166話(1999年6月4日 ON AIR)

「一粒の蟲」

作・ヒグチ ミユキ
電話のコール
それと、重なり合うように一匹の蝿の羽が空気を震わす
男の部屋を思い通りに飛び回る蝿
女の声をした蝿
ウウウウウウウン
もしもし、堺眼科さん?あの、ちょっと聞いてもよいですか?ええ、もちろん診察してほしいんですけど、こんな顔じゃ外出できそうになくて……
女の声をした蝿
ウウウウウウウン
あのね、今日の朝起きたら左目にね、できちゃったんですよ。
女の声をした蝿
ウウウウウウウン
卵が。
女の声をした蝿
ウウウウウウウン
いいえ、めばちこじゃなくて、卵!たぶん蝿が左目に産み付けたと思うんですけど、直径5?くらいの半透明な粒々が左目の下睫の生際にびっしり。こんなことってあるんですか?
女の声をした蝿
ウウウウン
いえ、嘘じゃなくて、信じてくださいって。本当なんですってば。ちゃんと聞いてくださいよ。あのねぇ、悪戯電話するほど暇じゃないよ、俺だって仕事があるのにこんなこと……
男の体にまとわりつくように飛び回る蝿
男は目で追ってしまう
女の声をした蝿
ウウウウンウウウウウンウウウン
うるさいな!あ、あの違うんです。蝿がうるさくて、もしもし?ちょっと堺さん、もしもし?
一方的に電話を切られ“ツーツーツー”が空しく響く
何なんだよ。嘘じゃないのにぃ。
女の声をした蝿
ウウウウン
蝿は壁に止まって手をこすりこすり男は蝿を一睨み
あの蝿。絶対にあの蝿の卵だ。だって、俺変なもの食べてないし、毎日アイボンしてるし、清潔だもん。でも、蝿がたかるって不潔な証拠か?…はあぁ…信じろってほうが難しいか。渕上眼科バツ、川口眼科バツ、小林眼科バツ、堺眼科バツ、誰か信じてくれよ、誰か…
女の声をした蝿
プチ
あ、何だ?今の。
女の声をした蝿
プチ
ちょっと待てよ、もしかして増えるのか?
女の声をした蝿
プチプチピチ
洗面所へ走りこんで勢い良く蛇口をひねって、鏡を見る
うわあ、やっぱり増えてる。
バシャバシャと洗うが、触れるとグニャッとした感触
あああ、ぶよぶよしてるし、気持ち悪いし。駄目だ、全然取れないし、潰れもしないし、何なんだ!この卵は!
女の声をした蝿
ウウウウウンウウウン
あの蝿、叩き潰してやる。
女の声をした蝿
ウウウン
ちょっと待ってろよ。お前が一番嫌いな物を出してきてやるから。
クローゼットを開けて何かを探し始める
確か、ここらへんにあったよな。あ、あったあった。見ろ、「蝿タタキ」だ。
女の声をした蝿
ウウン
何だかちょっと怖がっているように飛ぶ
一発で潰してやる。ふん!
蝿タタキを振るが空気を切り裂くだけ
チッ!逃げるな。
女の声をした蝿
ウウウウン
あ、そうだ、逃がさないように、
部屋の扉という扉を閉める
これで密室だ、
女の声をした蝿
ウウン
ここか?
蝿タタキを振るが空気を切り裂くだけかろやかに飛び回る蝿
女の声をした蝿
ウウンウウン
止まれよ、じっとしろ。
蝿タタキを振るが空気を切り裂くだけ男の肩をかすめ流れるように逃げ回る
女の声をした蝿
ウウン
こっちか?
蝿タタキを振るが空気を切り裂くだけまるで男を挑発しているよう
むかつくな、チョロチョロするなよ。お前のせいで仕事休んじゃったじゃないか。勝手に産み付けるな、こんなものどうやって取ればいいんだ、よ!
蝿タタキを振るが空気を切り裂くだけで、勢いあまって男はつまずきこける
あ、うわ!いてええぇぇ。
女の声をした蝿
フフフン
あれ?今、笑われたような気がした。蝿のくせに!
