170話(1999年7月2日 ON AIR)

「夕日」

作・久野 那美
少年が、夕日を見ていた。
夕日は赤いので、少年の目も同じ様に赤かった。
夕日は遠いので、少年の目も同じ様に遠かった。
橙色の雲がすこしずつ溶け始め。
おおきなまんまるがくっきりと宙に浮いた。
夕日はどこまでもまんまるだった。

少年は悲しくなった。
夕日はあんなにもまんまるなのに、少年はまんまるではなかったので、

少年は夕日を見ていた。
どこにも無駄のない完璧なまんまるを。

夕日は少年を見ていなかった。
夕日は何も見ていなかった。
少年は少年だけど、夕日は夕日だった。

少年は悲しくなった。
とてもとても悲しかった。
どうして悲しいと思ったのか、よくわからなかった。
とにかく悲しいと思った。
泣くこともできず、立ち去ることもできず、
少年は夕日を見ていた。

     ********

どうにも悲しくて仕方がないので、少年は夕日に尋ねてみた。

「どうして君は夕日で、どうしてぼくは少年なんだろう?」
夕日は簡潔に答えた。
「あなたが夕日じゃなくて、私が少年じゃないからよ。」

少年は唸った。
完璧な答えだと思った。
無駄のない答えだと思った。
さすが、夕日だけのことはある、と思った。

思えば思うほど悲しくなった。
とてもとても悲しくなった。
どうしてこんなに悲しいと思ったのか、よくわからなかった。
とにかくとにかく悲しいと思った。

でも、それでも…、

少年は夕日を見ていた。
抗議することも出来ず、立ち去ることもできず、
少年は夕日を見ていた。

少年が夕日を見ていた。
夕日はやっぱり少年を見ていなかった。

見れば見るほど、どんどん、どうしようもなく悲しかった。
少年が、悲しかった。

どんどんと悲しみは大きさを増し。
もうどうしようもなく大きくなってしまった。

突然、ふと、少年は気付いた。
こんなにも悲しいのなら、自分は死んでしまわなくてはいけない。

…そういうことに、ふと、気付いた。

魅力的な思いつきのような気がした。
いろんなことが、それで解決するような気がした。

完璧なまんまるはこのままではあまりに悲しく、
他にはもう方法がないような気がした。
死んでしまわなくては。
少年は思った。
少年は、しっかりと、そう思った。

目を閉じて考えている少年の外で、
空はもう青かった。
夕日は既に。
なにもかも連れてどこかへ消えてしまっていた。
(終)