、描かれたテーマごとに紹介しています。
古代ローマ絵画の最高傑作と言われる作品群の初来日をお見逃しなく。開催期間は、12月25日まで。詳しくは「兵庫県立美術館」のホームページをご覧ください。
電話でのお問い合わせは、078−262−0901までどうぞ。

hyogo1126.mp3
( MP3形式サウンド / 1.47MB )
▲ページトップへ

【兵庫県からのお知らせ】 2016年11月19日(土)放送分

「おいしいごはんを食べよう 絵手紙コンテスト」について

お米を中心とした健康的でバランスのとれた食生活を推進するため、子どもたちにごはんに関心を持ってもらい、その良さを知ってもらおうと、兵庫県内にお住まいか通学している小学生と中学生を対象に「おいしいごはんを食べよう絵手紙コンテスト」を開催します。作品の募集テーマは「ごはんに感謝!」。
お米を作る農家の方や、ごはんを作ってくれる家族などへの「ありがとう」の気持ちを、絵と文章で伝える絵手紙にして、専用の応募用紙でお送りください。自作で未発表の作品であれば、お一人何点でも応募できます。
締切は、来年1月12日の消印有効。優秀作品には、賞状と副賞の図書カードが贈られます。
作品の応募先とお問い合わせは、「兵庫県米穀事業 協同組合」078−361−3318までどうぞ。

hyogo1119.mp3
( MP3形式サウンド / 1.35MB )
▲ページトップへ

【兵庫県からのお知らせ】 2016年11月12日(土)放送分

「南海トラフ地震 津波一斉避難訓練」について

明日の日曜日、兵庫県と県内14市1町が連携して、一斉避難訓練を実施します。「朝9時に、南海トラフ地震が発生し、その3分後に大津波警報発表」という想定で、防災無線などで地震発生をお知らせしたあと、避難を呼びかける緊急速報メールを発信します。携帯電話をマナーモードにしていても一斉に鳴ります。対象地域は、淡路島および瀬戸内海沿岸です。まずは、地震の揺れから身を守るため「姿勢を低くして、頭を守り、動かない」という「3つの安全行動」をとってください。
そして緊急速報メールが届いたら、津波浸水想定区域にいる方は、避難行動を行ってください。その後、身近な人に安否を知らせる手段をご確認ください。
明日は、通信電話各社の災害伝言板を開設します。なお明日の朝7時の時点で、対象市町に気象警報が発令されている場合、訓練は中止になります。
詳しくは、兵庫県ホームページをご覧ください。

hyogo1112.mp3
( MP3形式サウンド / 1.44MB )
▲ページトップへ

【兵庫県からのお知らせ】 2016年11月5日(土)放送分

「B型肝炎の定期予防接種」について

先月・10月1日から、B型肝炎ワクチンの定期接種が始まりました。対象は、平成28年4月1日以降に生まれた0歳児で、1歳になる前に3回の接種を終える必要があります。1回目の接種から3回目の接種を終えるまでには、およそ半年間かかります。標準的な接種時期は、生後2カ月と3カ月と7カ月です。1歳になってしまうと、定期接種の対象外となります。
スケジュールをよくご確認いただき、予防接種を受けるようにしてください。なお、平成28年4月から5月生まれの方で、10月以降、初めてB型肝炎ワクチンを受ける場合は、接種スケジュールの管理が重要となりますので、早めに主治医とご相談ください。
詳しくは「兵庫県ホームページ」をご覧ください。
電話でのお問い合わせは、「兵庫県 疾病対策課」078−362−3264までどうぞ。

hyogo1105.mp3
( MP3形式サウンド / 1.37MB )
▲ページトップへ

【兵庫県からのお知らせ】 2016年10月29日(土)放送分

「ひょうご森のまつり2016」について

森の恵みや大切さを知り、誰もが気軽に森づくりに親しめる祭典、「ひょうご森のまつり2016」を11月6日日曜日、午前10時から午後3時まで開催します。
今年の会場は、洲本市にある「三熊山 洲本城跡周辺」で、「山と海、史跡とともに森づくり 〜 御食国の淡路島で自然と歴史を感じよう」をテーマに開催します。
会場では、森林のはたらきや災害に強い森づくり、県産木材の利用や森林動物による農林業被害への防止に向けた普及啓発に関する展示や、木工品などの販売をはじめ、淡路島のご当地グルメなどの飲食ブースがオープン。さらに、クラフト体験や郷土芸能などのステージもあり、楽しいイベントが盛りだくさんです。
入場は無料。当日は、洲本バスセンター周辺から無料シャトルバスが運行します。
詳しくは、「ひょうご森のまつり」の公式サイトをご覧ください。

