1001話(2015年6月20日 ON AIR)
「お話」

作・益山貴司

  
 

夜。
焚き火を囲む男と少女。

  

こうして、意地悪な大臣は瓶の中に閉じ込められてしまいましたとさ

少女

ねえねえ、それから王様はどうなったの?

ちゃあんと羊飼いの娘と結婚したよ

少女

ああ、よかったあ。緑の帽子の猫は?

暖炉のそばで見つかった

少女

やっぱりね!私もそこにいると思ってた!

さあ、これでこの物語もおしまい

少女

えー、もう終わりなの?

めでたしめでたし

少女

もっとお話してよ

もう終わりだ

少女

え?

私たちの旅は、もう終わりなんだよ

少女

まだよ!まだまだ終わらないわ

今ので1000話めだ

少女

もっともっと

約束だ

少女

いや

君はもう、立派な大人だ

少女

子供よ!

お話がなくても一人で生きていける

少女

物語が必要なの

私はもう、行かなければならないんだ

少女

だめ!

やれやれ。じゃあ、この焚き火の話をしてやろう

少女

うんうん

焚き火はいつも喉が渇いている。ぼーぼー燃えているから。
そこへ水さんが水筒の車に乗って現れました

  
 

男、水筒をちゃぽちゃぽ。

  
少女

うふふ。私が昼間に汲んどいたやつ

うん。そうだ

少女

で、どうなるの?

「やあ、焚き火さん。僕は空を飛んでみたいんだ」
「ふうん、そうかい。俺は喉が渇いてるんだ!お前を飲んでやる!」
「やめてええ!」

  
 

男、水筒の水を焚き火にかける。
舞い上がる灰神楽。

  
少女

きゃあ!真っ暗よ!何も見えないわ!どこ?どこにいるの?
ねえどこにいるの?どこへ行ったの?どこにいるのかな?

  
 

少女の声はやがて、大人の女性の声に変わる。

  

さあ、水さんはどこへいったのでしょう?

少年

えっとね!蒸発した!

ということは?

少年

空を飛んだんだ!

その通り。水さんの望みは叶えられましたとさ

少年

焚き火さんは?

ここにいるわよ

  
 

焚き火の燃える音。

  
少年

まだ喉が渇いてる?

ええ

少年

かわいそう

そうでもないわ。渇いているのはいいことだってある

少年

ふうん。まだ僕には分かんないや

そのうちね。お話、好き?

少年

大好き!

もっと聞きたい?

少年

うん

じゃあ、これからも沢山話して上げるわ。あなたが大人になるまでは・・・

  
  
(了)