116話(1998年6月19日 ON AIR)

「雨やどり」

作・松田 正隆
登場人物
雨やどりの男
傘もささない女
―男が朽ちかけたコンクリートの建造物の中で、雨がやむのを待っている。
だから先ほどから雨はかなりしたたかに降っていたのだ。やがて、男はフーッとため息をついて、
「いつまで続くんや、この雨…」
―と、足音がして、雨の中に女が現れる。
「…何や、この女…。傘もささんと…。」(とひとりごと)
―と、まだ女はこちらを見ているらしく。
「何やねん、ジロジロこっちみて、あっち行けや…。」(とひとりごと…)
「…あの。」
「はい。…何ですか」
「何してるんですか。」
「何してるって、見ればわかるやないですか。雨やどりをしてるんです。」
「雨やどり?」
「ええ」
「雨も降ってへんのに?」
「は?」
「雨、降ってませんよ」
「何を言うてるんです。降ってるやないですか。」
「ええ?(と笑って)、いや降ってませんよ。」
「ここんとこずっとです。しばらく降りつづいてるから私は外に出られへんのです。そやな…もう3日になるかな…」
「あの、大丈夫ですか?」
「何が」
「何がって…その…。」
「失礼なこと言わんといて下さい。私は正気ですよ。」
「いえ、別に、そういうわけで言うたんやないんやけど…」
「じゃ、どういうつもりなんです」
「ま、とにかく、外に出た方がいいですよ。」
「雨に濡れるやないですか」
「そやから、雨なんか降ってへんて言うてるやないですか…」
「(鼻で笑って)そんな…あなた、私をだまそうたってそうはいきませんよ。」
「何で、私が、あなたをだまさなあかんのです。…私、ここ通りかかっただけなんですよ…。そんなとこで人を見かけたんは初めてやったから…。まあ、そこにいたいんだったら、仕方ないけど。」
「いたいわけないやないですか。こんな殺風景なとこ…。できれば早よ出たいですよ。そやけど、雨、降ってるし。」
「雨なんか降ってへんて、何ベン言うたら気がすむんですか。」
「ええ?」
「その証拠に、私、濡れてへんやないですか。濡れてます?私…」
「…はあ…。…何で濡れてへんのです?」
「だから!…。(と、ため息)…(あきらめて)あなた…鐘にでもなったつもりなんですか?」
「え?カネ?…何です、カネって…」
「よう見てそこにはいったんですか…。そこ、屋根みたいになってるけど、本当は教会の一部やったとこなんですよ。」
「え?教会の?」
「教会の塔の…上のとこ…。何です、ほら鐘をつるしてる、ドームのとこ…。」
「ああ…」
「昔そこの、川の向こうにレンガ造りの教会があったらしいんやけど、その上の部分だけが、戦争の時に、何や知らんけど爆弾かなんかで吹きとばされて、そこに、そのまま埋まってしもうたらしいんです。」
「へえ」
「つまり、あなたはその文化財の下におるわけなんですよ。」
「え?文化財?これが?」
「あたりまえやないですか。…何や、それを保存する会とかあって。この町の人が管理してるんやないかな…。」
「え?ほんまに?」
「そやから、私は言うたんですよ。出て来た方がええって。」
「なるほど…」
「親切で言うてるんですよ」
「ああ…。文化財なら仕方ないですね」
「それをだますやなんて…」
「すいません。…ほんなら…そっち行きますわ…。」
―雨音はつづいていたが…男が一歩前へ踏み出したとたん、夏の晴れわたった空へセミが、勢いよくないている。
「…あ、何や…雨、止んどる…」
「(笑って)ね…雨なんか降ってへんでしょう」
「ええ…降ってませんね」
「ずっとですよ。」
「え?」
「もう、ずいぶん雨降ってへんのですから…。ここんとこずっといいお天気やったんですよ」
「そうなんですか…」
「ほんまに知らんかったんですか?」
「え?…ええ…まあ…」
「そうですか…。それは残念でしたね」
間。街の雑踏の音。車のクラクションなど
「…そやけど…何で私はこの中におって…雨やどりなんかしてたんやろ…雨も降ってへんのに…」
「さあ…」
「ねえ、何でやと思います?」
「いや私にそんなこときかれても…。あの、仕事ありますから、これで…」(と、去ってゆく音)
「はあ…。…待てよ…いつからオレはここにおったんや…。えっと…ウーン。」(と、考える)
―セミの声。と、オフィス街の雑踏の音はやがて、再び雨音へとかわってゆく。
「おい…ほら…またや…また雨が降ってる…。」
―雷鳴がとどろく。そして強い雨…。
「雨や…雨はやっぱり降ってんのや。…そやけど、オレは、なぜ雨に濡れへんのやろか。…あ、そうや、こういうことや…つまりオレは、青空の下で雨やどりをしてるんや。だとしたら、この雨は、一体どこで降ってんのやろか…」
―冒頭のごとく雨はつづく。それにまぎれて教会の鐘の音