190話(1999年11月19日 ON AIR)

「彗星」

作・久野 那美
ひっきりなしに風が吹いている。
携帯電話からの電話。
呼び出し音が何度も何度も続いて、やっと相手が出る。
風の音と電波の具合で、会話は時々聞き取りにくくなる。
…はい。
あ。
こんばんは。
あれ……どうして?
え?
家に居たの?
居なかったら出ないよ。
何で?
え?
だって、部屋から見えないって。
うん。見えない。西側に窓ないから。
じゃあ、どうして?
屋上にいると思った?
…うん。
ふふん。(笑っている)
何だよ。
いいえ。
だって、あんなに…
「楽しみにしてたのに。」?
うん。
1999年、11月19日。11時に西の空。
…。
あの彗星、今度見られるのは千年後だって。
千年後に見るの?
まさか。
何してんの?今…。
別に。
そう…。
何してんの?
いや………。
明日、だよね。
…あ、うん。
いよいよだね。
元気でね。
…。
晴れるよきっと。明日は。星出てるから。
見てない癖に。
見てなくてもわかるよ。今夜は。
…今、何してるの?
明日。晴れるよ。きっと。晴れるといいね。
…今から出てこない?
え?
…千年に1回…てことは、今日逃したら一生見れないんだよ。
後悔するよ。
後悔するかな?
え?
どっちにしろ今夜しか見れないのに。
今夜見なかったら後悔するかな。
…。
…と思って。
…?
綺麗だね。きっと。黒い空に、長い長い光のしっぽ。
…。
見に行って。記憶の中に大事に大事に焼き付けて。
「思い出」に追加して。…それでおしまい。
…。
いろんなことが、そうだったみたいに。
…。
特別な日。大事な日。最初で最後の機会。
たくさんあった。これまでもあったし。これからもきっとある。
特別なことはたくさんあって、新しく追加するたんびにみんなその中に埋もれて見えなくなった。
…。
いつも。
…。
もし、「見に行かなかったら」どうなるんだろうと思ってみた。
何も、大事に焼き付けておかなかったら…。
え?
実験。
実験?
私は今夜ここにいて。彗星を見ないで。
「西の空はどんなだろ」って考える。
あんなに楽しみにしてたのに。もう絶対見られないのに。
見に行かなかったらきっと後悔するぞ、取り返しがつかないぞ、って思いながら。
そしたらずっと覚えてるかもしれない。
「どんなだろ。」って思った今夜の空を、私はずっと覚えてるかもしれない。
そういう、実験。
風が吹いている。
結果はいつ出るの?…実験の…。
いつだろ。ずうっと、先かな。
ふうん。
何?
気の長い実験…。
うん。
電波が大きく乱れる。聞き取れない。
******************
え?何?
*****************
***********
****************
*****************
***********明日、晴れるのか。
…ああ明日?…だって、星出てるでしょ。
…。
何してるの?男いや…
もうすぐ11時だよ。
うん。
明日、早いの?
いや…。
ふうん。
何?
晴れるけど。寒いよ。きっと。
なんで?
星が綺麗に見えてるから。
見てない癖に。
見てなくても分かるよ。今夜は。
風が吹いている。
電波の調子、悪いね。
うん。
風のせいかな?
関係有るのかな?
あるんじゃない?
風が吹いている。
…じゃあ。
うん。
じゃあ。
はい。
プツッ。

携帯電話の切れる音。

吹きっさらしの屋上に、冷たい風がひっきりなしに吹いている。

下には人だかりができている。

夜更けが近づいている。彗星が、もうすぐここを通過する…。