13話(1996年6月28日 ON AIR)

「家出」

作・松田 正隆
都市近郊の小学校。放課後の教室。
ひとりの大学生風の男が、片隅にすわっている。
いそいで、廊下をかけて来た女が教室のドアをあける。
先生
「あ、どうも。」
「あ。」(と、立ち上がる)
先生
「担任の吉沢です。」
「間宮です。…あの…妹が…お世話になって…」
先生
「いいえ、どうぞ…おかけ下さい。」
「はい。」(と、すわる)
先生
「お待ちになったでしょう。」(と、すわる)
「いえ。」
先生
「さっき、学校に連絡入れたら、お兄さんがみえてるって聞いて。」
「そうですか。…何だか、妹が迷惑かけちゃったみたいで…。」
先生
「私の不注意でこんなことになってしまって。」
「でも、急にいなくなったんでしょう。仕方ないですよ。
…。何か、あったんでしょうか。学校で。」
先生
「いや…、それがわからないんです。
朝のホームルームのときは元気な様子だったし…。」
「そうですか…。…じゃ、今も、さがしに行って来られたんですか?」
先生
「ええ、このへんだけでもと思いまして…」
「そうですか…。すいません、本当に…。」
先生
「それで、明子さんは…」
「はい?」
先生
「見つかったんですよね?」
「え、そうなんですか?」
先生
「え?…じゃ、会ってないんですか?明子さんと」」
「ええ、…」
先生
「え?あ、そうなんですか?…てっきり、私、お兄さんが見えてるって聞いて、
居場所がわかったんだと…。」
「あ、すいません。」
先生
「あ、いえ、そんな、私もちゃんと確かめなかったから…。」
「大学の寮に電話があって、直接こちらに来たものですから…」
先生
「そうですよね。」
… 間。
「…私があとは、探します。」
先生
「いえ、…私にも責任があるんです。学校でお預かりしてるんですから。」
「…はあ…」
先生
「3時間目の終わりなんです…。クラスの生徒たちが、間宮さんがいないって知らせに来て、学校中さがしたんですけど、どこにもいなくって…。」
「そうですか…」
先生
「そんな、何にも言わずに出ていっちゃう生徒じゃないし、ただ…、今年の春に、お母さんが亡くなられて、ご親戚の家に預けられる事になったっていうことは聞いてたから、その事がやっぱりあって…。
明子さん…、ほら、いつもおしゃべりで元気があるから…。
どっかで無理してたのかな…。
それで、こんなことしたのかも…。
やっぱり、お母さんのことがあるんでしょうか…。」
「はあ…。それは、ちよっとは、あるかも知れませんね。
しかし、私たちも、覚悟はしてたことだったから…。」
先生
「覚悟って…、まだ、六年生ですよ。」
「もう、六年生ですよ…。」
… 間
「そういえば…。この前、久々に明子とあったら、先生の話をしてました。
…吉沢先生と百葉箱をそうじしたって…。」
先生
「ああ、そうですか…。間宮さん…美化委員だから…。」
「…明子、…先生のこと好きみたいですよ」
先生
「え?…ああ…そうですか…。」
… キーン コーン カーン コーン と、下校のチャイムが鳴る。
先生
「本当、どこ行っちゃったのかしら…」
… 間。
「明子は、電車に乗ってるんだと思うんです。」
先生
「電車に?」
「ええ。」
先生
「…。」
「去年の夏だったか、母が、まだ、生きてた頃、病院の屋上で私たちに話をしたことがあるんです。母が、まだ、小学校の六年生だったときに、電車に乗って一日中、街を走りまわったことがあるって…。みんなが学校に行ってるときに、自分だけそんなことをしてるのが、とても新鮮で、窓の外の街の風景がとてもまぶしかったって…。それが、母にとっての最初の家出だったそうです。」
先生
「…明子さん、それを聞いたから…。」
「でも…。真剣に聞いてたかどうか分かりませんよ。」
… 夕暮れの街の雑踏が聞こえてくる。
「ただ、ときどき妹の顔に母の面影がよぎるとき、母がながい、ながい、家出から戻ってきたような、そんな気がすることがあるんてす。」
… 夕暮れの教室。…遠くで、街を周回する電車の音。