178話(1999年8月27日 ON AIR)

「ワンゲルな時間」

作・花田 明子
そこは立山。 8月だというのにそこにはうぐいすやら、カタカタという虫のこえが聞こえている。
近藤
(笑って)こんにちはって。
川口
(笑って)なぁ。
二人は、立山の中をトレッキングしている。二人のトレッキングシューズが小石混じりの土を踏んで歩く音が聞こえる。
川口
(歩きながら)ちょっと恥ずかしいなぁ、やっぱり。
近藤
(歩きながら)だってぜんぜん知らない人だもんね。
川口
(歩きながら)そうそう。
近藤
(歩きながら)(川口の口調を真似て)こんにちは。
川口
(歩きながら)ああーっ?
近藤
(歩きながら)こんな感じだったよ、さっき。
川口
(歩きながら)そうかぁ?
近藤
(歩きながら、笑って)うん。
川口
(歩きながら)そうかなぁ。
二人の歩いている音だけが聞こえる。
川口
(歩きながら)でもうれしいもんだなぁ。
近藤
(歩きながら)うん。
川口
(歩きながら)やっぱり気持ちいいから挨拶するのかなぁ。
近藤
(歩きながら)ああ。でもちょっと恥ずかしい。
川口
(歩きながら)うん。やっぱり馴れてる人の挨拶とは違うからな。
近藤
(歩きながら)自然に挨拶しちゃうって感じだもんね。
川口
(歩きながら)そうそう。俺たちはやっぱり初心者だから。
近藤
(歩きながら)だって初心者じゃない。
川口
(歩きながら)近藤はね。僕は一応、ワンゲルだったんだから、大学。
近藤
(歩きながら)でも久しぶりなんでしょ。
川口
(歩きながら)そうだなぁ。山なんて……かれこれ10年ぶりじゃないかなぁ。
近藤
(歩きながら)ほら。
川口
(歩きながら)うん。
また二人の歩いている音が聞こえる。
川口
(歩きながら)でもこれでも昔はかなりやってたんだよ。
近藤
(歩きながら)本当に?
川口
(歩きながら)うん。ワンゲルっていってもほとんど登山部みたいだったしさぁ。
近藤
(歩きながら)それってどう違うの?
川口
(歩きながら)え?
近藤
(歩きながら)だからワンゲルと、登山部ってさぁ。
川口
(歩きながら)ああ……どう違うのかなぁ。
近藤
(歩きながら)何よそれ。
川口
(歩きながら)いや、もちろん登山部の方が厳しいんだよ。
近藤
(歩きながら)ああ、そりゃそうか。
川口
(歩きながら)装備だって違うし、ワンゲルはどっちかっていうと山の中を歩くって言うのに近いっていうかさぁ。
近藤
(歩きながら)うん。
川口
(歩きながら)で、登山部は山を登るって感じだろ?
近藤
(歩きながら)それって一緒じゃない。
川口
(歩きながら)ああ、いや、そうだな……僕の感じから言うと、
近藤
(歩きながら)うん。
川口
(歩きながら)もちろん、僕の大学はってことだけど。
近藤
(歩きながら)うん。
川口
(歩きながら)登山部は上を目指してひたすら登るって感じなんだなぁ。頂点が目標で、それを制するかどうか。って言うかさぁ。
近藤
(歩きながら)ああ。
川口
(歩きながら)で、ワンゲルは……そう、どこかを目指すっていうのとちょっと違う。
近藤
(歩きながら)うん。
川口
(歩きながら)いや、もちろん目的地はあるんだよ。でもどちらかというとその過程をいかに楽しむかなんだな。
近藤
何か分かったような分かんないような…。
川口
(歩きながら)いや、だって登山部だって、登って行く過程を楽しんでることには変わりはないわけだからさぁ。
近藤
(歩きながら)じゃあやっぱり一緒じゃない。
川口
(歩きながら)あ、いや……でもちょっと違うんだな、僕の中では。
近藤
(歩きながら)川口君の中だけじゃないの。
川口
(歩きながら)うん……いや、まぁそう言っちゃえばそうなんだけど……。
と、近くにかすかだが川の流れる音が聞こえてきた。近藤が足を止めた。
近藤
あ。
川口
おう。
二人、山の中の少し切り立った岩のあたりに出た。
近藤
(感心して)へーえ。
川口
(感心して)ふーん。
二人、その切り立った岩のそばから、はるか下を流れる川の音を聞き、数十メートルもある木ですら、その岩のはるか下に見えるのに驚く。
近藤
何か、変。
川口
え?
