CALENDER
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<前月 2017/06 次月>>

*3/4 の音楽*

【今日のソレイユでお届けした音楽のご紹介】
♪1 (I'm)waiting With A Dog/Acoustic Dub Messengers
   ブラジル系の音楽を中心に、様々な角度からインストミュージックをつくりあげ演奏する
日本発の5人編成のバンドから一曲。

♪2 Libertad/Mireille Darc
   フランスの代表的女優のひとりでもあるミレークダルク。
チカラ強くも少し哀愁のある歌声が耳に残るような一曲。(Libertad=自由)

♪3 シェリーに口づけ/Brigitte
   オレリ・サーダとシルヴィ・オワロによるツインボーカルユニット。
1970年代に日本で大ヒットしたこの曲のシェリーはフランス語で「愛しい人(ダーリン)」の意味。

♪4 FUNKY FLUKE/ザ☆テナー三姉妹
   コメントをくださいました、ザ☆テナー三姉妹から一曲です!

♪5 Blues for Alice/Al Haig
   ビ・バップ・スタイルのピアニストの中で最も優れた一人とも言われているアルヘイグ。
少し神経質で気難しい性格だったようで、一部の間では「狂気のピアニスト」として言われていたという逸話も。

♪6 Sonar/Ray Bryant Trio
   跳ねるようなファンク寄りのメロディーが特徴的なジャズピアニストから一曲。2011年に79歳でこの世を去った。

♪7 calling you/Holy Call
   今週の小森セレクトです!

♪8 If There's Something I Can Do/Rodina
   イーファ・ハーティーとジョー・タットンによるイギリスの歌ものユニット。
ジャズ、フォークからハウスやダブまで、様々なサウンドを駆使しつつポップに歌い上げる。

♪9 God/Apollo Sunshine
   エレクトロサウンドを取り入れたポップスをつくる3人組オルタナティブロックバンド。
現在は活動していないが、リーダーであったサムコーヘンは昨年に初のソロアルバムをリリースし活発に展開している。

♪10 Each Coming Night/Becca Stevens
   ロバートグラスパー・エスペランサスポルディングスも絶賛するアメリカの若手女性ジャズシンガー。
日本では2015年に東京で来日公演の経験があり、再来日を望むファンも多い。

いかがでしたでしょうか?
印象に残った曲や、感想など、ぜひ教えてくださいね。

番組では、みなさんからのリクエストも受け付けています。 ⇒ 
こちら からどうぞ♪

by STAFF
2017,03,04, Saturday | TOOTH TOOTH | 11:49 | INFORMATION |