1120話(2017年9月16日 ON AIR)

「おきにいり」

作・大木湖南
出演・平野 舞
坂本隆太朗
夫が「おきにいり」してから三週間が経った。
おはよう。起きて。
ああ・・
髪が少し濡れてる。雨が降ったの?
夜中に少しね。
冷たくないの?
大丈夫。感覚はほとんどなくなってきたんだ。
そう・・
木の中は賑やかでね。おじいちゃんもおばあちゃんも相変わらずでさ。いっつも喧嘩してる。
でも雷雲が来たりするとピタッと静かになるんだ。二人がじっと寄り添ってるのがわかるんだ。
雷が怖いの?
もちろん。大雨や台風も。
同化は進んでる?
両足と・・左手。あと背中の半分は同化してる。
右手はほとんど動かないし、口も動かしにくくなったかな。
夫が「おきにいり」を決めたのは一か月前。進行性の病気が重症化し、余命宣告を受けた後だった。
私たちは「おきにいり」のために夫の実家に引っ越すことにした。
僕の体を縛り付けるんだ。そう、ずり落ちないようにきつくね。
こう?
そうだ。ありがとう。
これからどうなるの?
これから僕の体はゆっくり木に取り込まれていって、49日後にはほぼ完全に木と同化する。
私はどうすればいい?
嫌ならいいけど・・できる限り、会いに来てほしい。
わかった。そうするわ。
夫の生まれた地方では、死者は火葬せずこうして木に同化する。
死期を悟ったものは夫のように木にくくりつけられ、生きたまま木の一部となる。
これを「おきにいり」と呼ぶのだ。木に取り込まれたものは死の苦しみから逃れ、新たな生命を獲得すると信じられている。
雨が降るよ。
え?
もうすぐ雨が降る。わかるんだ。葉が縮んでるし、根が活発になってきたからね。
本当に木になっていくのね。
あぁ。・・君はどうする?
なにが?
多分・・ずいぶん先の話だろうけど・・君の命が尽きるとき。
そうね・・あなたの家の木にお邪魔させてもらおうかしら。
本当に?
ええ。焼かれるよりずっといいわ。楽しそうだし。でも・・・
でも?
おばあさまとうまくやっていけるかが少し心配ね。
大丈夫さ。僕がついてる。
その時はいろいろ教えてね。
ああ。・・ねぇ。
何?
また目を閉じていいかい?
構わないわ。寝てちょうだい。
寝るのとは少し違うんだ。目を閉じて感じるんだよ。君の呼吸や足音、匂いや温度なんかをね。・・・僕は世界の一部になって・・君を守るよ。・・・・たとえ・・君に愛する人が・・出来ても・・
寝たの?
・・・
あ・・・雨。
終わり