hyogo1029.mp3
( MP3形式サウンド / 1.32MB )
▲ページトップへ

【兵庫県からのお知らせ】 2016年10月22日(土)放送分

「兵庫県認証食品キャンペーン」について

兵庫県では「安全・安心で、個性や特長がある兵庫県産の食品」を「兵庫県認証食品」として、広くPRしています。「兵庫県認証食品」には「ひょうご安心ブランド」と「ひょうご推奨ブランド」の2種類があり、現在、およそ2,000食品が認証され、県内のスーパーや小売店、飲食店などで取り扱われています。
10月から始まった「兵庫県認証食品キャンペーン」では、認証食品を購入し、食品に付いている認証マークを1枚1口として、簡単なアンケートに答えて応募していただくと、抽選で500名の方に、希望の認証食品などが当たります。
キャンペーン実施期間は11月30日まで。応募締切は、12月9日の消印有効です。
詳しくは、取扱店などにある応募用紙、または「ひょうごの美味し風土 拡大協議会」のホームページをご覧ください。

hyogo1022.mp3
( MP3形式サウンド / 1.25MB )
▲ページトップへ

【兵庫県からのお知らせ】 2016年10月15日(土)放送分

「あいたい兵庫キャンペーン2016」について

兵庫県と県内の市町や温泉地、観光関連団体、JR西日本などが連携し、兵庫への観光を盛り上げる「あいたい兵庫キャンペーン2016」を、10月から12月にかけて実施しています。今年のキャッチコピーは、NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」にちなんだ「ひょうご別品体験記」です。「別品」とはもともと「特別に良い品物」を表す言葉で、兵庫ならではのグルメやイベント、文化、街並みなど、特別なものを体験できる旅を提案しています。期間中、SNSを活用して県内の魅力を発掘する「フォトコンテスト」や、地元ボランティアガイドと大学生が案内する「ひょうごのまち歩き・88コース」など、楽しい企画が満載です。詳しくは「あいたい兵庫」のガイドブック、または特設ウェブサイトをご覧ください。
電話でのお問い合わせは、「ひょうごツーリズム協会」078−361−7661までどうぞ。

hyogo1015.mp3
( MP3形式サウンド / 1.40MB )
▲ページトップへ

【兵庫県からのお知らせ】 2016年10月08日(土)放送分

「兵庫・神戸 みんなの住まい展」についてお知らせ

最新の住宅や住宅設備、これからの住まいに関する情報に“見て・聞いて・触れる”ことのできるイベント「兵庫・神戸 みんなの住まい展」が、10月15日土曜日と16日日曜日、午前10時から午後5時まで、JR神戸駅周辺で開催されます。
会場は「ハーバーランド・スペースシアター」、「ハウジング・デザインセンター神戸」、そして「ABCハウジング 神戸駅前住宅公園」の3カ所です。2日間とも、住まいに関する展示やセミナー、相談会をはじめ、子ども向けのものづくり体験や、親子で楽しめるイベント、キーワードラリーなど、盛りだくさんの内容です。入場は無料。一部の催しは、事前の申込みが必要です。詳しくは「兵庫・神戸みんなの住まい展」のホームページをご覧ください。
電話でのお問い合わせは、「実行委員会事務局」078−362−3595までどうぞ。

hyogo1008.mp3
( MP3形式サウンド / 1.35MB )
▲ページトップへ

【兵庫県からのお知らせ】 2016年10月01日(土)放送分

「バス旅ひょうご2016」キャンペーンについて

「公益社団法人 兵庫県バス協会」と兵庫県では、県内バス事業者や沿線市町と連携し、観光客に既存の路線バスやコミュニティバスを利用してもらうことにより維持していく新たな取り組みとして、「バス旅ひょうご2016」キャンペーンの社会実験を、9月から11月30日まで実施しています。利用者が気軽に・お得にバス旅を楽しめるよう、「但馬・奥播磨」「西播磨」「丹波篠山」「北淡路」の4つのエリアで企画乗車券を発行。エリアによって1日または2日間、乗り降り自由な乗車券で、大人用と子ども用があります。さらに「バス旅ひょうご」のガイドブックやウェブサイトで、モデルルートや沿線の観光施設、飲食店、乗車体験記なども紹介しています。ぜひご利用ください。
詳しいお問い合わせは、「公益社団法人兵庫県バス協会」078−391−0543までどうぞ。

hyogo1001.mp3
( MP3形式サウンド / 1.43MB )
▲ページトップへ

【兵庫県からのお知らせ】 2016年9月24日(土)放送分

「兵庫陶芸(とうげい)美術館」の特別展についてお知らせ

篠山市今田町にある「兵庫陶芸美術館」では、特別展「セラミックス・ジャパン−陶磁器でたどる日本のモダン−」を11月27日まで開催しています。近代日本の陶磁器のデザインとその変遷をテーマに、明治維新から第二次世界大戦までのおよそ70年間にデザインされた、幅広い用途の陶磁器を一堂に展示。
食器をはじめ、香水瓶、煙草セット、照明器具、タイルなど、明治・大正・昭和のレトロでモダンな陶磁器の数々をお楽しみいただけます。ぜひご鑑賞ください。
11月27日までの開催期間中、土曜・日曜・祝日には、「兵庫陶芸美術館」とJR篠山口駅、篠山城下町を結ぶ直通バスが運行しています。時刻表や関連イベントなど、詳しくは「兵庫陶芸美術館」のホームページをご覧ください。
電話でのお問い合わせは、079−597−3961までどうぞ。

hyogo0924.mp3
( MP3形式サウンド / 1.43MB )
▲ページトップへ