101話(1998年3月6日 ON AIR)

「春になるまで」

作・松田 正隆
登場人物
男(タキザワ)
女(ミヤシタ)
―冬のおわり。病室。
寝台の上の男。かたわらに椅子にすわった女。
話の途切れたのをつくろうように女…。
「…東京の方、大雪なんやて。」
「あ、ほんま…」
「うん。テレビのニュースで言うとった」
「ふーん。」
「今年、こっちは雪、全然降らへんかったな」
「うん、そういえばそうやね」
-間
それ、「映らへんの」
「え?」
「そのテレビ」
「…。世の中がどうなってんのか、あんまり知らんねん」
「ふーん」
-間
「…ああ、お茶。」
「え?お茶?」
「飲みたかったら、いれよか?それないやろ、もう。」
「ああ、もうええよ、私は…。タキザワ君は?」
「いや、オレももうええねん…。」
「あ、そう」
-間
「…今日は、ホンマありがとう。」
「え?何が?」
「いや、わざわざ見舞いに来てくれて…。」
「ああ、いや、ええんよ別に」
「そやけど、ミヤシタさんが来てくれるとは、思わへんかったわ。」
「え?ああ、そうなん。…何で?」
「何でって…。いや、何でやろ…。まあ、びっくりしたわ。」
「へえ…。アハハ…」
「…卒業旅行とか、行かへんでええの。」
「うん。」
「…へえ…そう」
「私、そんなん行くようなトモダチおらへんねん。」
「ああ、そうなん」
「バイトもあんまり休まれへんし」
「…何してんの?バイト」
「居酒屋。何や、きったないとこやねん」
「ふーん」
「退院したら飲みに来てや。きったないとこやけど…」
「え?ああ、退院したらね…。そやけど、もう就職決まってんのと違うの?」
「…。4月までお金ないし、バイトすんねん」
「ふーん。…何時からなん?」
「5時」
「え、ほな、もう行かなあかんやん。」
「うん、…まあ、…まだ、大丈夫なんやけど」
「ええ、でも、4時半やで…」
「うん、ええねん…」
「…フーン」
「ここから、新幹線見えるんやね」
「ああ、うん…そうやね」
―と、男、窓の外を見る。
「…タキザワ君、卒業式、出られへんの?」
「え?ああ、うん。…無理やな…たぶん」
「そっか…」
「…」
「…ふーん、残念やね…」
「えっと…あれ?ああ、もうこんな時間か…。夕飯の時間な…」
「…」
「…病院は早いねん…。何でもが…ホンマ困ったもんやで…」
「…」
「今日は、ほんま、ありがとうな」
「え?…うん…」
「…もう、ごはんやし…」
「…うん」
「…バイトは?」
「え?…」
「ええの?時間。」
「ええの。」
「…そう…」
「私、まだ、…ここにいたいねん」
「え?」
「…タキザワ君と…」
「いや…アハハ…え?」
「…ええやろ」
「…いや…まあ、ええけど…」
「迷惑なん?」
「何で。そんなことないよ。」
「びっくりしたんやろ」
「え?」
「びっくりするわな。ずっとそんな顔してたもんな。何で、こんなんが来るんやろて」
「いや」
「ええねん、わかってんねん。私かて、タキザワ君とは、ゼミは一緒でも、四年間で17回しかしゃべったことなかったんや。それに、私こんな顔やし、服かて地味やし目だたへんもん。そら、早よかえってほしいって思うに決まってるわ。」
「いや、そんなことないって」
「17回って、そんな感じやねん。そんな距離やねん。あたまえや。私、わかってたんや。そやけど、私来てしもうた…。タキザワ君、やさしいな」
「え?」
「やさしいわ…。やさしすぎるねん。何で早よかえれって言わへんの?私、つけあがるやんか。つけあがるねんで、あんまりやさしされたことないねんから…。」
「…」
「これ。」(と、渡す)
「え?」(と受けとる)
「別に、たいしたもんと違うねんけど…お見舞いに来たのに手ぶらやいうのもナンや思うて…」
「…何?」
「何って…。何って言われて応えるようなもんでもないねん…お守り。…いつやったかなあ。ああ、そうや。初もうでのときや。…ちょっと買うてみたんよ。…」
「…あ、…どうも…ありがとう」
「ホンマ早よ治ったらええのにな。」
「うん…。」
「…五回、通ったんよ。」
「え?」
「新幹線。私がここにすわってから」
「ああ、そう…」
「あっちの方に三回…こっちに二回…。五回とも思うたんよ…いつか、あれに乗ってタキザワ君とどっか行けたらええなあって…」
「…」
「ほな、かえるわ。」
「え?ああ…」
「おだいじに…」(と立つ)
「うん…」
「…また、来るかもしれんけど、ええかな…」
「うん、ええけど…」
「ほんまに?」
「…うん」
「ええの?」
「うん」
「ありがとう…。…あ!あかん、バイト、チコクや。早よいかな…。バイバイ。」
―女、ドアを開け病室を去る ―遠くを列車が通る。 男、タメイキをついて、TVをつける。ニュース(東京の大雪の、 あるいは、どこかの何かの事件)を読むアナウンサーの声が流れて。