123話(1998年8月7日 ON AIR)

「目覚め」

作・腹筋 善之介
俺は、人生で最悪の目覚めをしてしまった。
なにが最悪だって?
時間がないので、手短に、手短に話そう。

今、上空何千フィートというところに、俺は、位置している。
もちろん、落下しながら。パラシュートも着けずに。
飛行機のトラブルにより、機体の外へ投げ出されたのだ。
ショックで気を失い、今目覚めた。最悪だ。

目覚めなければ、そのまま人生を終わらせれたのに。
目覚めたために、残り5分程の人生に、つき合わなければならない。
5分もかからないかもしれない。また気を失うかもしれない。
とにかく、ため息をついてみた。

 「うがあぁぁぁぁほっあぁぁぁぁっっっっ!」

信じられない量の空気が、口の中に飛び込んできた。
冷たい空気なので、奥歯の虫歯がしみる。本当にしみる。
やはり歯医者に行っとくべきだった。しかも、ヤギ医院ではなく、丁寧な
久保医院へ。
ヤギ医院で、親不知を抜いたとき、2時間もかかった。
あの若い先生は、途中で先輩先生に、何度も何かを聞きに行って……
まあ、とにかく、しみる。

せっかく、珍しい人生の終わり方をするんだから、どんなところに落ちるか、見てやろう。
瀬戸内海の小島が、目に入ってきた。
今日は運良く、運悪く?最高の天気、快晴だ。見晴らしがいい。
落ちていく恐怖感が、どんどん増していく。
せっかく、だから、周りの景色も見てやろう。

「うんごうっ!」

どうすればいいんだ。
体を、水平にしてみた。

「うひゃっぁぁぁー!」

体が、駒のようにくるくる回る。回る。

「ぬはっ!」

何とか、制御することが出来るようになった。
手足を大の字に広げて、微妙な手のひらの角度でゆっくりと回転することが出来る。

「はうわっ!」

見える。もの凄い勢いで大きくなる淡路島が。
もっと東へ行けば、明石大橋も見えるのに。

「うおっ!」

微妙な手のひらの角度で、前にも進む!
すごい勢いで、ずんずん進む。
まるで、スーパーマンのようだ。
だんだん、ハッキリと海面上の船などが見えてきた。
大海原をゆく貨物船。イカを捕るためのぽんぽん船。

少し、恐怖感が、なくなっていく。
風の抵抗を受けて、落ちているのに、浮いているような感じだからだ。
途中で、気を失うということは、もうないだろう。
つまり、地面に、もしくは海面に叩きつけられる瞬間まで、楽しむことが出来るということだ。
最悪だ。

「ははははっー!」

笑ってみた。歯がしみる。
あと、1分位をどう過ごそうか。
昔を、回想しようか?
明石大橋を見るためにがんばるか?

「ぬあっ?!」

とっくに、明石大橋は越えてしまったようだ。進みすぎた。
海が、少しどす黒くなっている。
塩屋の浜を越えて、須磨の方まで来ているのではないだろうか。
このまま行くと、俺の死ぬところは、西宮のヨットハーバーか?
やはり、きれいな海がいい。
気合いを入れて、西の方角に向くようにがんばろう。方向転換。

「ちぇすとーーー!」

向くことが出来た。
少し、落ちるスピードが遅くなった。というか、少し浮いたようだ。
まるで、紙飛行機が、地面に落ちる瞬間に、また少し浮かぶように。

「はははははっあー」

もしかすると、ジグザグに落ちていけば、ある程度スピードを殺すことが出来るかもしれない。 さらに、いい角度で海面に落ちれば、助かるかもしれない。

「うーりゃぁぁーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」

生きることに賭けることにした。
微妙な体のバランス。
海に落ちるように方向の確認。
失速しないように、ゆっくりと減速。
衝撃が少なくてすみそうな角度。
海面に着水する瞬間に顎を引くこと。
ぽんぽん船の近くに落ちること。
明石大橋にぶつからないようにすること。

脳細胞が、フル活動する。
着水するとき、衝撃で、気を失うだろう。だが、

「最高の目覚めにしてやる。くそっ!」