132話(1998年10月9日 ON AIR)

「月の眼差し」

作・桃田 のん
ふたりの出演者がちょうどリスナーに直接語りかけるように、小声で話してみてください。今宵、聞いている人に。

ふたりはワンルーム・マンションの窓から外を眺めている。たとえば少し馴染みすぎた、心を許しすぎたセックスの後とでもしようか。ふたりのいる部屋は暗くて、窓の外から月明かりが漏れている。

向かいの団地にいくつか、灯った明かりを見るともなく見ながら。
(きっとしばらく眺めていたのだろう。その明かりがともった部屋の知らない住人に語りかけるように、実際の距離はかなり遠いのだが、小声で。耳元でささやくように、ほんの少しふざけたようなニュアンスも含みながら)今晩わ…。何してますか?
(女の小さな遊びに少しのってみるようにしながら、さりげなく。明かりの灯った家の住人として会話をしてみる)今い遅い晩最が終わったとこや。かみさんが台所で食費洗ってんの、見えへんか?
(太った奥さんの影を見て)もしかして奥さん、かなりキてる?
(おそらく影がかなり太っているんだろう。かすかに笑って)私の口からは言えません。
(明かりの灯る家に住む主の姿が見える)あ、あれがお宅?いやまあ、えらい...。
(なるほど痩せているのだろう)痩せてまっしゃろ。はい、私の宋養全部かみさんにとられてます。
(少し大きな声で呼び掛けるように)洗濯物、干しっぱなしですよぉ!
(女の口調を真似て)はい、いつものことですわ。だらしない女房ですんません。
う?ん、洗濯物から見ると子供さん多そうですね。
(適当に)4人、おります。
4人!(かなり大きく笑う。そして笑いながら)がんばりましたねえ。痩せた体で。やりますねえ。
(笑う)はい、貧乏で他にやることありませんから(馬鹿にしたような笑い)
(笑う)そんな狭い都屋に子供4人と住んで、家族生活楽しいですか?
いやあ、もう投げ遣りですわ。
げ?っ!!そんな結婚、いや?!!
(ふたり、笑う)
かすかな間
あ、おっさんご登場ですか。
ええ、家が狭いんで。ちょっとベランダにでも出んと。
ああ、ああ、ああ、続々とこ家族登場!
はい。こんなに出てきていったい何をするんでしょうね。暇ですね。趣味がないんでしょうねえ。
人間、巾年になるとおしまいですね。(数を数える間)子供は3人ですね。
(小さな女の子がベランダではねている)おお、おお!末の娘、はねる!はねる!やたら元気やなあ。
でもおっさん、くたびれてますよぉ。
(不意に独り言で)いったい、何が面白いねん、あの人ら。
もう一人出てきましたよ。
何、かつがわてんの?あれ、酔っぱらいか?
みんなで乱交パーティーでもしてたんちゃう?
家族でかあ。やるなあ。
(男に直接に会話として、かつぎだされている人を見て)いや、もっと若いで
(女に)若いな。まだ子供やな。
あの子、動かれへんのちゃう?
(かすかな間)そうやな。みんなでかついでるで。病気かなあ。寝たきりなんちゃう?いったい、そこまでして何見てんねん。
間(おそらくはその家族が見ている方向を探して)
(はじめてそれを見るように万感胸に追って)月や。
(静かに、この女の子自身の心が洗わわていくように)あの子ら、歌てる。(その口を探るように)でた   でた   つきが….(少しずつ歌になって)まあるい、まあるい、まんまるい、ぽんのような月が。
(大事に)ほんまに立派な月や。
(大事に)全く欠けてない。すこい。圧倒されるわ。
いやあ、気づかんかったなあ。
月や。すこい大きい…
私らも、ベランダに出ようぜ!(女、立ち上がったようだ)
おいおい。パンツはけ!おっぱい放り出してでるなあ。
(ベランダに衣服を身につけながら、走りだしつつ)あんたもフリフリで出んといてや。
じゃあ、見せびらかすとしましょうか。
(かすかに馬鹿にするというニュアンスで返して)え?何?
(男も立ち上がっている) 前とめろ。前とめて、出ろ!
ベランダ
ライターもってきた?
いや、中に置いてきた。
なんや。まあ、ええわ。取りにいくのめんどくさい。
(間)
あの子らさ、
うん?
似合てたな。
何が?
(歌って)出た出た月が?の歌。
 (確信するように)似合うてた。
幸せなんちゃう?
あの人ら?そうやな。でも、作ったんやと思うで、きっと。自分たちで作ったんやで。幸せ。
そうやな。立派やな。…(向こうの家庭に語りかけるように、決して大声は出さない)くたびれてるなんて言うて、おっさん、すんません。
幸せって、見えにくいよな。
そうやな。
でも、きっとあるな。
作れば、な。
ええこと言うやん。
そうか?
幸せになりたいな。
うん。
なりたい。
そうやな。
ほんま、なりたいわ。(かすかな間)やっば、ライターとってこ。(中に走りながら、とても無邪気に)もう一回、エッチする???
終わり