1148話(2018年3月31日 ON AIR)
「恋愛軍師・諸葛孔明」

作・

嘉納みなこ

出演・

平野 舞
森澤匡晴
大木湖南
嘉納みなこ

  
 

時は漢王朝末期。長江のほとりである。
諸葛孔明が壮大な川の流れを眺めていると、そこへ関羽が現れる。

  
関羽

お待たせいたしましたな、軍師どの。

孔明

関羽殿。何、曹操の水軍を観察しておりましたゆえ。

関羽

その数、20万・・・。

孔明

こちらは5万・・・。しかし負けるわけには参りませぬ。

関羽

その通りじゃ!曹操に天下を渡すわけにはいかん!

孔明

わたくしも日々策を練っております。

関羽

頼もしい。そんな諸葛殿を見込んで、練ってほしい策が一つあり申す。

孔明

策を?この孔明、曹操に勝つためならどのような策でも練りましょう。して?

関羽

玲々(れいれい)をご存知か?

孔明

玲々?ああ、劉備夫人の世話係の。

関羽

好きなんじゃ。

孔明

・・・は?

関羽

付き合いたいんじゃ。

孔明

・・・関羽殿?

関羽

しかし全く脈がなく・・・。頼む、軍師殿!!何か策を!

孔明

お待ちください、関羽殿!

関羽

頼む!このままでは戦に集中できぬのじゃ!

孔明

・・・いたし方ありませんなあ・・・。

関羽

ありがたい・・・!

孔明

・・・ではまず、小舟を用意し、玲々を川遊びに誘うのです。

関羽

おお。

孔明

そして曹操軍の方へ向けて船をこぐのです。

関羽

危険ではないか。

孔明

危険な方がよい。吊り橋効果です。

関羽

なるほど・・・!

孔明

そして川の中ほどに着いたとき、私は船に火を放ちましょう。

関羽

なぜ?

孔明

吊り橋効果です。関羽殿は玲々を抱きかかえ、川に飛び込むのです。
これで玲々はイチコロです。

関羽

すばらしや。ではさっそく文を書かねば!
えー、(書いて)こんなものかな。しかしこの文を玲々に渡す勇気が・・・。

孔明

わたくしが渡しておきましょう。

関羽

ありがたや。では失礼。(去る)

孔明

陳平!

陳平

はい!

孔明

これを玲々に。

陳平

玲々ですか。

孔明

そうそう。

陳平

そうそう・・・。ああ、曹操か。

  
 

そうして関羽の文は曹操に渡った。

  
曹操

何?あの関羽から文?「私はあなたに心からひれ伏す。長江の中ほどで語らいたい・・・。」
みなのもの!あの関羽がこちらに寝返るとのこと!!

  
 

もりあがる曹操軍。

  
関羽

玲々。文は読んでもらえたかな。来ていない?ま、まあ川遊びに行こうではないか。

孔明

(双眼鏡のようなものを覗いて)よし、船が川の中ほどに。
陳平、ほどなくあの船に火矢を放て。

陳平

はい!

孔明

・・・ん?曹操の水軍が向かってくるではないか!!

陳平

火矢を放ちますよー。

孔明

ちょっと待て!

  
 

放たれる火矢。

  
孔明

ああっ。火が!!この強風であっという間に曹操の船に!!

陳平

よく燃えますねえ。

孔明

か、勝ってしまったか・・・!!

  
  
終わり。