127話(1998年9月4日 ON AIR)

「心配しないでアンドレ」

作・飛鳥 たまき
登場人物

女 水晶占い師
(夜若者達であふれる繁華街。デパートの閉まったシャッターの前、小さな机をだしているのはいつもの占い師。
黒いカバーをかけた机の上には大きな水晶玉。前には、斜めにスパンコールで『愛占い・恋占い』の文字。
黒いドレスに黒いベールの占い師、前を行き過ぎる人と水晶玉を見るともなく見ている)
「…………こんなにたくさんの男や女がいるのに……いい男っていないもんだねぇ………看板、見えてるよね。…『愛占い・恋占い』だよ…観てほしくないのかい、水晶占いだよ。よーく当たるよ………ふう………ちょっとー、ちょっとちょっと」
「おれ?…ですか?」
「そう。座って」
「えっ?」
「恋の行方、知りたいだろ」
「いえ…別に……」
(男、そう言いながらも、女の前に座る。女、水晶玉にうつる男の顔をジーと見る)
「この水晶ね、なんでもうつすんだよ。ほら、ここ…――ありゃ、光ってるよ。やけに明るいよ――……みえるだろ。明るく光ってるだろ。……あんた、明るい明日が来るよ、いい女と出会うよ」
「おれ、そういうのには、のりませんよ」
「その女、あんたのことを『アンドレ』って呼ぶよ」
「誰がですって?」
「その女がさ」
「何言ってるんですかー」
「呼ぶんだよ、アンドレって」
「あのね、勝手なこと言わないでください。おれ、ちゃんと名前ありますし、そんな呼ばれ方されたこと、生まれてから今まで一度もありませんよ」
「生まれてから今まで?」
「そうです。一度も」
「……今からのことはわからないだろ…今からだよ。……ほら、よく見て。きらきらしてるよ」
「…ネオン。お店のネオンがうつってるだけじゃないですか」
「妙に明るいねぇ。めったに見られない光の渦まで見えるよ」
「おれ、失礼します。明るい光だかなんだか知りませんけど、そんなものちっとも信じてませんから」
「ちょっと、待ちなさいよ。気になるんだよ、プロとしては。とにかくもう一度座って。この光、見逃すわけにはいかないわ。こうして看板あげてる以上はね」
(女、男を強引に座らせる)
あんたの過去、ちょっと見せてもらうよ」
「あー、勝手にのぞき込まないでくださいよ」
「…………(笑って)なんてこと!…何もないじゃない。きれいって言えばきれいだけど」
「失礼な。見えてないんじゃないですか。悩みも挫折もありましたよ」
「…これ位じゃ、挫折っていわないんだよ。プロの世界じゃね」
「おれの人生です」
「恋も、結構チャンスはあったのに…逃してきてるね」
「ほっといて下さい」
「にぶいんだね」
「大きなお世話です」
「相手の気持ちにも、自分の気持ちにも気づかないんだ…」
「いい加減にしてくださいよ」
「素直で、いいやつなんだけどね…のんびりしてるっていうか……詰めが甘いっていうか…押しが足らないっていうか…」
「言っておきますけど、水晶だかなんだか知りませんが、そんなガラス玉にうつってる過去なんて、おれ、信じてませんからね」
「よーくうつすんだよ。うそつかないんだよ、この水晶」
「全然ですね。言っちゃあなんですけど、こう見えても恋の一つや二つ…」
「……うん?…………黙って!…」
「?……」
「………(つぶやいて)おかしい……」
「はあ?」
「いいから、水晶玉みてなさいよ。……いいねぇ、輝いてるよ」
「うれしそうですね」
「何言ってるの。あんたの未来のことだよ」
「おれの未来?」
「とびっきりの明るさだね」
「止めてくださいよ。おれ、自分の未来なんか知りたくもないし、見たくもないですよ」
「………うん?………なんで??………」
「とにかく、勝手に人の未来とか、過去とか、見ないでください」
「…………(ぶつぶつと)おかしい……なんで……」
「何です?さっきから。はっきり言っておきます。自分の未来は自分で切り開きます。おせっかいは止めてください」
「うるさいねぇ……静かにして。…………(ぶつぶつと)この光の渦はなんだい……このきらめき具合はどうなってんの………なんで?…なんでよー……………なんで私がー…………あれーーー」
(女、机に伏せる)
「どうしたんです。気分でも悪いんですか?ちょっと、ちょっとーーー」
(女、我に返る)
「大丈夫ですか?」
「ああ、ありがとう。めまいが…」
「もう帰ったほうがいいですよ」
「そうみたい。途中で悪いけど、そうさせてもらうわ。あ、お代はいいわよ。今日はサービス」
(女、独り言をいいながらかたずけ始める。男、自然に手伝う)
「……どうなってんだろう?こんなこと……この男の未来をみてたのに………う、ううう、頭の中が混線してる?……脳みそが疲れてた?集中力が欠けてる?……それとも………やだ!感受性がふやけてきてる?!……」
「顔、青いですけど……一人で帰れますか?」
「ああ……ええ…もう大丈夫。心配しないで、アンドレ」
(一瞬全ての音が消える)
「えっ?!」
「あっ!」
(街・雑踏)