146話(1999年1月15日 ON AIR)

「冬の屋上」

作・松田 正隆
―ある高校の屋上。
「何で途中でやめるのよ」
「…」
「ねぇ」
「何だかシラけちゃった。」
「何で…」
「…聞くなよ、いちいち。」
「…。」
「帰ろう」
「…イヤ」
「じゃ、オレ帰るから」
「待ってよ」
「…。」
「何でよ。呼び出したのそっちでしょ」
「…ごめん」
「あやまればいいってもんじゃないわよ」
「…会いたくなって、会ったら別にどうでもよくなって」
「よくまあ、そんなこと言えるわね」
「自分でもびっくりするぐらいだよ」
「勝手すぎるわよ」
「どうせ何にもしてなかったんだろ」
「してたわよ。」
「何を」
「本読んでた」
「いいよ、そのぐらい」
「よくない。いいとこだったんだから」
「また、読めばいいじゃないか。」
「興奮さめちゃったわよ」
「興奮するようなヤツ読んでたの」
「…違うわよ、そんなんじゃ」
「何読んでたの」
「何だっていじゃない」
「帰ろう」
「いやだって」
「帰って続き読めよ」
「それが勝手だって言ってるの」
「寒いよ、ここ」
「屋上行こって言ったのもそっちよ」
「他に行くとこないだろ」
「あるわよ…」
「…」
「キッサ店とか、公園とか、…」
「あきた、もう」
「…じゃ、電話しなきゃいいでしょう。全く、ハラタツな…」
「ああーあ、始まるな、学校…」
「…始まるわよ、そりゃ」
「爆弾でぶっとばそうか、学校」
「爆弾ないもん」
「ああーあ、何にもやってない、宿題」
「やったことないじゃない、いつも」
「ま、そうだけど」
「…飛びおりたら死ぬかな」
「死ぬよ、そりゃ」
「飛びおりよっか」
「いやだよ」
「こわいの」
「こわいよ」
「こわいよね、そりゃ」
「…」
「ガムのんじゃった、さっき」
「え?何で」
「だって、いきなりだったから、ケヘヘヘ」
「…ガムのむほどのことかよ」
「ガム消化すんの」
「しないで、そのまま出てくるよ」
「ゲッ、うそ。…何で、知ってるのよ。のみこんだことあん
「あるよ」
「出て来た?そのまま」
「知らないよ。見ないだろいちいち」
「じゃ何で出てくるって言ったのよ」
「出て来そうだろ、消化しそうにないだろ。ガム…」
「そりゃまあ、そうだけど」
「…」
「どうした?ガム」
「えっ?」
「ガムよ、ガム…かんでないじゃない。」
「捨てた」
「えっ?」
「捨てたって」
「どこに」
「どっかそのへん」
「だめよ」
「だってもう、捨てたよ」
「誰かふんづけるでしょう」
「しょうがないよ」
「しょうがなくない…エチケットよ」
「やめてくれよ」
「探しなさいよ」
「帰ろう」
「ダメだって、ちゃんと拾って」
「もういいよ」
「拾うまで帰らない」
「どこか忘れたよ、もう…」
「…」(と、探している)
「帰るぞ、オレ…」
「…」
「じゃあ…。」
―間。
「あった…。ホラ、ここ…ちょっと拾いなさいよ…  ねえ…。…ねえってば…」
―間。

―誰もいない屋上。風の音だけ。
「…誰かが、これふんずけて…あ、しまったって思う。
…靴の裏側にへばりついたガムをいまいましそうに、取る。
…ねばりつくガムにハラをたてる。…今日の日の不運を一体誰につぐなってもらうのかを考える…ふと、誰もいないことに気づいて、尚のこと、落ち込んでしまう…。
顔をあげると、夕焼けに街が染まっている。」
―風の音…。
END