168話(1999年6月18日 ON AIR)

「2時のタクシー」

作・花田 明子
ラジオが2時を告げる。
続いてかかるご機嫌な音楽とDJの声がかすかに聞こえる。
サラリーマン
ふーぅっ。
運転手
すいません。
サラリーマン
あ、いや……。
運転手
お仕事ですか
サラリーマン
あ、いや。
運転手
あと15分はかかります。
サラリーマン
ああいやもういいです。
運転手
はぁ…すいませんねぇ。
サラリーマン
いえ、もともと会社を出たのがあの時間ですからね。
サラリーマン
いや仕事じゃないんですよ。
運転手
ええ。
サラリーマン
仕事は午前中で早退して、いや早退するつもりが、何だかんだやってたらこんな時間になっちゃって、
運転手
なかなかきりがつかないですもんねぇ。
サラリーマン
そうなんですよ。
運転手
ええ。
サラリーマン
……いや来月、結婚するんですよ。
運転手
ああ、それは…おめでとうございます。
サラリーマン
いやいやありがとうございます。いやそれがね、今になって彼女がウエディングドレスを着たいと言い出して、
運転手
ええ。
サラリーマン
 実は僕の実家の父が神社の宮司をしてまして、父の長年の夢だったんですよ。そのー僕の結婚式は父の神社で、神前結婚をっていうのが、
運転手
ええ。
サラリーマン
それなのに急に私はあの神前結婚の髪型が似あわないだの、十二単衣を着ると哀しいとかなんとか言い出して、
運転手
私だったら喜んできますけどねぇ。
サラリーマン
そうですか?
運転手
だってそうそう着れるもんじゃないですよ、十二単衣なんて。
サラリーマン
いや彼女も最初そう言ってたんですけどね、それが急にですよ。
運転手
ああ。
運転手
けど別に着たらいいんじゃないですか。ウエディングドレスも。
サラリーマン
いやそれが着れないんです。
運転手
立ち入ったことお聞きしますけど、披露宴は…
サラリーマン
それが披露宴をしない予定だったもんですから。
運転手
ああ、そうなんですか。
サラリーマン
だからもう本当に…。
運転手
困りましたね。
サラリーマン
ええ……いや彼女の言うことも分かるんですが。
運転手
ええ。
サラリーマン
そうしょっちゅうやるんじゃないんだからってわけですよ。
運転手
何がですか?
サラリーマン
だから式ですよ。結婚式。
運転手
それはまあそうでしょうね。
サラリーマン
一応一生に一度のつもりなんだからとこうですよ。
運転手
ああ。
サラリーマン
いやもちろん分からないわけじゃないんですけど、
運転手
どうして披露宴をなさらないんですか?
サラリーマン
え?
運転手
あ、すいません。かなり立ち入ったことですよね。
サラリーマン
いや、
運転手
いやすいません。いいですよ。
サラリーマン
いや、別にそんな大した理由じゃないんですが…運転手さん、失礼ですけどご結婚は……?
運転手
ええ、してます。子供も二人。
サラリーマン
え?そうなんですか。お若いですね。
運転手
ええ。結婚したのが19でしたから。だからかれこれ8年になりますね。
サラリーマン
へーえ。
運転手
うらやましい話ですよ。
サラリーマン
え?
運転手
 いや私はね結婚式も披露宴も何もしなかったんですよ。
サラリーマン
ああ。
運転手
よくある話ですよ。親に反対されましてね。若すぎるって。ほとんど飛び出すみたいにして一緒に籍を入れて、住み始めて、
サラリーマン
ああ。
運転手
結婚式もいいもんだと思いますよ。
サラリーマン
そうですか?僕は恥ずかしくて、
運転手
何がですか?
サラリーマン
だって……その……何か……。
運転手
いやおっしゃってる意味はわかりますけどね、
サラリーマン
ええ。
運転手
でも最近になって思うんですけど、いろんなことって次から次に忘れちゃうんですよ。
サラリーマン
ええ。
運転手
何を覚えていて何を忘れてるのかさえ分からないくらい、次から次に記憶が曖昧になっていて……曖昧になっているだけならいいけど勝手に再生して、本当に何があったのかさえよく分からない。
サラリーマン
ああ。
運転手
だからね、結婚にしろ、その時のためにやると思うと面倒くさかったり、どっちだっていいやと思うかもしれないですけど、この先の為に形にしておくっていう考え方もできるんじゃないかなーとか思ったりするんですよ。
サラリーマン
そうかなぁ。
運転手
だってこの日に結婚したって日を祝ったっていいじゃないですか。
サラリーマン
そうですかね……。
運転手
形にすることが陳腐だって思ってるのは若い間だけです。理由がないとなかなかやれないままになって………後悔は多いもんですよ。
サラリーマン
そんな、運転手さん、若いじゃないですか。きっと僕より若い。
運転手
おいくつですか?
サラリーマン
32です。
運転手
じゃあうちの旦那より二つ上です。
サラリーマン
ほら。
運転手
まぁ、生きてたらの話ですけど、
サラリーマン
え?……えっと……。
運転手
5年になります。亡くなって。だから余計思うんでしょうね。もっと形になるものがあったら忘れないのになぁ……とかね。
サラリーマン
……ああ。
運転手
やっぱりやれ保育園だ給食費だ。どんどんどんどんどこかにおいやられていってしまうようで……。
運転手
すいません。こんな話して、
サラリーマン
いえ……いや……。
運転手
いやでもね、私もまた結婚しようかなぁーと思ってる人がいるんですよ。
サラリーマン
 おう、それは、おめでとうございます。
運転手
いやまだわからないんですけど。下の子の保育園の保父さんなんですけどね、
サラリーマン
ええ。
運転手
いい人で。
サラリーマン
へーえ。
運転手
今度は式をしてみようかと思ってるんですけどね、
サラリーマン
いいじゃないですか。
運転手
もどうも…前の旦那に悪い気がして、
サラリーマン
………ああ。
サラリーマン
でも運転手さんはやりたいんですよね。
運転手
え?
サラリーマン
結婚式。今度は挙げてみたいんですよね。
運転手
ええ…多分。
サラリーマン
だったらいいじゃないですか。挙げましょうよ。
運転手
何ですか、それ。
サラリーマン
いや僕が披露宴をしない理由はそれだったんですよ。
運転手
それ?
サラリーマン
僕ね、どうも披露宴にどんな顔して座ってていいのか分からない。友人や会社の人間の前でどうも気恥ずかしい。そればっかり先にたっちゃって、
運転手
いやそんなもんですよ。
サラリーマン
でもまぁ僕だけの理由でやらないのもなぁ……。
運転手
ああ……。
サラリーマン
いやうるさいんですよ。
運転手
え?
サラリーマン
一つ一つ納得いくまで聞いてくる。
運転手
彼女。
サラリーマン
とにかく頑固で恨みがましいとこもちょっとあって、
運転手
(笑いながら)何ですか、それ。
サラリーマン
いや女はあとが怖いですからね。聞ける範囲は全部言うことを聞いとかないとあとが大変だから。
運転手
よく言いますよ。
サラリーマン
よし、そうしよう。もう全部従おう。
運転手
ええ?
サラリーマン
白いのも赤いのも着れるだけ着せてやりますよ。
運転手
(笑う)
サラリーマン
あとどれくらいですか?
運転手
そうですね……あと(10分ほど)……。
ラジオからCMに入るジングルが聞こえ始めた。
おわり