1163話(2018年7月14日 ON AIR)
「あの夏の冒険」

作・

嘉納みなこ

出演・

大熊隆太郎
東千紗都

本多

あれは小学五年生の夏。私たちは家族が寝静まった後、あのお屋敷の前に集合した。
幽霊が出るという噂の、廃墟と化したあのお屋敷。これは、私と彼だけの、あの夏の、物語。

樺島

お待たせ、本多さん。弟が腐ったカレーを食べたところ、血を吐いてしまってね。
遅くなったよ。

本多

いいのよ。私も宿題で1+1がどうしてもわからなかったものだから、今来たばかりなの。

樺島

さすが日本で一番アホといわれる本多さんだね。

本多

インクジェットプリンターは、飛ぶと思ってたわ。さあ、行きましょう!

樺島

でもちょっと僕、おびえるなあ。

本多

勇気だして!このお屋敷に入ったって言ったら、みんな樺島くんのこといじめなくなるよ。

樺島

そうだね!ここに入ったら呪われるなんて皆言うけど、この平成の世に呪いなんてないよね!

本多

あるわ。

樺島

あるの?

本多

川上くんはここに来てから気が狂ってしまったし、田代君は腕に人面瘡ができたのよ。

樺島

ええっ?

本多

その人面瘡、夜な夜なしゃべるらしいわ。

樺島

なんてしゃべるの?

本多

明日の天気をしゃべるらしいわ。

樺島

便利なんだかどうだか・・・。

本多

よし、行くわよ!

樺島

待って、本多さん!!

  
 

お屋敷に入る二人。恐ろしい音楽・・・。

  
樺島

・・・本多さーん。本多さーん。いない・・・。

本多

助けて・・・

樺島

ああ!巨大な食虫植物に体を半分食べられている!本多さん、僕の手につかまって!

本多

助かったわ。ありがとう。

樺島

なんだ、このお屋敷は。

本多

さ、行きましょう!

樺島

行くんかー。

  
 

コウモリの羽音。

  
樺島

これは、吸血コウモリだ!逃げろ!

本多

きゃー!

樺島

(走りながら)本多さん、大丈夫?

本多

私は大丈夫だけど、樺島君の背中にコウモリが50匹ぐらい止まってるよ?

樺島

ええ!!

本多

追い払わないで!記念に写メ撮ってるから!

樺島

わー!!

  
 

二人、とある部屋に逃げ込み、バタンとドアを閉める。

  
樺島

助かった・・・。

本多

いいえ・・・。このドア・・・開かないわ。

樺島

ええっ!

本多

酸素が薄くなってきた・・・

樺島

早い!

本多

私、人の50倍は酸素を吸うの・・・。アホだから・・・。

樺島

アホとは、何か?僕も苦しくなってきた・・・。なぜ開かないんだ。

本多

呪いよ。

樺島

呪い?

本多

このお屋敷に住んでいた金持ちの住人はね・・・ひょんなことから全財産を失い、
この部屋で首をつって死んだのよ。

樺島

どれぐらい前?

本多

二週間前。

樺島

案外最近だなあ。本多さん?本多さん!しっかりして!僕、本多さんがいなくなったら、
生きていけないよ!!ちくしょう!金持ちの霊め!開けろ!

  
 

ドアが勢いよく開く。

  
樺島

あれっ?

本多

あ、それ、引き戸だったんだね。押してばかりいたわ!

樺島

もう、本多さん!

本多

その夏、私たちは大切なことを学んだ。「押してダメなら引いてみろ」ということわざは
真実だということ。ことわざって、大事だね。

  
  
終わり。