18話(1996年8月2日 ON AIR)

「湖畔のふたり」

作・松田 正隆
谷間の静かな温泉宿。その部屋。8月のある夕暮れ。窓の近くの椅子に座っている若い男。浴衣を来ている若い女。
ねぇ。帯ってこれでいいの。
いいんじゃない。
こんな結び方で?
いいって
おかしくない?
おかしくないよ。
浴衣、着ないの?
…いいよ、このままで。
何やってるの?…何パズル?
え…うん…。
よくそんなの持ってくるひまあったわね。
バカ、ここに置いてあったんだよ。
ね、お風呂、行こうよ…。
…うん…。
間。女、窓を開ける。そして、しばらく外を見る。
…行かないの?せっかく温泉まで来たのに…。
行くって、ちょっと待ってよ…。
…。
間。
ね、あれ、なんて山?。
え?…何とか冨士っていうんじゃないの。冨士山みたいだから…。
…大きいね…。高いね…。上の方、雲で見えないもん…。
…なあ…。
うん?
ほら、…渡さなくていいの?
何?
さっきの宿の人、女中さんっていうの…。
何を…
お金包んで…。渡すんじゃないの?
ああ…
いいの、しなくて…。するもんじゃないの? こういうとこって。
うん…
いくらぐらいなんだろう…。
…。いいよ、お金ないし、…若いんだから、私たち。
あんなこと、中年のおじさんがやることよ。
…知らんふりしてりゃ いいわよ。
いや、でも、いいのかなぁ
いいわよ。
女、サンダルをはいてベランダに出る。
…ああ、気持ちいい…。(と、のびをして、手すりに寄りかかる)
ねぇ、ねぇ…湖、まだ、ボートに乗ってる人がいるよ。
…へぇ…。
(振り返り)もうやんないの?
え?
それ、…パズル。
ああ、…うん。
…どうしたのよ。
ええ?
元気ないじゃない…。
…そんなことないよ。
間。女はまた、山と湖の方を見る。
男は部屋からその後ろ姿を見つめている。
今ごろ、みんな捜してるかな…。
…うん…。
…ね、見た、あの山、まだ、雪が残ってる。
うん…。
…静かだね。
うん…。
遠くまで、来ちゃったね。
…うん。
後悔してる?
してないよ。
本当?
うん。
じゃ、このまま、ここで、死んでもいい?
…いいよ。
(笑ってしまって)…本当?
本当だよ。
もう、誰にも会えないのよ。お父さんや、お母さんや、
ワタナベ君たちにも…。私、以外、誰にも…。
いいの?
ええ、どうして。
(制して)ダメ、ダメなの。…それが決まりなの。ルールなの…。
…。
(真剣に)…私は、それでも死ねるわよ。
ここで、二人っきりで…あなたと…死ねるわよ。
女、男を見つめていたが…、やがて、湖の方へ向いて
…明日、かえろっか。
ええ?
やっぱ、いやよね。こんな淋しいとこ。
…。
だって、コンビニもないのよ。
…何いってんだよ…。
あ、今日、花火大会だよ。みんな、そっち行ってるかな。
私たちのことなんか忘れて…。ねえねえ…ここから見える花火?
見えるわけないだろう。
今年こそ、浴衣来て行こうって思っていたのに。
…。来てるじゃない、浴衣…。
こんなのじゃなくて。…お母さん、用意してくれてたのになぁ…。
こうやって、盆踊りにも行ってさ…。ね、うまいでしょ…。
と踊って見せる
うん。(と笑って)
このまま踊りながら、お風呂場行ったりしたら、
笑われるかな…。
(笑いながら)いいんじゃない別に…。
じゃ、あたし、先、行ってくるね。
と、言いつつ、女には踊りながら遠ざかる。
男は、それを見ながら笑っている。
しかし、だんだん笑えなくなって…、ため息をつく…。