1146話(2018年3月17日 ON AIR)
「その非常ベルは何を告げる」

作・

山内直哉(隕石少年トースター)

出演・

平野 舞
坂本隆太朗

  
 

東京スカイツリー
展望デッキ

  

地上350mで食べるソフトクリームって最高だね

足がすくむけど、美味しいね

足がすくむのって生体防御反応の一つらしいね

生体防御反応?

自分を守るために人間に備わっている仕組みのこと

蕁麻疹みたいなやつ?

ああ、免疫反応も生体防御の一つだよね。だから、高い所で足がすくむのは、
死ぬことを防ぐための防御反応だから、いいことなんだよ

じゃあ、美味しいって感じることもきっといいことだね

あ、そうだね。食べることは生きることだもんね

これなら生きるためにいくらでも食べられる

そんなにソフトクリーム好きだったっけ

いや、口内炎が沁みないからだけど

口内炎できてるんだ

昨日の夜から、急に

え、昨日の夜から? 急に?

あ、いや、そういうことじゃないから

防御反応出てるよね

いや、今日すごく楽しみにして来たから

体がチクっちゃってるよね、本当の気持ちを

チクってないよ。あ、アレ、どうなったの?

何?

就職活動

ああ、調べてはいるんだけど、ライブが忙しくて

歌手の方は上手く行きそうなの?

地道な活動を続けていくしかないね

  
 

以降、女の声が変な声になって行く

  

年齢が上がれば上がるほど就職しにくくなってくるからねー

まあ、就職すると、音楽にかける時間が少なくなるからなー

アルバイトしながら続けるの?

やっぱ、そうするかもしれないねー

就職しながらでも出来るんじゃない?

ねえ、真紀ちゃん

何?

出てるよ

何が?

防御反応。声がおかしくなってる

え、うそ。自分では分かんない

いや、おかしいおかしい!

そんなにおかしい?

あ、ひょっとして俺のこと不安なんでしょ

え、何が?

安定していない男とは、将来のことが考えられないって思ってるでしょ

いや、思ってないし

出ちゃってるから、声に

勝手に判断しないでくれる?

俺とこれ以上一緒に居たくないからそんな声になってるんでしょ

ちょっと待って? 私の声じゃなくて、あなたの耳じゃないの?

え?

防御反応が出てるの、あなたでしょ

俺が何を防御するんだよ

私と一緒にいたら、歌手を目指す気持ちに陰りが出ると思ってるんじゃないの?
自分を守るために、あなたの耳が私の声をおかしくしているんじゃないの?
これ以上一緒に居たくないと思っているのは、あなたの方じゃないの?

  
 

女の鼻からジリリリリリリと非常ベルが鳴る

  

ねえ、真紀ちゃんの鼻の穴から非常ベルが鳴ってるんだけど

何で鼻から非常ベルが鳴るのよ! 防御反応出過ぎじゃない!?

  
 

その音はそのまま、目覚まし時計の音に変わる
ベルの音が止まる

  

おはよう。ねえ、大丈夫? だいぶうなされていたけど

ああ、高熱の時はいつも悪夢を見るんだ。生体防御反応だよ。
寝たまま死んでしまわないように起こしてくれるんだ、悪夢が

その話、懐かしい

ああ、そうだね

  
 

猫の鳴き声

  

もう大丈夫だよ、ありがとう

  
 

猫の鳴き声

  

懐かしい夢を見たんだ。
あの時、あのまま、真紀ちゃんと付き合っていたら、
俺、歌手になっていなかったもしれない。安定した職を求めて必死になっていたかもしれない。でもさ、最近、君が真紀ちゃんに見える時があるんだ

  
 

猫の鳴き声

  

生体防御反応かなぁ。でも、結婚って防御反応でするもんじゃないよねえ

そうだよねえ。それに、私もう結婚してるから

えっ!!

  
 

女の鼻からジリリリリリリと非常ベルが鳴る