1133話(2017年12月16日 ON AIR)

「名探偵の日曜日。」

作・たみお
出演・平野 舞
ゲスト出演・腹筋善之介(IQ5000)
せんせーーーい!
探偵
こ、こらっ
せんせーーーーーい。殺人現場はこちらです!
探偵
大声を出すのはよしたまえ!
はい? ですから、殺人現場はこちらですーーーー!
探偵
大きな声で言うことじゃない!
はい?? ですから、さ
探偵
こらーーーーーっっっ
きゃー!
探偵
君は僕の助手としての品が足りない!!
品ですか?
探偵
大声でそんなこというもんじゃないだろう!
君の声はホイッスルみたいでもうほらっご覧。
もうポリスメンたちが集まってきているではないか!
こらーーーー!
探偵
えっ
これは僕が一番最初にみつけた殺人現場だぞ! 君たち遠慮したまえ!
探偵
き、きみ
じゅ・ん・ばん! はい、半径五メートルは離れてくれたまえ。
あっこらっ。引き出しは勝手にあけない!全く油断も隙もないな。
ね、先生。
探偵
品は足りぬが謎の圧がすごい。
おほめいただき光栄であります!
探偵
褒めてない。よし。ではポリスメンに見つめられつつ現場検証をはじめよう。
はい先生!
探偵
被害者はこの屋敷に住むご令嬢かよこさんだ。
ぼく、好きだったのにな。
探偵
私情をはさむのはよしたまえ。
はい先生!
探偵
死因は
ワイングラスがここに!
探偵
毒殺か?
犯人はあいつだ!
探偵
まて、仮説をたてるまえに断定してはならない。
はい先生!
探偵
床に散らばるゴマ。
ふむたびにとんでもないいい香りがします!
探偵
たぶん事件に関係ない。
あっ、みてください。窓が割れてる!
探偵
小さいな。あれじゃ侵入できない。
犯人はボールだ!
探偵
それは断定してもいい。
仮説! 飛びこんできたボールがゴマの瓶にあたった!
探偵
なかなかの仮説だ。検証してみよう。
僕が投げます!
探偵
いや、いい。君のコントロールはポンコツだ。被害が拡大する。
なげる!なげるったらなげる!
探偵
よ、よし、外に行こう。な。
はい先生!
探偵
現場検証終わり!
お疲れ様でした! よし、ポリス諸君!10数えたら、バリアをとくぞ!
探偵
バ、バリア?
いーち、にーい、さーん(数える)
おばあちゃん
きょうも元気だこと。
探偵
あ、お母さん。すみません。朝から。
おばあちゃん
ふふふふ。跡取りを育てるのも大変ねえ。
探偵
ははは。血は争えません。今週は本物の事件がなくて何よりでした。
では、公園にいってまいります。カヨコ、おいカヨコ、もう起きてもいいぞ。
じゅー!
探偵
よし、助手! 外にゆくぞ!
はい、先生! 次の現場は宝石強盗ですね!
探偵
えっキャッチボールだろ?
数をこなして質をあげたいんです!
探偵
誰だそれをいったのは。
おばあちゃん
わたし。
探偵
おお、おかあさん!
ぼく! 先生みたいな名探偵になりたいんだ!
探偵
助手! うぐぐ。ようし! 次は宝石強盗だ!
はい、先生!
ふたり
いってまいります!
おばあちゃん
はいはい。いってらっしゃい。平和な日曜日だこと。
おわり