119話(1998年7月10日 ON AIR)

「待っている」

作・み群 杏子
空白。空白。空白。
私の前を、いそぐ肩が追い越していく。
いそぐ肩。いそぐ足。
わらい声。ぴくん。立ち止まる。あるく。遠ざかる。

男がいる。本日閉店のパチンコ屋の前に、じっと立って。
ねえ、何してるの?間抜けな顔。きっと、落ちこぼれの諜報部員だ。忍び込む部屋を、思い出せないのだ。あるいは、暗号を忘れたのかもしれない。山、川。
男がこっちを見ている。サングラスに黒いシャツ。やばい。10本目のたばこで私を誘っている。脇の下を汗が流れる。あ、女が来た。なんで。おい。チェ、チェ。行っちゃった。

空白。空白。空白。
悪い交差点。悪い信号。赤、黄、青。緑色なのに、どうして青なの?

悪い空気。悪いにおい。悪い背中。悪い人達。
ダークスーツの男があるいている。いそぎ足。
いそぐアタッシュケース。いそぐ靴。いそぐ電話。…電話?

(電話のベルの音が聞こえる。2、3回鳴る内に女の声に重なって消える)
えっちゃん。え、誰?僕だよ、僕。忘れちゃった?ほら、小学校の時の…あ、ひょっとして、おさむ君?学級委員で、生徒会長で、成積一番で、かけっこ一等賞のおさむ君でしょ う?空白。空白。空白。
追い越していく。追い越していく。追い越していく。人。人。人。
急ぐ駅。急ぐロータリー。急ぐバス。急いでいる。急いでいる。バスの窓。窓に映る街。切り取られた街。

一瞬、街が、ジグソーパズルになって、崩れていく。ビルのかけら。車のかけら。ショーウインドウのかけら。かけらに乗ったサンプルのオムライス。ケチャップ、卵、パセリ。赤、黄、 青。パセリは、青でなくて緑。

悪い時間。悪い約束。
ばらばらになった風景を組み立てる。空に雲。
ビルにいくつもの窓。閉まった窓。開いた窓。
カーテンの色。街路樹の色。赤、黄、青。街路樹は、青でなくて緑。ポプラ、いちょう、プラタナス。車道を走る車。ポルシェ。ホンダ。ス バル。
歩道を親子連れが歩いている。あの子、小さい頃の私に似ている。ママ、夕御飯は何?オムライスよ。オムライスは、ケッチャップ、卵、パセリ。赤、黄、青。パセリは青でなく緑。
しりとりしようよ。スイカ、かとりせんこう、
うみ、みぞれあいす、スイカ、かとりせんこう、
うみ、みぞれあいす、スイカ、かとりせんこう、
うみ、みぞれあいす…終わらない金曜日。
回っている時間。

パズルが完成する。でも、一つ、足りない。空の真ん中に穴が開いてしまっている。もしかしたら、足りないかけらは、あの穴から、むこうへ落ちていってしまったのかもしれない。向こうの街。私の知らないあの人の街。

夕暮れ。街に明かりがつく。ネオンが一つ、二つ、三つ、四つ。赤、黄、青、緑。ネオンは青も緑もある。金曜日の金色の時間。あいた穴から、音もなく雨が降り始める。ぽつん。誰かがじっとみている。心臓の音。ドキ、ドキ、ドキ、ドキ、ドキ、ドキ、ドキ、ドキ、ドキ、ドキ、ドキ、ドキ、ドキ、ドキ、ドキ、ドキ…

さがさなくちゃ。ジグソーパズルの残りのひとかけらを。空の穴から、向こう側に、おっこちてしまったひとかけら。そこにあった私の約束。私の待ち合わせ。そこにいるあの人。
夜が近づいてくる。雨はまだ止まない。雨は、私の上にだけ降っている。私の場所。私の小さな場所。たった一つのパズルの穴。幸福は、そこからやってくる。右へ行く人。私は行かない。左へ行く人。私は待っている。まっすぐ、プレスした時間の上を、時が流れていく。突然、私の上の雨が止む。あ、傘
遅れてごめん。待った?