1013話(2015年8月29日 ON AIR)
「素朴なレジスタンス」

作・

水上宏樹(オセロット企画)

出演・

平野 舞
坂本アンディ

  
 

風が吹いて、木々の葉が擦れる音。ここは山腹の木陰。ひと組の男女

  
男1

集中、昆虫採集は。

女1

ものすごい風ですよ。副店長、聞いてます?副店長。

男1

これくらい大丈夫だよ。

女1

普通台風近付いてるのに登山誘います?副店長、副店長。

男1

あ!いた。

女1

聞いてるんですか。

男1

違う、木の葉か。

女1

なんでしたっけ?アカスジアゲハ?

男1

違う、アカボシヒカゲ。いるんだよ、
こういう常緑樹林の中の薄暗いカヤツリグサを求めて、
ワインレッドの鱗粉が星屑のように光る。

女1

聞いたことない。ねえ、この風立ってられないですよ。
そんな網構えたってアカボシなんやらはいないですって。
副店長。ねえ、副店長。副店長。

男1

副店長副店長言うなよ!

女1

だってまだ店長じゃないんだから!

  
 

少しの間。

  
女1

何ですか、悔しいんですか。

男1

楽しい?儲かるなら、嘘ついても構わないみたいなあんな仕事。

女1

何ですか突然。

男1

お金とか、会社を成長させようっていう価値観ていうかさ、
それはさ、ほとんどゆみちゃんの幸せとは関係ないんだよ。

  
 

少しの間。風の音に雨の音も加わる。

  
女1

この世は嘘をつけば簡単に儲かるんですか。

男1

その歯止めを考えることが、社会主義の最大の課題なんだよ。

女1

また社会主義。

  
 

男1は女1の言葉を遮り。

  
男1

あのさ。昔ベルリンにさ、戦争や、ヒトラーとかナチスへの反対を呼びかける
文言を葉書に書き込んで、公共の建物内にこっそり置き去りにする、
たったそれだけの素朴なレジスタンスを始めた、ひと組の夫妻がいた、
その、だから僕たちもそんな意志強い夫婦にならないか?

女1

フフ。(女1は少し笑う)いいですよ。

男1

笑い事じゃない、あ、いた。ほら、こっち来てごらん。

女1

え、ちょっと、そっち危ないですよ。霧も出て来たし。

男1

来てみなよ。

女1

戻ってきて、副店長。雨だって降ってきた。

男1

大丈夫さ。この茂みのもっと奥に飛んでるんだから。

女1

行っちゃダメ、アカボシヒカゲなんてほんとはいないんでしょ?
どこにも生息してないんでしょ?そんなヒカゲチョウ追いかけてどうするの。
どうなるって言うの。

男1

ほら、一緒に行こう。

女1

それ以上追いかけちゃダメ。お願い。副店長、私たち夫婦になるんじゃないの?
副店長。副店長―。

  
 

風は最も風速を上げる。風と雨音カットアウト。

  
女1

と叫びながら、必死に私は、副店長を追いかけた、
雨の中、風を切って、霧に惑わされ、
走ってやっとの思いで、副店長の手を取った場所は、
カヤツリグサが一面に茂る薄暗い木立で、すでに雨と霧は晴れており、
そこにはワインレッドの鱗粉の、一匹のアカボシヒカゲが舞っていた。
社会への理想、を持つことがどういうことで、どういう限界があるのか、
問いかけるようにヒラヒラ舞うアカボシヒカゲを、
副店長と私は、手を繋いで、見ていた。
そして副店長は、捕虫網(ほちゅうあみ)をゆっくりアカボシヒカゲの背後に忍ばせ、勢いよく下からすくい上げた。

  
  
女1の独白で終わり。