蝿タタキを振るが空気を切り裂くだけ
女の声をした蝿
フフフフフンフフン
笑うなよ。笑うな。
蝿タタキを振るが空気を切り裂くだけ
女の声をした蝿
ウウウウウンウウウン
何やってるんだ、俺は。
蝿タタキを振るが空気を切り裂くだけ
女の声をした蝿
ウウウウウン
たかが蝿相手に。
蝿タタキを振るが空気を切り裂くだけ
女の声をした蝿
ウウウウウンウウウン
たかが、
蝿タタキを振るが空気を切り裂くだけ男は必死になって蝿を追い続ける
女の声をした蝿
ウウウウウウンウウウウンウウウウウン
たかが、たかが、たかが、
蝿タタキを振るが空気を切り裂くだけもう蝿のことしか見えていない
女の声をした蝿
ウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウン
蝿の羽音と蝿タタキを振り回す音が入り混じる、うるさいくらいに
うるさい!
ピタッと空気さえも動かない静けさゆっくりと部屋中を見渡して
あれ?どこに行った?あれ?さっきまで飛んでいたのに、どこに行った?勝手に産み付けて、勝手に居なくなるなよ。こんなものだけ残して、振り舞わされてばっかりだ。どこに隠れてるんだ?
部屋中をひっくり返して探し出す
簟笥の隙間か?カーテンの陰?コーヒーカップの裏?どこに行った?
女の声をした蝿
プチ
は、また増えた。
女の声をした蝿
プチ
そこに隠れているのか?
女の声をした蝿
プチ
電気のかさ?
女の声をした蝿
プチ
又増えている、いい加減にしろよ。ベッドの角か?
女の声をした蝿
プチ
歯ブラシ、
女の声をした蝿
プチ
こんなもの要らないのに、全部取り除きたいのに。
女の声をした蝿
プチ
写真立て、
女の声をした蝿
プチ
パジャマか?雑誌の間だろ?
女の声をした蝿
プチ
JJの間か?
女の声をした蝿
プチ
オレンジページ?
女の声をした蝿
プチ
フラウの間か?VIVIか?こんなもの、さっさと捨てれば良かった。
女の声をした蝿
プチ
どっかの隙間から外に出たのかな?
部屋の隙間を考える男
あ、郵便受けの隙間。
玄関の郵便受けからガサガサと新聞紙を取り出して
ここから逃げたかも、でも、まだ新聞紙の間にいるかもしれない。
やっきになって新聞紙を広げようとした、その時一枚の葉書がコトンと足元に落ちる
何だ?これ?拾い上げてみる
葉書?誰から?…あ…あいつ。
女の声をした蝿
「どうしていますか?元気ですか?私は、元気です」
…何だよ、たった3行かよ。
女の声をした蝿
モゾ
でも、あいつらしいか…
女の声をした蝿
モゾ
あ、ああ、卵が…
女の声をした蝿
モゾモゾ
膨れ上がってくる。
女の声をした蝿
モゾモゾモゾ
うわわぁ、どんどん膨れてる、何が生まれてくるんだ?きっと蛆虫だ。蛆虫が俺の目からいっぱい産まれてくるんだ!
女の声をした蝿
ポト
あ。
男の左目の卵が膨れ上がりひび割れ、そして無数の蟲達がとめどなく頬をつたい床に転がる
女の声をした蝿
ボトボト
あ。
女の声をした蝿
ボトボトボト
これ以上生まれてくるな。こんな蟲、こんな…これは…
男は両手で産まれ続ける蟲達を目の奥へ押し返そうとするが
女の声をした蝿
ポロリ
これは、蟲じゃない、どうして…
女の声をした蝿
ポロポロポロポロ
止まれよ、止まれってば!…俺…おい、何泣いてるんだよ?止まってくれ。なあ、頼むよ、止まってくれよ…とまれ…
女の声をした蝿
ポロポロポロポロポロリポロリ
止まらないかなぁ。
あきらめたように男の大きな溜息男はもう無理矢理蟲達を閉じ込めることはしなかったただあふれ出る気持ちにまかせた
止まるまでに何日かかるだろう?
女の声をした蝿
ポロリポロリ
ああ…
女の声をした蝿
ポロリ
ああ…
女の声をした蝿
ポロリ
ああ、でも、何だか楽になってきた。
女の声をした蝿
ポロリ
ああ、そうか、そうだったんだ。ああ、もっと早くこうすれば良かった。もっと産まれろ、俺の左目から。もっともっと。溜め込んでいた卵が全部無くなるまで、蟲になって飛んで消えてなくなるまで…そしたら、あいつに返事を書こう。「俺も元気です。」一言で十分だろう。
閉めていた窓を勢い良く開ける
女の声をした蝿
ポロリ
もっともっと、遠くまで飛んでいけ。