1097話(2017年4月8日 ON AIR)

「孫への愛」

作・嘉納みなこ
出演・平野 舞
森澤匡晴
赤ちゃんの泣き声が聞こえる。
よしゆき
よしよし、かずたん。おなか減ったか?ミルクもらおうか。
由紀子
まだお腹減ってないと思うんやけどな。眠いんちゃうかな。
よしゆき
そうか。おー、よちよち。あと三日でお別れやからな。
由紀子
「第一子を出産した後、私は実家に戻った。子煩悩な母と、子供には無関心だった父。
しかし、孫はかわいいというのは本当で、父は、今まで見たことがないほど顔を崩し、
孫をかわいがった。しかし、出産から一か月、
そろそろ家に戻らねばならない時が近づいていた・・・。」
よしゆき
かずたんがいなくなるとさみしなるやろなあ・・・。じいじは堪え切れるやろか。
由紀子
そんなん。電車で1時間なんやし、しょっちゅうきたらええやんか。
よしゆき
そんなわけにはいかん。あきらさんもいてはるし。
由紀子
あきらはそんなん気にせえへんよ。
よしゆき
かずたん、じいじはな、自分の子供の時には、子育て、なんもせえへんかってん。
こんなにかわいかったろうになあ。じいじは今、それをものすごく悔やんでんねん。
なんてもったいないことしてもたんやろな。ばあばには苦労かけたんやな、て
じいじ今更わかってん。それがわかったんもな、ぜんぶかずたんのおかげや。
かずたんがじいじに教えてくれたんや。ありがと、かずたん。
由紀子
お父さん・・・。
よしゆき
かずたん帰るまでにいっぱいだっこしよな。じいじを忘れんといてな、かずたん。
テレビから競馬の中継が小さく流れてくる。
由紀子
ほな、じいじに抱っこしてもらおか。はい、じいじ。
よしゆき
いや、今いい。お前抱いとけ。
由紀子
えっ。
よしゆき
競馬が始まったんや。
由紀子
競馬?
よしゆき
よっしゃいけいけ、そこや!!
由紀子
いっぱい抱っこするんちゃうん。
よしゆき
競馬が始まったんや。
由紀子
お父さん。
よしゆき
あっ、あっ!!あーっ!!あかん!!外れたー!
赤ちゃんの泣き声。
由紀子
お父さん、和也が泣くから。
よしゆき
うああー!!
由紀子
お父さん!!おお、よしよし。馬券買ってたん?
よしゆき
そうや。1-6。かずたんの誕生日や。当たったら、かずたんにやろ、思てな。
由紀子
お父さん。
よしゆき
なんやねん、入ったん、1-5やないか。お前が一日早生んどったらよかったのにのう!
由紀子
めちゃくちゃいいなや。
赤ちゃんの泣き声。
よしゆき
かずたんはなんも悪ないで。よし、じいじがだっこしたろ。
競輪のテレビ中継の音。
よしゆき
お前抱いとけ。
由紀子
えっ。
よしゆき
行け山田!そこや!!
由紀子
お父さん。
よしゆき
競輪が始まったんや!!
由紀子
お父さん!!和也と競輪、どっちが大事なん?
よしゆき
どっちもや!人生にはな、大事なことが、いっぱいあるで!!山田―!行けー!!
終わり。