189話(1999年11月12日 ON AIR)

「おいしいチャーハンの作り方」

作・四夜原 茂
(ハーハーと荒い息使いが聞こえる。エコーがかかっている。以下すべて男はエコー、女はエコーなしでどうでしょう。)
み、見つかったかもしれない。ハーハー、ハーハー。
まさか、あんな所にやつがあらわれるなんて…。
ここも危険かも知れない。ハーハー。
このギャップを飛び越えて、向こう側に行った方が安全だろう……
やつは……う!まだいる。すぐそこだ。いや、こっちを見てない。
チャンスだ。助走を10歩くらいとって、思いっきりジャンプする。
向こう側の壁になんとか手がとどきそうだ。やるか!だいじょうぶだ。
やつはまだこっちに背中を向けている。せーの…。
(原生林の中。下草をなぎたおしながら男は走る。
得体の知れない鳥が鳴く。「ギャーギャー」「クアックアッ」)
だあっ!
(岩が落ちる音)
く。手がかりがない。ツルツルに磨かれた花崗岩だ。
右手一本で全体重をささえるのは1分で限界だ。
しかも今、やつがこっちをふり返ったら……。下はどうだ。この下は……
だめだ、大地がパックリと口を開けているだけだ。光がとどかない暗黒。
……あった。ここに少しだけ岩のへこみがある。ようし。ここに指をかけて、
う。うー。
(立ち上り、また男は走る。草をなぎたおしながら)
ハァ、ハァ、ハァ…。うまくいったぞ、見つかってない。
この壁を利用して、息をひそめていれば逃げきれるかも知れない。
ハァ、ハァ、ハァ…。暑いな…、暑い。さっきの所と、ここじゃ10度くらい気温に差があるようだ。
どこなんだ、ここは。……う。うわー!来た。来たー!巨大な鉄のかたまりが上空からオレをねらってたんだ。あー!
(巨大な鉄のかたまりが落下する。)
なたー。ねぇ、聞いてるー?おとなりの村田さんとこね、圧力ナベ買ったんだって。いいらしいわよ、カレーなんて30分でできちゃうんだって。
(トントントンと、マナ板の上で野菜を切る音が続く)
カレーだけじゃなくて、いろんな煮物があっという間なのよ。いいなぁ、圧力ナベって…。え?やっぱりあれよ。フタに秘密があるんじゃないかなぁ。フタでね、材料を押さえつけて圧力を加えるのよ、きっと。……え?はいはい。わかりました。鉄のフライパンを十分にあたためて、強火でジューってやるんでしょ。フライパンから鉄分が出て体にいいのよね。でもあれよ。中華料理屋じゃないんだから、強火って言ってもしれてるわよ。えーと、フライパンどこだったかな、大きいやつ。あ。この奥にしまったっけ……あったあった。ちょっとほこりかぶってるわね。油は、オリーブオイルで最後にゴマ油をかおりづけにたらすと。
(水道でフライパンを洗う音)
味つけはどうしようか。しょうゆ味にする?それとも、ウスターソース?……両方?ああ。最後にしょうゆを少量こがしながら混ぜといて、味を見ながらウスターソースをかけていただくわけね。賛成。
(洗い終わったフライパンをガスコンロに置く音。)
強火、強火と…。
あぶないところだった。もう少しでつぶされるところだ。うっ。こっちを見てる。動くな、動くんじゃない。やつはこっちを見てるが何か別の物に記をとられているようだ。笑っているんだろうか、巨大な口が開いて白いキバがむき出しになっている。ん?なにかやるつもりだ、こっちに手をのばして…なにかを…。
(ガッチャン。ゴォーとガスの音)
うわ!オレを焼き殺すつもりなのか。あち、あちちち。動くな。動くと見つかってしまう。は、はやく、はやくあっちへ行ってくれ。はやくー。
(また男は走る。)
ハア、ハア、ハア…。もう少しで黒コゲになる所だった。やつはオレが逃げまわっていることに気づいているのだろうか。迫って来ないところを見ると気づいてないようだが、……いや。気づいてるんだが、わぜと泳がせて楽しんでいるのかも知れない。ちくしょう。ん?……こんな所に金網がある。あ。金網の中にもぐり込めそうなブロックがたくさんあるぞ。これで助かったかも知れない。
(男、金網をのぼって、むこう側にドサッと落ちる)
それでこのブロックのすき間に体をすべり込ませれば…おや、このブロックは…。気づかなかったが、赤や黄色や緑の野菜がサイコロの形に切りそろえられてるんだ。そういえば今朝から何も食べてないことを思い出した。生の野菜だがぜいたくは言ってられない。この中にもぐり込んで少しかじらせてもらおう。
(油のはねる音。フライパンに、玉子を割入れた時の)
ねえ、知ってる?玉子って、白いのと赤いのがあるでしょう?でも中身はいっしょなんだって。赤い玉子は、干しエビをニワトリに食べさせて無理矢理赤くしてるわけ。え?わかってるわよ。玉子をいためすぎるなって、言いたいんでしょ。ちゃんと、玉ネギ、ニンジン、アスパラはみじん切りしてあるし、ごはんだって、ほら、準備してあります。ここからは、スピードが勝負だものね。強火で、ジュー、とやったら、空中に投げ上げてごはん粒をひっくりかえしてみせます。じゃ、野菜をと…。
(野菜をフライパンに投入した音)
あ、あ、あれ、あれれ…。動いてる。どこへ持っていくんだろう。ちょっと、ちょっと待ってくれ。あ、あー。
(ジュー!)
え?…しまったー!罠だったんだ!や、野菜のブロックに埋まって身動きがとれない。こんちくしょー。出せー、出してくれー!…熱い、熱いじゃないか、あ、あ、ああー。オレが何をしたって言うんだ。オレは何もしちゃいない。ただそこに居ただけなんだ。何もしないで、ひっそりと生きて居ただけなんだ。……ふ、復讐してやる。薄れてゆく意識の中で、オレは、そうさけんでいた。もうそんなことできるわけないことはわかっていたが何度も、そう、さけんでいた。
(フライパンを、カンカンとフライ返しでたたいて皿にもりつけている音)
えへへへ。けっこううまくできちゃった。ね。野菜と玉子の色もいいし、ちょっとプロっぽい仕事だと思わない?はい、ウスターソース。…え?シイタケ?シイタケなんか入れてないわよ。どこどこ?……これ。シイタケじゃない…わ。
(おわり)