1070話(2016年10月1日 ON AIR)
「いつか思い出になる前に」

作・

福谷圭祐

出演・

平野 舞
森澤匡晴

夜。部屋を覗くと、彼が机に向かって呟きながら何かを書いていた。

確かあれは、島根へ行く修学旅行の前日だった。
当時十四歳だった僕には、生意気なことに恋人がいた。中園美穂というバレー部の主将だった。
その彼女が貝塚奏をシャープペンシルで刺したという小河先生からの一報を受けて、
帰宅後の嬉々とした荷物の準備を途中で放り出し、僕は急いで学校に戻ったのだった。
小さな学区だったため、走れば三分足らずで到着する。
走っているあいだ僕は、如何に自分の保身を図るかで頭が一杯だった。
それなりに優等生だったため、教師に呼び出されるということが殆ど初めてのことだったのだ。
まだ何も始まっていないのに、僕の頭はすでに言い訳で満ち満ちていた。
貝塚奏は内気な女の子で、あまり友達の多いタイプではなかった。
休み時間に、じっと一人で絵を描いているような女の子だ。
それも、実際に絵を描いているかどうかは見たことがないので分からない。
もしかすると、計算ドリルをずっと解いているだけなのかもしれない。
また、そうだとしても特に驚きがない程度に、真面目な女の子だという印象だった。
あまり人と関わらないのだから、喧嘩になるようなことも無いと思うのだけれど。僕はふと、
自分の彼女よりも奏のことを心配していることに気が付き、かいてもいない汗を右手で拭った。
水滴がついた。雨が降り始めていた。
体育館の教員準備室の扉を開けると、左手首に包帯を巻いて項垂れている貝塚奏と、
どうやら泣いているらしい中園美穂と、所在無く立っている小河先生がいた。
僕はまず誰にどんな顔を見せればいいのか分からず、
開けた扉から一歩も動けずに目だけを泳がせて、普段見ることの無い教員用の時間割を眺めて、
「教室に貼ってあるものに比べて随分複雑だな。」なんてことを思った。
「浮谷。」と、小河先生が僕の名前を読んだ。僕は小さく、「はい。」と返事をした。
「急に呼び出して悪かったな。」と小河先生はやけに丁寧に僕に近づいてきた。
「二人が、浮谷がいないと話さないと言って聞かないんだよ。」と、後ろを振り返る。
美穂が僕のことをじっと見つめていることに気が付く。
何かを伝えようとしているようだったが、良く分からなかった。
「何があったんですか。」と、僕は小河先生に尋ねる。

ねえ、何書いてるの。

日記だよ。

と、浮谷君は答えた。
あたしは自分が、中園美穂でも、貝塚奏でも、どちらでもないことがどうしようもなく寂しかった。

と、彼女の日記に書かれていた。
僕もまた、自分が浮谷ではないことが、どうしようもなく寂しかったのだった。

  
  
END