1106話(2017年6月10日 ON AIR)
「三次会のポーカーくん」

作・

ピンク地底人3号(ピンク地底人)

出演・

平野舞
森澤匡晴

  
 

扉の開く音。

  
ただいま

おかえり。

起きてたんだ。ごめんね。遅くなって。

いいよ。どうだった。

うん。なかなか興味深い時間だったよ。実は初めてなんだ。三次会……嗚呼……疲れた……

  
 

男が椅子に座る音。

  
お茶飲む?

うん。お願い。

何が興味深かったの?

そうだね……みんなね、帰らないんだ……結局三次会に残ったのは10人だったんだけど、そのうち3人は寝ていて、他の7人は明らかに顔に疲れを見せながらずっと黙っていた。
三次会ともなると、もはや話すこともないんだよ。でもね。
誰かが「じゃあ……そろそろ」っていうと、みんなが引き止めて……
するとその人も最初は抵抗するんだけど、いつのまにかまた同じ席に座ってるんだ……

はい。どうぞ。

ありがとう。

  
 

男はお茶を飲む。

  
(必要以上にでかい音で)ゴキュっゴキュっゴキュっ……ふぅ。

あなたも引き止めたの?

いや僕は引き止めなかった。なぜなら帰ろうとする人の気持ちがよくわかったからね。
僕もできることなら帰りたかった。

あなたは言ったの?「じゃあそろそろ」って。

言ったね。

そしたら?

ものすごくみんな、泣きそうな顔をしていた。
仲間の一人にポーカーくんってあだ名のやつがいて。
それはつまり彼が驚くべきポーカーフェイスの持ち主だからなんだけど。
その彼がね、泣きそうな顔をして僕を……

それは帰れないね。

でもね。奇妙なのは彼が僕のことをとても憎んでいたということなんだ。
彼はね……どうやら君のことが好きならしい。

え……

初耳かい?

初耳も何も……私、ポーカーくんなんてあだ名の人知らない。

うん。彼は遠目でしか君を見ることができなかったそうだ。
でもある日、僕の彼女の話になって……
それ以来、彼は目の奥に憎悪の炎を灯すようになった……
ふと視線を感じると、常にそこにはメラメラと燃え盛る彼の瞳があったよ……
でも僕が帰ろうとしたあの瞬間だけは違っていた。
彼は多分、僕のことを許してくれたんだと思う。

そう……でもよかったね。三次会で終わって。

うん……

どうしたの?

実は三次会を終わらせたのはポーカーくんなんだ。誰も彼を引き止めようとしなかった。

でも誰かが帰らなきゃ……

わかってるけど……僕は彼に許されたのに、僕は彼に謝れなかった……怯えていたんだ。
彼に君を奪われるんじゃないかって。だからいつも冷たく当たっていて……

後悔してるんだね。彼を引き止めなかったことを。

うん。

大丈夫。その気持ちを次にいかそ。
もしかしたらまた第二のポーカーくんが現れるかもしれない。
その時は多分今以上にポーカーくんのことを考えられる、謝れる、そのはずだから。

……君はモテるからね。

  
 

男はお茶を飲む。

  
ゴキュっゴキュっゴキュっ……ふぅ。

お代わり、いる?

  
  
終わり