148話(1999年1月29日 ON AIR)

「兎の日」

作・久野 那美
夕方。線路の脇の公園。風の中を空き缶が転がっている。
大きな兎が一匹。空き缶を拾って、ゴミ箱へ放り込む。
女の子が一人。ぶらんこを漕いでいる。足音を立てて、兎は近づいていく。
こんにちは。
女の子
…………こんにちは。
隣、いいですか?
女の子
隣。………あ。どうぞ。
兎は隣のぶらんこに腰掛け、見よう見まねで不器用に漕ぎ始めた。しばらく。女の子は気になるので時々見ている。
女の子
 ……初めてですか?
はい。初めてです。
女の子
あの。地面をね。こうやってね。
地面?こうですか。
女の子
そう。そんな感じ。
ありがとう。
女の子
いえ。
兎、だんだん上手になる。長い耳が風になびく。ふたりは並んでぶらんこを漕いでいる。
女の子
上手ですね。
そうですか?
女の子
ええ。上手ですよ。
女の子
あの。
はい。
女の子
兎さん…ですよね。(横目で見る)
わかります?
女の子
ええ。わかりやすい形ですから。
そうですか。
女の子
おおきいですね。
ええ。大きな兎なんです。
女の子
あったかそうですね。
…………ええ…。
女の子
いいですよね。この季節には。
……あなたは寒いですか?
女の子
ええ。少し。私は人間ですから。
ふたり、ぶらんこを漕ぐ。それぞれの正面を向いて。しばらく。
わかりやすいのは形だけです。
女の子
え?
見ただけでは分からないこともあります。
女の子
たとえば。
女の子
たとえば。
人間を食べるんです。
女の子
あなたが?
はい。
女の子
兎なのに?
兎なのに。
女の子
…。
間 
女の子
だから、そんなに…
そんなに?
女の子
悲しそうに。
悲しそうに、見えますか。
女の子
ええ。
そうですか…。
人を食べる兎との付き合い方を、誰も知りません。僕にもわからないんです。
女の子
それは、悲しいことなんですか?
かなしいこと…。(肯定も否定もしない)
勉強しました。法律や、文学や、哲学や、科学…。法律は人を食べる兎を裁いたりしないんです。だから、僕には罪がないのかもしれないと思いました。でも、法律は人を食べる兎の権利のことも、説明したりしませんでした。文学や、哲学や、科学が教えてくれるのは、人間と世の中のことでした。正しいことや間違ったことについてでした。人を食べる兎のことではありませんでした。
女の子
文学。
 はい。
女の子
哲学。
はい。
女の子
科学。
はい。
女の子
あなたは、哲学も食べるの?
いいえ。僕は哲学は食べません。文学も科学も食べません。
女の子
食べないんですか。
食べません。
女の子
そう。
哲学を食べる兎には哲学を食べる兎の悲しみがあるのかもしれません。でも、それは僕の悲しみとは違います。
女の子
…。
生きるために。食べないと死んでしまうんです。この町の人もみんな、食べてしまったんです。
女の子
この、町の人…。
風が吹く。
女の子
あなたは、ひどい兎なのね。
そうです。ひどい兎なんです。兎
女の子
ひどい兎が悲しいなんて勝手じゃない。
…。
女の子
それでも、あったかいですか?
あったかいです。食べたものの分だけ、体温が上がるからです。
女の子
じゃあ、あったかいと悲しいんですか?
あったかいと悲しいです。
女の子
それは、あなたがひどい兎だからですか?
そうです。
女の子
ひどい兎…。ひどい兎は、あったかいと、悲しい…。(何か考えている。)
しばらく。長い間。ふたりとも黙っている。いろいろ考えて。女の子はぶらんこを止める。兎もつられて止める。
女の子
やっぱり、わからない。
え?
女の子
私が分かるのは、形だけです。
(女の子を見ている)
女の子
見てわかること。兎。大きい。あったかそう。
…。(女の子を見ている)
女の子
ほかのことはわからない。
…。
風が吹く。ふたり、同時に瞬きする。
なんだか少し、楽しくなる。兎も。楽しくなる。
兎、女の子の後ろへ回り、背中を押す。
ぶらんこは大きな弧を描いて宙に出ていく。
ぎいっぎいっ。しばらく。
ぎいっぎいっ。ぎいっぎいっ。
やがて。
ぶらんこが止まる。
…寒いですね。(空を見ている)
踏切の音。大きくなる。
電車が通過する。長い電車。
静寂。
風の中。ぶらんこが頼りなく、いつまでも揺れている。