112話(1998年5月22日 ON AIR)

「となり同士」

作・飛鳥 たまき
五月 午前五時
晴れ 朝日が昇り始めた。
すずめが鳴き始める。
通りに、時折、行き過ぎる車
ランニングする若者
ウォーキングの老夫婦。六軒アパートの階段下
帰ってきた男(竹田)と
出て行く女(小川)が出会う。
「あれ?」
「あら」
「えっ?」
「うん?」
「どうかしました?」
「どうかしたって?」
「それ」
「うん?」
「バッグ」
「あー、まあ……竹田くんこそ…どうしてた?」
「どうしてた?って」
「だって、よれよれじゃない」
「ええ」
「………昨日、いなかった…ううん、その前の日もいなかった、よね」
「53時間です」
「風邪でもひいてるんじゃないかなと思って、何度もノックしたのよ」
「実験で…」
「53時間?…ふう、大変だ」
「小川さんは?」
「ちょっと…ね…」
「充電」
「そう」
「大変ですね」
「わかってくれる?」
「ええ」
「いいな、竹田くんは」
「…そう見えますか…」
「みえる。竹田くんがあわててるのみたことないもん」
(ジョギングの人が走り過ぎる 『おはよう』『おはよう』)
「おはようございます」
(男、つられて頭を下げる)
「……あせってはいるんですけど…」
「へぇー、それで…」
「嫌な予感がするんです」
「嫌な」
「なんか…こう……大きな間違いしてるんじゃないか…って」
「へぇ、そんなことあるんだ」
「ええ……理屈じゃなくて勘ですけど……」
「でも、実験は順調なんでしょ」
「…まあ…」
「爆発したりはしないんでしょ?」
「…はは…爆発で済むいいんですけど……」
「そんな…こわいこと言わないでよ」
「………まあ、仮設そのものが否定されるというんじゃない限りは…」
「そんな…こわいこと言わないでよ」
「………まあ、仮設そのものが否定されるというんじゃない限りは…」
「ふーん、そうなんだ。でも、竹田くん、飽きないっていうか…集中力あるっていうか……よくやるよね」
「たいしたことないです。小川さんこそ……パワーあると思って…」
「そう?でも、もう、パワー切れ。三百枚はスケッチしたのよ…」
「徹夜?」
「三晩」
「三晩も……やっぱり、小川さんすごいですよ」
「百枚デザイン描くと、一枚くらいは気に入ったのができるんだけど…いままでは。…それが、何かしっくりこないの…」
「…千枚…描いたら?
「言ってくれるわねぇ……あーーでも、そうなのよね、きっと…千枚描けば、一枚あるかもね」
「そうですよ…たぶん……きっと」
「…うーん……だめかなー旅に出たりしてると」
「脳みそフレッシュになるってのあるかもしれない」
「そう思う?」
「……いやー、ぼくは、実験室にこもる方ですけど…」
「じーっと」
「そしたら、ぱーっと開けてくるんです。もやもやしてたところが…気分転換なんかしてたら、また、一からやりなおしで…」
「それもしんどいねぇ。私は、風にふかれたり、空見たり、ぼーっとしてる時、ぱっとひらめく方かな」
「ふふ…ぱっとですか?さすが、電球デザイナーですよね」
「あのね、竹田くん、電球ってやめてくれない。照明って言ってほしいわ」
「すいません」
(鳥の声、車の音)
「あー、いいお天気」
「『五月晴れの空が広がるでしょう』って、天気予報。……電車……時間、大丈夫ですか?」
「……なんか、竹田くんと話してたら、出掛ける気なくしちゃったな…」
「すいません」
「ううん。…竹田くん、今日は?」
「休みです」
「そう。朝ごはんは?」
「はあ、食べたいです」
「みそ汁とご飯?」
「…納豆……」
(二人で階段をあがる)
「……千枚か……」
「…千枚でだめなら……一万枚」
「……ふふ…他人事だと思って…」
「…小川さんの照明いいですよね」
「あら、そう?」
「華やかで…優しくて…落ち着いてて…」
(二人、ドアのところで)
「…一万枚、描いてみるわ」
「えっ、…朝ごはん……」