153話(1999年3月5日 ON AIR)

「スィートウォーター」

作・安田 ミカ
目覚まし時計のベルの音
「(眠た気に)ウーン」
りさ子
「おはよ」
「起きてたんだ」
(間)
「感じるの?」
りさ子
「うん・・3、2、1(指をパチンと鳴らして)」
突然、激しく降り出す雨
りさ子
「ほらね」
BGM始まり、雨音続く
男N
「りさ子には、雨の降りだす瞬間がわかる・・というより、りさ子がタクトをふると雨が歌い出す・・そんな感じだ。それは特技でも、超能力といったものでもなく、りさ子の言葉を借りれば〈体質〉のようなものらしい。雨だけじゃない。海、水溜まり、水滴、噴水、プール、水族館。とにかく、どんな水にも、りさ子は感じていく」
男N
「りさ子は命の恩人だ。僕は、海で溺れているところを彼女に助けられた。自分の力を過信して、沖まで泳ぎすぎた僕のふくらはぎは、突然、悲鳴をあげてひきつけを起こした」
寄せては返す波音
男N
「砂浜にいた友人によると、意識のない僕の肩に担いで、沖からりさ子が歩いてきたのだという。泳いでいたのではない、確かに歩いていたと友人は証言する。その姿は優雅で、力強く、まるで、水の抵抗などないみたいに・・しかし、僕が溺れた場所は、僕でも足の届かない深みだったはずだ・・」
雨の音に戻る(最初のシーン)
りさ子
「何か・・考えてる?」
「いや、別に」
りさ子
「水、まだ、こわい?」
「もう・・少しかな」
りさ子
「そう、よかった」
男N
「あの時、りさ子はどこから現れたのだろう。僕の近くで泳いでいたとは考えにくい。だって、あの時、りさ子は普段着だったし、足にはスニーカーを、きちんと履いていた・・」
りさ子
「ねぇ」
「え」
りさ子
「あと1分53秒で雨があがるから、どこか、出掛けない?」
「うん、いいね」
男N
「僕は事故以来、海に行けなくなった。遠くで眺める海さえ怖い。そして、時々夢を見る。真っ黒で、生ぬるい海水に抱かれる夢。宇宙もきっとこんななんだろう。でも闇が怖いわけじゃない。りさ子は気付いているだろうか。僕が恐怖にすくむのは、果てしのない、孤独だってことに・・」
雨の音、大きくなって
りさ子
「3、2、1、(パチンと指をならして)」
雨の音が止む
りさ子
「ほらね」
(間)
男N
「そう言えば、こんなことがあった。りさ子と水族館に行った時のことだ」
人のざわめき(水族館)
男N
「りさ子が巨大な水槽の前に立つと、いつもイルカたちが彼女めがけて泳いでくる。そんな不思議な光景にも、僕はもう慣れた」
イルカの鳴き声
りさ子の楽しそうな笑い声
男N
「しかし、あの時は様子が違った。学名は忘れたが、体に斑点があって気立てのよさそうなクジラ。水族館のアイドルだった。りさ子は、そのクジラと向き合って、涙を流していた。何も言わず、ただ、涙を流していた。一週間後、そのクジラが死んだと地方局のニュースキャスターが、テレビで話していた。身内の死を悼むような、りさ子の沈痛な横顔・・・しかし、次の瞬間には、決然として顔をあげ、まっすぐ前を見つめる。そんな、りさ子の強さはどこからくるのだろう・・」
水がノドを通る音
りさ子
「あ?おいしっ」
「そんなに水ばかり飲んでて、飽きない?」
りさ子
「何で?」
男N
「りさ子は水のように、この世の全てにしみ込みながら時にはとどまり、蒸発してはまた、生まれる。いつか、僕のもとからも流れていってしまうのだろう・・しかし、いつまでも見えないものに怯えているわけには、いかない。たとえ、夢から覚めた瞬間、りさ子が僕の顔を見下ろしていなくても―」
りさ子
「それで、どこに行こっか?」
「・・海に、行こう」
りさ子
「(クスっと笑って)」
BGM、大きくなって
(了)