1042話(2016年3月19日 ON AIR)
「319の豚まん」

作・

山内直哉(隕石少年トースター)

出演・

平野 舞
森澤匡晴

  
 

アコースティックギターの音色。
同じフレーズばかりを鼻歌で繰り返す男
ギターのストロークがパタッと止まる

  
男N何のために音楽があるのか。ふと、分からなくなることがある。
〆切は今日。3月19日。あと2時間。完成の目処はついていない。
見ないようにしていたカレンダーを見る。
すると、3月19日に豚のシールが貼ってあることに気づいた。
え、自分で貼ったのか?

  
ブーブー

今日、何の日だっけ

ブー!

え、打ち合わせ?

豚まん

豚まん?

(豚の声が突如、女の声になって)豚まん

  
男Nハッ。かわいい声。白い肌。放課後。灰色の空。ポケットの中。
100円玉。もうすぐ春だというのに、まだ寒い、夕暮れの街…

  
 

カラスの鳴き声

  
豚まん
ねえ、この豚のシール、かわいくない?

1個しか買えなくてごめん

コレ、もらっていい?

シール? そんなにかわいい?

もーらい

そんなのどこに貼るの

ポチ(と、男の額にシールを貼る)

ちょっと?!

おでこ牧場に、豚を一頭放ちました

おでこ牧場って何だよ

カラシつける?

つけない。つけていいよ

私もつけない

はい(と、豚まんを半分にして渡す)

ありがと。おわぁ、あったかい

おでこ牧場の件だけど、10年、いや、20年後にはさぁ、
豚1頭だけじゃなくて、牛が2頭、いや、もっともっとたくさん放牧できるように、
俺、音楽頑張るから

ずっと待ってる

  
 

カラスが激しく騒ぎ立てる

  
どうしたの? ねえ(女の声が突如、豚の声になって)どうしたの?

  
 

ギターをポロンと弾く音

  
思い出したよ。その日、俺は舞い上がって、
おでこに豚のシールを貼ったまま帰ったんだ。
そして、必ず音楽であの子を幸せにするぞって決めたんだ。そして―

そして?

カレンダーにその豚のシールを貼った

それが僕だ

でも…

でも?

高校時代のことだよ。20年前のシールが何で今

ブヒヒ

何だよ

ブヒヒヒ

おいおい、何か言えよ

ブヒヒ

え?

曲出来たの?

おかえり

ご飯買って来たよ

なあ

何?

おでこ牧場って、覚えてる?

(笑って)もちろん。私、今でもお守りにコレ持ってるもん

何コレ? え、カラシ?!

あなたに初めてプロポーズしてもらった日の、カラシ

ずっと財布に入れてたの?

うん

  
 

男の奏でるアコースティックギター
オリジナルソングに男のナレーションが被る

  
男N何のために音楽があるのか。ふと、分からなくなることがある。
妻が買ってきてくれた“豚まん”をほおばりながら、俺は想う。
人は大切なことをすぐに忘れてしまうから、そのために記念日があり、
音楽があるんだろうなと。これからもそんな“記念日”のような作品を創っていきたい。