136話(1998年11月6日 ON AIR)

「秋の日の心中」

作・松田 正隆
―ある部屋。よこたわる男女。
「今、何時?」
「知らん。」
「下で、3回打った思うねん。時計。」
「ほな、3時や」
「聞き違いやないやろか」
「知らん」
「3時のはずないやろ」
「何で」
「薬、呑んだん、12時やで……。2時間以上もつはずない。」
「そうか」
「そうかやないやろ」
「しゃあないやろ、もってんねんから」
「これはもってんねんか?」
「えッ?」
「もってるんやのうて、死んでんのんとちがうか? わしら」
「ああ」
「ああやない。死んでんねん」
「死んでるヤツが、時計の音、聞くか?」
「そやし、あれは幻聴や」
「幻聴かて、生きてるもんが、聞くんやアホ。」
「そっか」
「……」
「ほな、何やねん、わしら…死んでもうたんか?」
「死んでんのに、会話するか、アホ」
「何やねん、ほんなら。わしら」
「生きてんのや、まだ」
「2時間過ぎてもか?」
「そうや」
「そんなことあるわけないやろ」
「現に生きてるやんか、うっとォしいな、あんた」
「こんなん、生きてる言わへんわ。」
「何で」
「何にも動かへんやんか。手も足も、出ェへん。」
「薬のんだからやないか。」
「そんなんわかってるわ」
「も、ちょっとだまりィな。うるさいわ」
「……」
「昼の3時やったりして」
「そんなアホな」
「わからへんで」
「何言うてんの。そこまでもつはずない。わしら生きてられへん。あのクスリ、甘ないで」
「ちゃうちゃう。……昨日の昼の3時や」
「はァ?」
「トリップして過去に逆もどりや…」
「笑うてまうわ」
「笑うたらええやん」
「ハハハ…」
「…」
「…昨日の今ごろ、何してたやろ。」
「知らん、忘れてもうた…。」
「ヨシオのアホを、七条の橋からつきとばして」
「あいつ、どないしたやろ」
「流されて、今ごろは海の上や。」
「プカプカういとんのやろか
「サメのエサや」
「かあいそやな」
「何やそれ、今さらそんなこと言うなや。お前のため思うてやったんやないか」
「…ヨシオの方が、あんたよりうまかったわ」
「何やて」
「ヨシオと、こうなればよかったんやわ」
「…ウソやろ」
「ウソやない」
「ほんなら…何やねん、オレは…オレは何のために…お前と、こんなことまでして」
「…知らん」
「どうゆうことやねん」
「知らんて、わたしは…」
「…」
「何を、今さら、どうゆうたかて、とりかえしのつかんことばかりやで。そうゆうもんや、人生は」
「…オレは死にとない…こんなことってあるかッ。死にとないんや。」
「そやし、まだ、生きてるやないか」
「生きてるんか?」
「生きてるやない。ほら…。」
「ほらって、何や」
「立って、歩いて、タバコ吸うて…。ああ、もうホンマつかれたわ。」
「え?…」
「ちょっと、わたし買物行ってくるわ。」
「ちょっと、待ちいな」
「ほな、行って来ますわ」
「え?…そんな…おい!…オレは、どないすんのや…。このまま、何しとったらええねん…。おい!…おい!」
―間。
「今、何時や…。…なあ…誰もおらへんのか?…なあ…。  …ここは一体、どこやねん…」