近藤
ほら、遠近感っていうの?
川口
ああ。
近藤
あっちの木の感じと向こうの木の感じがさぁ。
川口
ああ、本当だなぁ、
二人、じっとそこからの景色を見ている。
近藤
ねぇ、ここじゃない?獅子の岩って。
川口
え?
近藤
ほら、何かパンフレットにあったじゃない。
川口
ああ。あれ?それって天狗岩じゃなかった?
近藤
あれ、そうだったっけ?
川口
だったと思うけど……。
近藤
でもどっちみち獅子鼻(ししばな)ってことでしょ?
川口
好い加減だなぁ。
近藤
だってそうじゃない。
川口
まぁ、そうだけど…。
近藤
ねぇ、この岩の先端までいけるのかなぁ。
川口
え?
近藤
ねぇ、行ってみようよ。
川口
(近くの木の標識をさして)危険、注意!!って書いてあるぞ。
近藤
うん。それは「危険だから注意して行ってね」ってことでしょ?
川口
そうかぁ?
近藤
そうだよ。
川口
「危険だから、行くなよ」って忠告してんだろ。
近藤
いいじゃん、行こうよ。
と、近藤、無謀にも岩の先端へと進んだ。
川口
ちょっと、ちょっと、、近藤。
近藤
大丈夫だって。
と、
近藤
(かなり小声で)うわぁ。
川口
え?
近藤
何これ。
川口
え?
と、川口も恐る恐る、近藤の後に続いた。
川口
(かなり小声で)おおう。
二人は、その岩の先端近くに座った。じっと風を感じている。
近藤
何か……。
川口
うん。
近藤
……………一歩踏み出せばさぁ…。
川口
うん?
近藤
無限になれる気がするよ。
川口
え?
近藤
ここから一歩飛び出せばさぁ、何もかもから自由になれるような気がしない?
川口
………おかしなこと言うなよ。
近藤
だって本当にそんな気がするんだもん。
川口
……。
川口
大丈夫だよ。
近藤
え?
川口
いや、そんなこと言ったって根拠なんてないんだけどさぁ。
近藤
……え?
川口
お父さん。……これまでだってばりばりやってきたんだからさぁ。
近藤
……ああ…。
川口
お医者さんだって家族で頑張らないとって言ったんだろ?
近藤
…うん。
川口
お母さんだって、頑張ってんだろ。
近藤
……うん。
川口
近藤がしっかりしなきゃ。
近藤
分かってるよ。
川口
さんざん好き勝手やってきたんじゃないか。
近藤
やってきた。
川口
疲れちゃうなんてまだ早いよ。
近藤
うん……分かってはいるんだけど……でもね、お父さんが入院してみんなもう本当に大変なんだよ。
川口
うん……。
近藤
お母さんもお兄ちゃんも、もう本当にかかりきりでくたくたになってる。
川口
うん……。
近藤
お父さんも……多分、自分の病気のこと分かってるんだなぁ、あれは。だからみんなですごく無理しちゃって。
川口
……。
近藤
……。
川口
立ち合っていくしかないだろ。
近藤
…え?
川口
だって…もうそうなんだからさ。
近藤
……うん。
川口
どうなるか…じゃないと思うんだよ、僕は。
近藤
え?
川口
何かがあって…起こって…でもそれはどうしようもなかったろ?どうしようもないんだよ。
近藤
……。
川口
どこかを目指すわけじゃないんだ。ここへ行くためにこうしなきゃならないっていうのもない。
近藤
……うん。
川口
だから全部を見ていくしかないんだよ。ちゃーんと見ながらさ、一歩一歩確実に進めるしかないんだよ。
近藤
………。
川口
だろ?
近藤
あ、川口君流ワンゲル方式だね。
川口
え?
近藤
ああ、いや…うん…。
川口
え、何。
近藤
そんなこと言われなくても分かってますさってことですわ。
と、近藤、川口を叩いた。
近藤
(バランスを崩しつつ)ちょっちょっちょっと……危ないだろ!
川口
何よ、挨拶でしょ、挨拶。
近藤
こんな危険な挨拶があるかよ。
川口
何よ。そんなに怒ったりして心、狭いわね。
近藤
おい、そうじゃないだろ。
二人、再び立ち上がってまた、今度はその山を下りて行く。
おしまい