122話(1998年7月31日 ON AIR)

「緑の岬」

作・松田 正隆
―夏の夜。公園のベンチ。
「何?」
「なにって、別に何でもないんやけど」
「あ、そう…。」
「……」
「何やねん。」
「え?ああ…」
「用があるて、電話したんちゃうの?」
「うん。まあ、そんなんやけど…」
「オレ風呂行かなあかんねん」
「ふーん」
「11時までやねん。銭湯。何や最近、はよ閉めよるしな。」
「私、結婚すんねん」
「へー。ほんまに」
「こないだ、おばさんが縁談持って来て、いつの間にか決まっ たんよ…。」
「あ、そう。よかったやん。」
「うん。」
「おめでとう」
「ありがとう」
「へー」
「私も、もう30やしな。」
「どんな人?」
「学校の先生。」
「へえ」
「私、仕事も辞めよ思うて」
「そう。(パチンと足をたたいて)ああ、ここ蚊おるな。」
「…どう思う?ケンちゃん。」
「別にええんとちがう。学校の先生やったら、給料もワリとえ えやろから、ユウちゃんが、無理して仕事せんでもええや んか。」
「相手の人も、そんなふうに言うてくれるんやけど。」
「ほんなら、ええやん。」
「うん、まあ、ええねんけど。」
「ちょっと、かいいな、ここ。」(と、足などをかく)
「…結婚すんのはどう思う?」
「どう思うて、ええやんか、結婚…」
「そうかな。そうやろか。」
「何や、まようてんの?」
「……」
「……オレ、風呂の時間あるし、行くわ。」
「な、ケンちゃん、ブランコ乗ろ。」
「え?」
「な、乗ろ、ブランコ。」
「嫌や」
「乗ろうなあ」
「何でそんなもん乗らなあかんねん。」
「乗ろ、乗ろ。」(と、立ってブランコへ)
-二人、並んで、ブランコに乗っている。
[SE:ブランコの音。]
「いつやねん。式。」
「9月」
「ほな、もうすぐやねえ。」
「うん。何や、むこう急いではんねん」
「ふーん。…それだけホレてんねん。ユウちゃんに。」
「どんどん話がすすんでいくやろ。…そしたら私、どんどん 不安になっていくねん。」
「何で…」
「これでええんやろかて思うてしまうねん」
「嫌なんか?」
「ウーン…」
「嫌やったらやめたらええやないか。」
「もうやめられへん」
「何でやねん」
「そんな、むちゃくちゃイヤっていうわけでもないねん。」
「ほんなら、ええやないか」
「それが、ええことないねん。」
「どないやねん。」
「わからへん」
「わからへんのやったら、とりあえず、いっとけや。」
「とりあえずいって、失敗やったらどないすんの?」
「そんときは、しゃあない。離婚したらええやないか。」
「そうか。そうやな。」
「何を今さら悩んでんねん」
「マリッジブルーっちゅうヤツやな。」
「あんたにはそんなん似合わへんわ。」
「ケンちゃんはどないすんの?」
「え?何が?」
「結婚せえへんの?」
「するわけないやないか、相手もおらへんのに。」
「するかもしれへんで?」
「相手もおらへんのにどうやってすんねん。」
「相手なんかどうでもええやん。」
「え?何でやねん」
「なあ、ケンちゃん」
「何や。」
「どっか行こう。」
「どこに」
「どっか。知らんとこ。」
「あのな、オレ風呂行かなあかんねん。」
「風呂は逃げへんて」
「もうすぐ閉まんねん。」
「風呂と私と、どっち大事なん?」
「ええ?」
「なぁ、どっち?」
「風呂。」
「ちょっと、ムカつくはそれ。」
「何でや。ええか、オレは汗くさいねんで。早よ銭湯行かな 閉まんねん。いきなり呼び出したんはお前やろ。ムカつく んはお前やで。」
「緑の岬って知ってる?」
「知らん!」
「夢で見たんよ、私…。緑の岬。」
「何やそれ。」
「その岬には、私の家の別荘があんねん。青い海にかこまれ て、それはそれは美しいとこやねん。」
「何でお前の家に別荘やねん」
「その白い小さなかわいいおうちには、バルコニーがあって。 なあ、けんちゃん。私と一緒に行かへん?」
「行かへん。」
「そこでしばらく暮らさへん?」
「暮らさへん!あのな、お前の気色悪いポエムにつき合ってる ヒマないねんオレ。」
「…どこでもええの。どこでもええねん。…どこでもええから、 どっか連れてってよ。なあ、ケンちゃん…なあ。」
「……。」
「……私、本気なんやで…。」
「…。オイ…ちょっとやめろや…。」
―男、ぶらんこをさらに大きくこぎ始める。
「…ユウちゃん…。」
「…うん?」
「昔…よう、このぶらんこに乗ってあそんだな…」
「…うん…。」
―男、「ヨッ」と、跳んで着地する。
「…さ、かえろか。…」
「うん…」
「送ってくわ。」
「…うん…。あ、でも銭湯は?」
「もう、ええわ…。明日行くわ…」(と歩く)
「ごめんね、ケンちゃん…」
―二人、去る。
ぶらんこがゆれる音。
-終