147話(1999年1月22日 ON AIR)

「フリマでフィーバー!デンデケデン
GO!GO!アジンララ」

作・飛鳥 たまき
(新春、フリーマーケット。広い会場の東の端。
女の子が一人店を出している。
遠くのにぎわいが聞こえてくる。
女の子、ぶつぶつと売り口上)
女の子
「……真っ白い石はいかがですか……まあるい、まあるい石だよ……一つ百円ですよ……青い瓶はいかがですか………地中海の色をした瓶はいかがですか…」
(女の子、瓶に息をふきかけ、キュッキュッと瓶を磨く)
SE
ボワ???ン
(ほこり臭いにおいがして瓶から煙のようなものがでる)
魔法使い
「ごほっ、ごほっ(むせて)……お、おめでとう…ごほっ、ごほっ…」
女の子
「…?…」
魔法使い
「失礼いたしました…エーと…今日は……うん、松の内はすぎましたが…おめでとうございますでございます」
女の子
「…おめでとう…」
魔法使い
(女の子、気にもとめず、売り場の整理をつづける)
女の子
「…(咳払いをして)ご用は何でございましょうか」
魔法使い
「(ぶつぶつと)『キャンディ・キャンディ』の着せ替えもあるよー…ここしかないよ…」
女の子
(魔法使い、女の子の周りをうろうろして)
魔法使い
「…何をなさっておいででございますか…」
女の子
「フリーマーケット。初売り」
魔法使い
「フリーマーケット」
女の子
「そう」
魔法使い
「はっはー、ガラクタ市でございますか」
女の子
「宝物市」
魔法使い
「宝物?……私の住まい、コバルトブルーの瓶を宝物といってくださる?」
女の子
「住まいって…この瓶?ゴミ置き場にあった……」
魔法使い
「人生いろいろでございますです」
女の子
「あなた、誰?」
魔法使い
「あっ、失礼いたしました。私はそのコバルトブルーの瓶に住んでいるもので、名前はスユオアジチ・ピ・オサシ・ミセセコマナココ………アジンララと申します。キュッキュッと瓶をこすってお呼び下さい。いつでもとび出してご主人さまのお手伝いをさせていただきますです。……で、ご主人さまのお名前は…」
女の子
「ゆう子」
アジンララ
「ゆう子さまがこのお店のオーナー…」
ゆう子
「オーナーって…まあ、そう」
アジンララ
「…色紙、押し花…カバン……子供の服…お菓子の缶に、小石に…そろばん?」
ゆう子
「蝉のぬけがらでしょ、へびのぬけがらでしょ…」
アジンララ
「宝物でございますかー」
ゆう子
「この石、かわいいでしょ、潮岬にいったときひらったの。太平洋の荒波にもまれてこんなにまるくなったの」
アジンララ
「一個、百円…」
ゆう子
「お値打ちよ」
アジンララ
「これは?」
ゆう子
「ああ、これ。たばこの吸い口」
アジンララ
「シイガレット…吸ったあとの…」
ゆう子
「ダンボールにあと二箱あるの。集めてたの、小さいころ」
アジンララ
「小さいころ?ゆう子さまが?」
ゆう子
「…整理することにしたの、全部。…おもちゃも、色紙もきれいな箱も…」
アジンララ
「宝物でございましたのに?」
ゆう子
「過去は捨てるの、全部。ぜーんぶ…あしたに向かっていくの。…いけない?」
アジンララ
「…ぜんぶ……わかりましたでございます。アジンララ、精一杯お手伝い申し上げますです。」
ゆう子
(ゆう子、ごそごそと商品を並べる)
アジンララ
「…えーと、まずでございます。このシイガレット…小分けして……『ポプリ デュ シイガレツト』でございます。買ってくださいましたお客様にプレゼントというのはいかがでございましょう」
ゆう子
「えっ?一年くらいかかったのよ、これだけ集めるの」
アジンララ
「ウホン…ゆう子さま、そこでございます。商売は思い切りが肝心でございます。需要と供給の関係っていうものでございまして…」
ゆう子
