135話(1998年10月30日 ON AIR)

「お風呂さま、ビールさま。」

作・冬乃 モミジ
(お風呂の中。湯船のお湯の音とか、洗面器の音とかが、聞こえる。振り向いた時のお湯の音。ドアを開ける音。など。)
彼女独り言
ふ?っっっ…ほんま極楽、あぁぁぁ?体中がとけていく(ブクブクブク)会社にも銭湯とかあったらええねんなぁ。そしたら少々腹立ってても、ひとっ風呂浴びて気分なおして仕事が出来るってなもんやのに…ふぁぁぁ…あかんわ、風呂なんか入ってたら仕事する気なくなるわ。……、さっき、ちょっと言いすぎたかなぁ。そーや、家帰って顔見る前に、まずお風呂入ったらええねんな。そしたら、わざわざ愚痴ったあげくに八つ当たりして、こうして反省することもないわけやんか。せや、玄関入る前にお風呂があったらええねん、そらもうええ声で「ただいま」、…玄関の前のお風呂てどんなんやねん。……怒ってるかな…(浴室のドアをちょっと開けて)ねぇー!
はぁ??なにぃ??(部屋の奥からいたってのんびりした返事)
彼女
…なんもないー浴室のドアをしめる
(なんやねん。)
彼女
 よかった。…のんきな人で。…あ、わかった!帰りに銭湯寄ってきたらええねんな。そらもう晴れ晴れした声で「ただいま」、…あかん、一人だけお風呂済ませてきたら、気分悪いわな、「部屋に風呂あんのに不経済や」とか言いそうやし、あ、共同生活って大変や(ブクブクブク)浴室の外から声
なぁ?。
え?…何?
ビール、先飲んでるで。
ええー、…ええよ。
(笑)機嫌なおったんか?
…ん?んーー(笑)なあ、(浴室のドアをちょっと開けて)さっきゴメン。悪かった。反省した。
ホンマか?
うん、ホンマ。
風呂とビールのないとこでは、おまえとは暮らされへんな。
彼女
…うん、そうかもしれへん。
(笑)冷えるで。
彼女
うん。
浴室のドアをしめる。
(ドアの向こうから声)グラス冷やしといたるわ。
彼女
ありがとう。…(独り言)ええとこあるやんか。
彼女
結婚しようかな。…とか、思ったりして。(笑)さっき共同生活は大変やて、思ってたくせに、私は。単純か。(笑)
彼女
浴室の外から声
なぁ?。
彼女
わぁ!…びくりした。何?
開けるで。(浴室のドアをちょっと開ける)
彼女
何?
…なぁ、…結婚しよっか。
彼女
え?…な、なんで?
なんか、チャップンチャップンいう音聞いてたら、それもええかなーって。
彼女
なによそれ。ビールまわってんちゃう?
いや、まだ一杯目やで。今日、満月か?
彼女
さぁ、なんで?
満月の夜は、思いきったことするヤツ多いらしいから。
彼女
なんじゃそれ、…それ、…また、今度考えよ。
そやな、今度にしよ。…はよ、あがって一緒にビール飲もうぜ。
浴室のドアをしめる
彼女
…はあー…びっくりした。…(ブクブクブク)…フフフフフフ(笑)アカン、のぼせる。湯船からあがる。