186話(1999年10月22日 ON AIR)

「夫婦列車」

作・魔人ハンターミツルギ
インターホンがなっている。男の声でナレーション
『今、考えるとこのインターホンの音が発車ベルだった。』
まだ、インターホンが鳴り続けている。
「はい。」
ドアの向こうには、ほがらかな感じの女が立っている。
「あのー、お願いがあるんですがー。聞いていただけますか?」
「ええ、まあ、はい」
「私と死んでほしいんです。」
「えっ?いや…はい?」
「だめですか…独りで死んでいくのが、寂しかったものでつい…すいませんでした。」
「ちょっと待ってください!…あのー、いいですよ。」
「いいんですかー。私と一緒に死んでくれるんですかー。」
「…はい。」
列車のガタンゴトンという音
「あのー、いつ死にましょう?」
「明日にしましょう。」
「はい。」
ガタンゴトン
「あのー、いつ死にましょう?」
「私、一度結婚したかったんです。結婚しませんか?」
「ええ、いいですけど。」
「その後で死ぬことにしましょう。」
「…はい。」
ガタンゴトン
「あのー、いつ死ぬんですか?」
「せめて新婚旅行から帰ってからにしましょう。」
「…はい。」
ガタンゴトン
「いつ死にます?」
「私、子供、生んでみたかったんです。生んでからで、いいですか?」
「ええ、いいですよ。」
ガタンゴトン
「あのー、いつ死にましょうか?」
「まだ、この子はしゃべることも、歩くこともできないんですよ。残して死ぬことができるもんですか。この子がちゃんといきていけるようになってからにしましょう。」
「はい。」
ガタンゴトン
「そろそろ死にますか?」
「何言ってるんです!娘の入学式に言う言葉じゃないでしょう。」
「はい。そうだけど…。」
ガタンゴトン
「ねえ、そろそろ」
「見てください。セーラー服。とっても似合うでしょう。」
「ええ…あのー死ぬのやめたんですか?」
「いいえ、死にますよ。そういう約束ですから。」
「ああ、そうですよねー。」
「せめてこの子が卒業するのを待ちましょう。」
「はい。」
ガタンゴトン
「ねえ、こういう場所で言うのもなんなんですが」
「じゃあ、やめてください。」
「はい。」
「見てください。あの子の晴れ姿。ウエディングドレスにして良かったわー。」
「ええ。」
「もうすぐですよ。」
「はい。」
ガタンゴトン
「死にましょうか?」
「ついでだから、孫の顔まで見ませんか?」
「はい。」
ガタンゴトン
「ねえ、そろそろ死んでもいいんじゃないですか?」
「まだ、ですよ。この子がかわいくないんですか?」
「そんなことないですけど。」
「変なおじいちゃんでしゅねー。もうちょっと遊んでくれても、いいのにねー。」
「はい。そうします。」
ガタンゴトン
「ゴホン、ゴホン、まだダメですよ。」
「もう、いいじゃないですか。」
「私が死んでからですよ。」
「一緒に死のうって言ったじゃないですか!」
二人、咳き込む。男のナレーション
『もうすぐ私たちの終点に着くようです。』
咳き込み続ける。
そこに列車が静かに停まるキーッという音が重なる。
END