「………」
アジンララ
「で、この石…十個まとめて百円が妥当かと…」
ゆう子
 「ええっ、こんなにまるくて、すべすべなのに?…いやよ、あなた…」
アジンララ
「アジンララ」
ゆう子
「アジンララ、こんなかわいい石見たことある?」
アジンララ
「…過去は捨てるのでございましたね。明日に向かっていくのでございますよね、ゆう子さま。十個百円でしたら、子供たち喜んで買いますです…」
ゆう子
「子供?って…(辺りを見渡して)…ふう…お客さん、こんなはしっこまでなかなか来ないよね…」
アジンララ
「…ゆう子さま!アジンララひらめきましたでございます。そこのピアノ、音は出ますでしょうか…」
ゆう子
「もちろんよ」
アジンララ
(ゆう子、おもちゃのピアノで「エリーゼのために」を弾いてみせる)
ゆう子
「おう!ゆう子さま!すばらしい(拍手)。ベートーベンではございませんか……ライブ演奏いたしましょう」
アジンララ
「ライブ?ピアノ?」
ゆう子
「ええ、ええ、ええ…ピアノに笛に…このお菓子の缶…ゆう子さまと私でセッションございます…いけますです。さあ、どうぞ、ゆう子さま、ピアノを」
アジンララ
(ゆう子ピアノを弾く。アジンララ、缶や箱をたたいてセッション。笛もときどき。音の出るものは全て)
ゆう子
「(演奏にのって)さあ、さあ、いらしゃい、いらしゃい、宝の山だよ、掘り出し物いっぱい、懐かしいもの珍しいもの、ないものない…」
アジンララ
「(即興の詩をピアノにのせて歌う)
『              』」
ゆう子
「その調子でございますです」
(ゆう子の歌に合いの手をいれて)
『              』」
アジンララ
(人がぽつ、ぽつ集まってくる。アジンララ、箱をたたきながら)
ゆう子
「はい、いらっしゃい。この石でございますね。はい、耳にあててお楽しみください。太平洋の波の音がきこえますです。ありがとうございますです。……」
アジンララ
「…アジンララ……おまけ…」
ゆう子
「ああ、お客さまー、『ポプリ デュ シイガレツト』お楽しみくださいませ」
アジンララ
(ゆう子、別の客に)
ゆう子
「いい色でしょ。じっとみてると海の中にいるみたいな気持ちになりますよ……五百円です…ありがとう」
アジンララ
「あっ…ああああ……ゆう子さま」
ゆう子
(音楽止まる)
アジンララ
「……(アジンララ語で泣きながら)私の住まい……」
ゆう子
「……アジンララってアジンララ語で泣くんだ……泣き声や笑い声はみんな同じって思ってたー……」
アジンララ
「…私の…千五百年も親しんできましたです……深い深い海の底で眠っているような、優しく波に揺られているような…好きな住まいでしたのに……」
(アジンララ、悲しそうに鼻をすすっている)
ゆう子
「ごめん…アジンララ。もう、泣かないで。……えーと…たしか…あった!ほら、この瓶、おいしいブルゴーニュワインが入っていったの。きれいなグリーンでしょ。森の色よ。ほら、春になって、木が芽吹くでしょ。その芽吹いた緑色。見て見て、こうしてお日様にかざすと…ね、森の中にいるみたいでしょ」
アジンララ
「…ほんとうでございますです…森の色でございます…春の森、いいかもしれません…ゆう子さまの歌を聞きながら、ブルゴーニュの風に吹かれながら、眠りますです…」
ゆう子
「あげる。私の宝物の瓶、アジンララにあげる」
アジンララ
「はい、ゆう子さま。アジンララも新しい明日に向かっていくことにしますでございます。今日から緑色の瓶を住まいにいたしますです」
(ゆう子、ピアノを弾く。アジンララピアノにリズムでセッション。
アジンララ「いらしゃい、いらしゃい」ゆう子「いいものたくさんあるよ」
と客を呼ぶ)フリーマーケットのにぎわい大きくなる)