175話(1999年8月6日 ON AIR)

「ある三角」

作・久野 那美
三角を語る人
あるところに、三角がいました。
三角は、自分が三角だ、ということについて、いろいろと考えていました。
それはとても不思議なことのような気もしたし、ものすごく間違ったことのような気もしたし、ちょっとだけ違うことのような気もしたし、そんなものだろうという気もしました。三角に生まれてしまったばかりに他にすることもないので、毎日毎日、そのことを考えていました。
ある日、三角は散歩にでかけました。
真っ直ぐな一本道をずんずんずんずん、歩いていきました。
広い原っぱの真ん中で、道が十字に交わっていました。
進手掛かりはそれだけでした。
交差点に、小さな花が咲いていました。
事情はよくわからないのですが、その花は燃えているところでした。
小さな花なので、小さなほのおをあげていました。
どんどん燃えて、もう残っているのは最後のはっぱだけなのでした。
        (花が燃えている音)
三角は立ち止まりました。そして、燃えている最後のはっぱに声をかけてみました。    
三角
「ぼくは三角で、こうして君のところを通り過ぎていくんだけれど、僕は結局…」
三角を語る人
その花は、とても立派な花でした。燃えながら、炎の下から、何か、答えてくれようとしたのです。でも、遅すぎました。ほのおが、早すぎたのかも知れません。
花が口を開きかけたとき、その瞬間、最後のはっぱが燃え尽きてしまいました。あっという間に。花はそこから消えてしまったのです。後にはひとひらの灰が残っているだけでした。
        (花が燃え尽きる音)
三角
「あ。」
三角を語る人
燃えてしまったのだから仕方がありません。
燃えてしまった花に手を合わせ、三角は再び歩きはじめました。
まっすぐまっすぐ歩いていくと…。
    (転がる者が近づいてくる音)
…転がるものが転がってきました
転がるものが転がって行ってしまわないうちに、三角は声をかけてみました。
三角
「ぼくは三角で、こうして君のところを通り過ぎていくんだけれど、僕は結局…」 
三角を語る人
その時。
    (強い風の音)
三角を語る人
西から強い風が吹いてきました。
それはそれは強い風でした。三角はびっくりして身を伏せました。
2辺をしっかり踏みしめて。頂点を低くして。

(転がるものが飛ばされていく音)
三角
「あ。」
三角を語る人
転がるものは、あっという間に飛ばされていってしまいました、転がるものが地平線の向こうへ消えていくのを、三角は黙って見送りました。
行ってしまったものは仕方がありません。
三角は再び歩き始めました。
今度はとぼとぼと歩きました。
なんとなく、つまらなくなってきました。
どのくらい歩いたでしょう。
やがて三角は立ち止まりました。
そして、一番大きな角で地面を軽く叩いてみました。ノックしたのです。
(地面をノックする音)
三角
「ぼくは三角で、こうして君のところを通り過ぎていくんだけれど、僕は結局…」
三角を語る人
ノックされたので、地面は、返事しようとしました。
      (地響き)
だだっ広い地面には見る間に大きな亀裂が走り、地球は2つに割れてしまいました。
三角
「あ。」
三角を語る人
2つの大きな半球が、ぽっかり口をあけていました。
三角は、地球の口を覗きこみました。中身がぎっしりとつまっていました。
三角
「はあ。」
三角を語る人
三角は、大きなため息をつきました。
割れてしまったものは仕方がありません。
三角は再び歩き始めました。
けれども、地面がなくなってしまったので、歩くのは無理なようでした。
真っ暗な宇宙の中を、泳いで進むことにしました。
先には何も見えませんでした。随分先まで、誰にも会えないかもしれないと思いました。
三角は進みました。進んだくらいでは誰にも会えないような気がしました。
だったらなにをすればいいのか。
考える時間だけは。たくさん、あるような気がしていました。
(おしまい)