1131話(2017年12月2日 ON AIR)
「一進一退の攻防」

作・

合田団地

出演・

平野 舞
大熊隆太郎

あのさ、こんなこと言われるのって、あんまり好きじゃないと思うねんけど

なに?

あのさ、私のこと、なんか、試してない? いや、違うかったら違うでいいんやけど

試すって?

試してへん?

たとえば?

たとえばって言われても、すぐには思い出せへんけど

試してるんかな

私もあんなのこと試してたから、私のこと試したくなる気持ちはすごいわかる

俺、試されてたん?

うん

全然知らんかった。俺、ちゃんと応えられてた?

えっとね、時々応えてくれてたし、時々応えてくれへんかった。
大体はどっちかよくわからへんかったけど

なんか嫌やな、試されてたの

今はやってないから安心してほしい

ほんまに?

ほんまほんま。めっちゃ疑うやん

めっちゃは疑ってへんやん。ごめん

いいけど。いいっていうか、まあ、別にいいけど

今は俺のこと試してないん?

うん。だから、もう試してないって。もう試すのやめようと思って

なんで?

なんでって?

いや、どうやって試すのやめられたんかなあって思って

もうしんどいし。きりないし。試す必要なくなったし

試す必要?

だって私のことめっちゃ好きやろ。愛してるんやろ

うん。そやな

それがなんとなくわかってきたから、それをちゃんと信じようと思って。
そういうのちゃんと信じた方がいいと思って。そっちの方が楽やし

ありがとう

なにが?

信じてくれてありがとう

だから、ほんまは私のことも信じてもらいたいんやけど、
でも私だってずっと信じきれてなかったし、だから難しいことなんやろうなあって

いや、信じてるよ

私のこと信じきれてる?

信じきってるよ

じゃあ、なんで試すん?

試してるんかな?

試してるよ。めちゃくちゃ試してる。
私、試されてるなあって思うとき、めっちゃあるもん。
こう答えてあげた方がいいんかなあって思うとき、めっちゃあるもん。
それで、ちゃんと安心してもらえるように答えてるし

確かに、そういうときいつも安心してるわ。
え、ちょっと待って、どう答えたら俺が安心するか考えてから答えてんの?

考えてる。私だって同じやったもん。
私だって、こう答えてくれたらいいのになあって思いながら試してたから

そっか。同じか

ごめんな

なんで謝るん? なにを? っていうか、俺の方こそごめん

ううん。信じさせてあげられてないからや。ごめん

いや、俺の方こそ信じてあげられんくてごめん。
俺のことは信じてくれてるのに、俺は信じてあげられんくてごめん

いいよ。しゃあないよ。信じるのめっちゃ難しいもん。私もめっちゃ難しかったもん

どうやって俺のこと信じてくれたん? あの、俺も信じたくて

私は君のこと好きやで。好きやし、なんやったら愛してる

愛してるん?

愛してるよ

いや、俺のどこに愛してもらえるようなところがあんねん?

すぐそのモード入るやん

だってしゃあないやんか。ほんまにそうなんやし。
俺に愛されるようなところなんてないし。
なんで付き合ってくれてるんかも、ほんまはよくわかってない

めっちゃ試してくるやん

試してるんかな

いや、試してるやろ。ほんまは全然好きちゃうし、
なんで付き合ってんのかなあって言われたら、めっちゃ傷つくやろ

そんなこと思ってるん?

思ってへんわ。たとえばや、たとえば。私はほんまに君のこと好きやねんで。
愛してる。愛してるねんで。あのな、私は君に惚れてんねん。
信じてくれんかもしれんけど、でも、でも、信じてほしい

うん。わかった。信じるわ。頑張るわ

あのさ、予感があるねんけど、
私ら、多分こういうやりとりずっとやっていくんやろうな

こういうやりとりって

試したりとか、信じさせてみたりとか。ずっとこういうことやっていくんやろな

うん

嫌やわ。なんか君にコントロールされてるみたいで

コントロールなんかしてへんけど

してへんかもしれへんけど、されてるねん、私は。
それが心地よかったり、嫌やったり

でも、俺のこと好きなんやろ

そういうんやめてや

うん。ごめん。わかった

  
  
――終わりです。