185話(1999年10月15日 ON AIR)

「銀杏」

作・久野 那美
チャイムが鳴る。放課後。
斜めに日の射し込む美術室。翔子が画材を広げている。
松村が入ってくる。翔子の後ろに立って。
松村
何描いてんの?
翔子
壁。
松村
壁?
翔子
あそこの、マンションの、壁。4時の壁。
松村
4時の壁。
翔子
時間が経つと色変わるから。
松村
(壁を、見る)古いね。ずいぶん。
翔子
このあたりで一番古いよ。きっと。
松村
誰が住んでるんだろ。
翔子
知らない人。
松村
そうだけど。
翔子
知ってる人も住んでるかもしれないけど。
松村
…。
松村
なんで汚れんのかな。       
翔子
え?
松村
誰も触らないのに。
翔子
だって。雨とか。風とか。出しっ放しだから。
松村
そっか。
翔子
そうだよ。
松村、壁を描いてる翔子と翔子に描かれている壁を見ている。
翔子
何してんの?       
松村
別に。
翔子
そう。
松村
…。
翔子
あっちのマンションの壁、描く?
松村
…。
翔子
銀杏の木。色変わっちゃった。  
松村
うん。
翔子
、手を止めて窓の外の銀杏の木を見ている。      
松村
も。しばらく、ふたりで見ている。      
窓の外には柔らかい風が吹いている。
翔子
めずらしいね。
松村
たまにはいいかな、と。
翔子
芸術の秋ですか。
松村
秋は関係ない。
翔子
そう。
松村
芸術も、関係ない。
翔子
そう。
松村
…美術部、なくなると困る?
翔子
困りはしないけど。
松村
別のとこ入るの?
翔子
どうしようかな。どうするの?
松村
うーん。
翔子
つぶれるかな。
松村
ふたりじゃね…。

松村は壁に立てかけてあるキャンバスを見ている…。
松村
…あいつ、なんで色ぬらなかったのかな。  
翔子
え?
松村
銀杏の木。
翔子
(キャンバスに描かれた絵を見ている)銀杏の木…。
松村
銀杏の木。
翔子
知らなかった。いつ描いてたんだろ。
松村
あれ?(窓のそとを見ている。運動場の隅に銀杏の木が数本。    風に吹かれて立っている。
翔子
色変わっちゃうのにね。
松村
翔子
銀杏の木。
松村
うん。
翔子
松村
君、さあ。なんで美術部に入ったの?  
松村
え?…なんとなく。
翔子
なんとなく。
松村
なんで?
翔子
ほんとに部室こないじゃない。
松村
…。
翔子
描いてるとこみたことないし。
松村
今日は来てるじゃない。
翔子
来てるけど。
翔子
中学の時も美術部だった?          
松村
いや。ギター部。
翔子
今時そんなのがあるの?
松村
すぐつぶれた。部員集まらなくて。
翔子
どこも大変だ。
松村
伝統あるクラブだったらしい。
翔子
ふうん。
松村、なんとなくその辺にある日誌をぱらぱらめくってみる。
松村
9月1日。
翔子
…。
松村
(日誌に書き込んでいる)えーと、9月1日木曜日。曇り。
翔子
曇り?…さっきまで晴れてたのに。
松村
そう?
翔子
うん。
翔子
日記って。               
松村
え?
翔子
なんで自分のことと、暦のことと、空のことと書くんだろ。
松村
空?
翔子
空がどんなだったか、何してたか、みんな自分の日記に書く。書かないと落ちつかない。変なの。
松村
…。
翔子
今日がいつで、自分は何をしてて、空はどんなだったのか。 松村、日誌をめくっている。
翔子
8月5日。水曜日。曇り。8月6日木曜日。晴れ。8月7日金曜日。雨。8月8日土曜日。雨。8月9日。日曜日。晴れ。…
翔子
 手紙書いたよ。今日。
松村
翔子
どこ行ってたの?ホームルームで。
松村
…。
翔子
どこ行ってたの?
松村
……。
翔子
渡辺先生が、みんなに説明した。
松村
みんな知ってるのに?
翔子
知ってることしかしらないのに。
松村
なんで花飾るのかな。
翔子
え?
松村
後ろの席から黒板見えないじゃないか。
翔子
黒板見えないからいなかったの?
松村
そう。
翔子
夏の花は嵩張るからね。派手だしね。
松村
夏の花なんだ。
翔子
そうじゃない?
松村
2学期は秋なのに。
翔子
だけど…、まだ暑いじゃない。
松村
夏休みはもっと暑かった。
翔子
そうだった?
松村
…。
翔子
…暑かったね。
松村
…。
翔子
涼しくなるよ。これからどんどん秋になる。
松村
…。
翔子
でもね。夏の花だよ。あれ。
松村
あいつ、なんで色塗らなかったんだろ。
翔子
え?
松村
わかんないじゃないか。
翔子
松村
夏の銀杏なのか。秋の銀杏なのか。
翔子
どっちだと思う?
松村
…。
翔子
どうして…。
翔子
どうして、色塗らなかったんだろうね。
翔子、スケッチブックを閉じて窓の外を見ている。
松村
描かないの?
翔子
え?
松村
壁。
翔子
今日はもうおしまい。
松村
ふうん。
校内放送が入る。

放送「下校時刻を過ぎています。教室に残っているひとはいませんか?最後の人は教室の鍵を閉めて帰って下さい。下校時刻を過ぎています…。

下校の音楽。
風に乗って。薄からし色の銀杏の葉がゆっくりと舞い落ちた。
こころなしか日差しもすこし和らいで。秋の気配が近づいている…。