173話(1999年7月23日 ON AIR)

「レインボーサックランチな午後」

作・花田 明子
午後11時を過ぎた電車の車内。
ゴトンゴトンという列車の音。
二人は向き合って座っている。
外は夏本番の明るい日差し。
けれど、えっちゃんは窓の外を見ている。
宏之
えっちゃん。えっちゃん。
恵津子
え?
宏之
もう……また?
恵津子
いや……。
宏之
もう一回電話してみたら?
恵津子
うん……。
宏之
森本君だっけ?後輩。
恵津子
いいよ。
宏之
でも気になるんだろ?
恵津子
でもさっきしたし……。
宏之
1時間以上前じゃない。もしかしたら契約書出てきたかもしれないし。
恵津子
でもあんまりしつこいとあれだし……。
宏之
ああ。
恵津子
それに見つかったら電話くれるって言ってたから。
宏之
うん……。

えっちゃんのせいじゃないよ。
恵津子
いや、
宏之
だってえっちゃんはその、
恵津子
森本君。
宏之
そう森本君にちゃんと契約書を作って渡したんだから。
恵津子
でもこれはもともと私が行くはずだったのよ。
宏之
それはそうだけど…。
恵津子
自分でやってればこんなことにならなかったのに。
宏之
いくつ?
恵津子
え?
宏之
森本君。
恵津子
ああ。25。
宏之
えっちゃんと変わらないじゃない。
恵津子
でも私は上司だから。
宏之
上司だったら何もかも責任あるわけ?
恵津子
そりゃそうでしょう。
宏之
そんな大事なものなくすなんて森本君は……森本君は、
恵津子
何?
宏之
どうかしてる。
恵津子
何よそれ。
宏之
それもよりによって今日なんて。
恵津子
いつなくそうとなくしちゃ駄目なものは駄目なの!
宏之
僕にあたらないでよ。
恵津子
あたってないわよ。
宏之
…だってこういうの久々なのに。
恵津子
あ、ごめん。
宏之
あ、いやそういうつもりじゃ…。
恵津子
でもこんなことならひろくんに先に行ってもらって後から追い掛ければよかった。
宏之
え、どういうこと?
恵津子
だから今日の仕事済ませてから、ひろくんちに行ってもよかったかなって。
宏之
何言ってんの。えっちゃん一人じゃ危ないでしょ。
恵津子
だってまだ5か月だよ。
宏之
お医者さんも言ってたでしょ。そのくらいのときが一番危ないって。
恵津子
でも…。
宏之
それにそんなにいらいらしてたら子供によくないよ。母はもっと大きな心で。
恵津子
そうしたいんだけどさぁ、
宏之
森本のやつがなぁ。
恵津子
森本のやつがですよ。
二人
はぁー。(溜息)
宏之
引き返すか。
恵津子
え?
宏之
何時だっけ契約。
恵津子
え、いいよ。
宏之
何時?
恵津子
4時半。
宏之
だったら次の駅で降りて引き返せば間に合うよ。
恵津子
いいわよ。
宏之
いやいいよ。引き返そう。
恵津子
どうして?
宏之
このままうちに来てもえっちゃん気になるだろ?
恵津子
え、いいって。
宏之
いいって。
恵津子
いやいいって。
宏之
いや、いいってって。
恵津子
いいってって?
宏之
あ、間違えた。
恵津子
間違えた?
宏之
だっておふくろもおやじもえっちゃんが来るのを楽しみにしてるんだ。
恵津子
うん、だから引き返さなくていいよ。
宏之
いやだから引き返すんだよ。
恵津子
どうして。
宏之
えっちゃんが会社のこと気にしてたら、おふくろやおやじが心配するからだよ。
恵津子
私、ちゃんとするわよ。
宏之
甘いなー、えっちゃん。
恵津子
何?
宏之
僕に分かるくらいだよ。僕を産んだおふくろや僕よりはげてるおやじにえっちゃんの様子がおかしいことがわからないわけないじゃないか。
恵津子
……でも……。
宏之
とにかく、おっとうそろそろ次ぎの駅か。
恵津子
え?
宏之
次ぎの駅で降りて、えっちゃんは会社へ行くんだよ。
恵津子
……うん……。
宏之
あ、と言ってる間に…えっちゃん、降りるよ。
恵津子
え、ちょっと待ってよ、ひろくん。
電車の開く「プシュ」と言う音。
あわてて降りる二人の足音。
電車の閉まる音。
ホームのアナウンスの声、遠く。
列車は走り去って行く。
恵津子
ごめんね。
宏之
いいって。
恵津子
……。
宏之
ああ、そうそう。これ。
恵津子
え?
宏之
会社着いたら昼過ぎでしょ。食べてよ。
恵津子
ああ。
宏之
宏之特製レインボーサックランチ。
恵津子
え、何?
宏之
おかかにうめぼし。いり玉。しそ。肉そぼろにツナに刻んだたくあんを虹に見立ててお弁当にしてみました。
恵津子
何か手込んでるのか手抜いてるのか分からんお弁当だな。
宏之
よく言うよ。えっちゃんが朝から契約書が、会社が、って騒いで僕がお弁当を作るのを邪魔したからじゃないか。
恵津子
私じゃないわよ、それもこれも、
宏之
森本君が。
と、携帯電話の呼び出し音。
宏之
まさか。
恵津子
うん。
一瞬の間
宏之
早く出て出て。
恵津子
うん。もしもし……ああ、もりも……え、あった!?
宏之
ったく……人騒がせな男だな。
恵津子
どこに!?なくさないように昨日、大川さんに預かってもらってたのを忘れて……!?
宏之
子供か、森本君は。
恵津子
じゃあ何で今まで大川さんは気付かなかったのよ……え?大川さんも忘れないように井上さんに預かってもらってたのを忘れて…。
宏之
どういうとこに勤めてたんだ、えっちゃんは。
恵津子
あ、分かった分かった。じゃあいいのね。あったのね。はい。はい。はーい。じゃあよろしく。
携帯電話の切る音。「ピ」
恵津子
ひろくん。
宏之
えっちゃん、どうやらあなどれないのは森本君だけじゃないようだね。
恵津子
いやいやひろくん。森本君、大川さん、井上さんはうちでは優秀な方なのよ。もっと恐ろしい子たちで一杯なのよ。
宏之
うーん。えっちゃんは大変だなあ。
恵津子
私が会社を気にするわけばれちゃったわね。
宏之
……。とりあえず気を取りなおして行きますか。
恵津子
うん。でも何かお腹もすいたなぁ。
宏之
ああ、じゃあひとまずここでお昼にするか。
恵津子
ああ、そうだね。
宏之
レインボーサックランチで。
恵津子
名前はドリーミーなんだがなぁ。
宏之
文句言うなら食べなくていいよ。
恵津子
何でよ。
そして二人は駅のベンチで、レインボーサックランチを広げる。
おしまい