100話(1998年2月27日 ON AIR)

「コマイヌ」

作・冬乃 モミジ
オス
ザザザザザザザ、あれは波の音。
メス
今日も、風はのんびりといってるようね。
オス
声が聞こえる、あれは、魚売りの声だ。
メス
この頃、海は穏やかだから、魚もたくさんあがるやね。
オス
イカやら、鰺(あじ)やら、蛸(たこ)やら、鰆(さわら)。
メス
声が近い。こっちへ来るよ。海の匂いがするね。
オス
いいや、あれは、ザルにあげられた魚の匂いだ。手押しのルマに魚をのせて、ギコギコおばちゃんがやってくる。
メス
階段へ座るよ。ほら座った。タバコを出すよ。ほら出した。おばちゃんはいつもここで一服(いっぷく)するね。
オス
さぁ、日が高くなる前に粗方(あらかた)売っちまお、毎度毎度のひとりごと言って、立ち上がるよ。
メス
がんばんなよ、おばちゃん。
オス
もうすぐ、あの子らが通る。
メス
ランドセルしょって、一列にならんで、前と後ろに大きな子。
オス
春が来たら、サトルとユリコも加わるな。
メス
新しい帽子、新しい制服、新しい靴。いいわねぇ。
オス
ユウジは今度は中学だな。
メス
自転車で行くのねぇ。白い布鞄(ぬのかばん)を斜(はす)にかけて。
メス
女の人が来るよ。
オス
泣いてるぞ。
メス
こっちへ来るよ。わしに寄っかかた。泣いてるねぇ。
オス
音がする。鈴の音とは違うぞ。
メス
呼び音(よびね)だよ。近頃は離れていても呼び音でつかえられるんだよ。ほら、話してる。
オス
笑ってるぞ。今泣いた娘(むすめ)がもう笑ってるぞ。
メス
いい人に呼ばれたんだろ。よかったねぇ。
オス
猫だ。あれはこの辺りのボス猫だった奴だろう。
メス
この間若いのに譲っちまったって。
オス
しばらく見なかったな。
メス
いられなくなるのかね。
オス
こっちへくるぞ。
メス
寂しそうな顔をしてるね。
オス
いいや、まだまだ凛々しいよ。
メス
がんばんなよ。ボス。
オス
タバコの匂い。
メス
マス屋のおじさんだ。もうそんな時間なのねぇ。
オス
上から2段目に腰掛ける。歌を歌うよ。
メス
あんまり、上手じゃないけれど、おじさんの歌は嫌いじゃいよ。
オス
気持ちよさげ歌うからだろう。
メス
そうねぇ、おじさんの歌声は松原を通って、海に流れていのよ。
オス
タバコ好きのおばさんは魚の匂い。
メス
歌好きのおじさんはタバコの匂い。
オス
あの人がやってくる。
メス
わたしらのことを知ってるあの人がやってくる。
オス
今日もいい顔をしているな。
メス
今日もいい日でよかったねぇ。階段の真ん中でわたしらにしかけるよ。
あのひと
おまえたち、もうすぐ日の入りだよ。空が、赤いねぇ。
オス
はい、赤いですねぇ。
メス
今日の、夕焼けですねぇ。
あのひと
明日も、色んなものをみてておやり。
メス
はい。
オス
はい、そうしましょう。
メス
月。
オス
すっきりとした、いい月だ。
メス
ザザザザザ、月夜に波の音。いいわねぇ。