151話(1999年2月19日 ON AIR)

「天使のうた」

作・松田 正隆
―電車の音。
「いた!」
「あ、ごめんなさい。」
「…」
女「すいません、ホント、何度も…。こんなに混んでると、足の置き場がなくって…。今朝はめずらしいですね、何かあったんですかね。」
「雪で、一本ずつ遅れてるんじゃないですかね。」
「ああ、そっか…。きのうの夜、すごかったですからね、雪…あんなの見たの初めてだったんですよ…」
「そうですか」
―間。
「ふんだのは、私じゃないかもしれないんだけど」
「え?あ、そうなんですか?」
「ええ、まあ、とりあえず私だったらいけないからあやまってますけどね。これだけの人の足があるんだから誰が誰の足、ふんづけてるかなんて、わかりませんよ。」
「いや、少なくとも私がふんづけられたことは確かですよ」
「どうして」
「だって、痛いんだから」
「ああ、なるほど」
「どちらまで?」
「次の次で降りるんですけど。これじゃ、無理かな、身動きひとつできませんからね」
「ぼくは次で降ります」
「そうですか」
「三度もふんでくれたおかげですね」
「え?何が?」
「こうやって話ができた」
「ああ…」
「帰りは何時の電車に乗るんです?」
「そんなのわかりませんよ」
「だいたいでいいんですよ」
「夕方と、夜の間ぐらい」
「それじゃ、わかりませんよ」
「縁があったら、また会いますよ、きっと」
「縁はあったんです、もう、三度もぼくの足をふんづけたんだから」
「でも、それだって私かどうかわからないんですよ」
「いいです、わからなくて、そんなこと…とにかく、三度あなたの前で、ぼくは痛い目にあったんだから。いたいって、三度言って、ごめんなさいって、三度あなたは言ってくれたんだから…」
「あ…じゃ、もしかして…踏まれてもいないのに『イタイッ』って言ったんじゃないんですか?」
「そんなわけないでしょう。」
「だって、私は天使なんですよ」
「え?」
「私は天使なんです」
「天使」
「ええ」
「笑いますよ」
「どうぞ」
「…」
「本当ですよ」
「ハハハハ」
「いや、だって、ホラ、映画観たことないですか?ベルリン、天使の詩。」
「観ましたよ」
「ま、あんな感じの天使です。」
「どうして、こんな混み入ったとこにいるんですか。もっとこう、のびのびしたとこにいるんじゃないんですか?天使ってビルの屋上とか…」
「ええ、まあねえ」
「よりによってこんなラッシュのときの地下鉄にいることも、ないでしょう。」
「そうかな…」
「天使なら天使らしく」
「ヘンケンだな、天使に対する」
「偏見?」
「天使にだっていろいろあるんです。それぞれの事情というものが…」
「そうですか…」
「…と、まあ、そういうわけで、あなたの足をふんだのは私じゃないんです。だって、私は天使なんですから」
「天使には足がないんですか?」
「というか、存在の仕方が違うじゃないですか、あなた方とは…」
「へえ…」
―と、電車が駅に停車する。
人々は降りてゆく。
「え?…降りないんですか」
「ええ…」
「どうして、ここなんでしょう、会社」
「ええ…」
「じゃ、降りなきゃ」
「…」
―と、ドアが閉まり、発車する。
「あ、ほら、閉まっちゃった…」
「…次でしょう」
「え?」
「降りるの、あなたが…次なんでしょう」
「ええ…」
「それから、会社行くんですか?天使なのに…」
「ええ…」
「じゃあ、ぼくも次で降ります。」
「チコクしますよ」
「大丈夫です。」
「…いたい!」
「あ、ごめんなさい…」
「…」と、こらえきれず笑っている。