1016話(2015年9月19日 ON AIR)
「読書の時間」

作・

ナカタアカネ

出演・

平野 舞
大木湖南

  
 

街中の雑踏。
自動ドアが開いて閉じられると、静かな空間。

  

涼しい…9月になったというのに、まだ暑いし。
外回りするにも、夏からこの調子じゃ…体が参る。
世間一般の営業マンはパチンコやネットカフェ…喫茶店で
時間潰しがてら休憩するって耳にするが、
俺みたいに図書館に足を運ぶのはどれぐらいいるんだろうか?
まあ、俺も小遣いがあったら…そうするんだろうけど、厳しいからな。
節約節約…っと。

  
 

少年とぶつかる。

  
少年

あっ。

  
 

バラバラと本が落ちる音。

  

ごめんね…大丈夫?

少年

うん…ごめんなさい、こっちこそ。

本、落ちちゃったね…(拾う)これで全部?

少年

うん…。

随分、分厚い本ばっかりだね。

少年

足に…落ちなかった?

うん、それは大丈夫…これ、全部読むの?

少年

…うん。

そっか…本好きなんだね。そういえば、よく見かけるもんな、君。

少年

…。

いつも、どんなの読んでるの?

少年

えっと…これとか。

おお、ミヒャエル・エンデ…俺も読んだな、ネバーエンディングストーリーとか!

少年

あ、本当は「はてしない物語」って言うんだっけ…
はは、さっきのは映画化したときのタイトルね。

少年

その本…好き。

あれ、面白いよね!

少年

あの…。

ん?

少年

どうして…何も、聞かないの?

え?

少年

子供が…どうして学校じゃなくて、ここにいるのかって…。

うーんと…上手く言えないけど…そういう時もあるし、必要なんじゃないかなって。

少年

え?

大人だって…仕事したくないとか…ちょっとサボりたいとか、
そういうのってあると思うんだよ…
子供だけ、そういうのよくないって押し付けるの違うかなって。

少年

…。

まあ、実際…仕事サボって本読んだりしてる俺だから、言えないんだけどさ。

少年

…。

ああ…ごめんね、俺ばっかりベラベラ喋っちゃって…邪魔したね。

少年

あ…ありがとうございます。

え?

少年

そんな風に言ってくれた…大人の人…初めてだから。
家にいると、お母さんは心配そうにしてるし。
外にいると、大人の人からいろいろ言われるし…だけど、学校には行きたくなくて。
この図書館だけは、ぼくみたいな子供にはそういうの言わないところだけど…
でも、たまに知らない大人から不思議そうに見られるから…だから。

そっか。

少年

うん…。

もう一回…読んでみようかな。

少年

え?

「はてしない物語」…映画もいいけど、
また本読んで場面を想像するのもいいかなって。

少年

じゃあ…ぼくは映画をみてみようかな。

そっか…もし観たら…感想教えてよ。

少年

うん…おじさん、ありがとう。

おじさん…ははは、お兄さんって呼んで欲しいかな。

少年

ごめんなさい…お兄さん、またね。

うん…またね。

  
 

男、少年を見送る。

  

参ったなあ…俺、仕事で疲れてんのかな…。
よし…少年時代に帰って、読書しますか。

  
  
おわり