193話(1999年12月10日 ON AIR)

「チョコレート、一枚」

作・花田 明子
登場人物
高岡(男)
石川(女)
映画の帰り。
階段を下りる足音。
しばし無言。
と、階段を下りきって、石川の大きな溜息。
石川
(溜息)ふぅーっ。面白かったね。
高岡
え?…あ、そうなの?
石川
うん。いや、いろいろそれはどうだ?ってつっこみたくなったところはあったけど、面白かったよ。
高岡
あ、そう。それはよかった。
石川
え、どうして?
高岡
いや映画見てる最中、ずっと溜息ばっかりついてたから、退屈なのかなぁってさ。悪いことしたなぁと思って。
石川
何で。すごい緊迫した映画だったでしょ?だから映画に合わせて私も緊迫してたの。
高岡
あ、そう。何だ。
石川
ねぇ、髪、すごい爆発してるよ。
高岡
知ってる。起きたらすごい時間だったから。
石川
いつもじゃないの?
高岡
まぁね。
石川
(笑う)
高岡
自転車?
石川
え?
高岡
自転車で来たの?
石川
ううん。歩き。
高岡
え、歩いてきたの?こんなとこまで。
石川
うん。いやね、朝、電話もらってさ。石川さんから。「ちょっと遅れるから」って。
高岡
ねぇ、じゃあ駅まで歩くか。
石川
駅?
高岡
うん。今から練習なんだよ。
石川
ああ、いいよ。
高岡
うん。
二人、歩きだした。
外は昼過ぎの平日の車通り、人通り。
高岡
…で?
石川
え?
高岡
僕が電話して、それで?
石川
ああ…うん。で、時間一杯あるなぁと思ってさ。
高岡
うん。
石川
だからまぁ、散歩も兼ねて歩くかと思って、で、歩いたら以外に時間なかった。
高岡
そうでしょう。そうでしょう。遅れるって電話して、急いできたら、居なかった。
石川
ごめん、ごめん。途中から猛ダッシュしたんだけど、ぎりぎりでしたわ。
高岡
(笑って)うん。
石川
あ、お金。
高岡
え?
石川
映画代。
高岡
ああ、いいよ。
石川
何で。だって私が高岡さんのタダ券使っちゃって。
高岡
いいって、それくらい。
石川
じゃあ、半分出すよ。だって一枚しかなかったんでしょ、タダ券。
高岡
うん、まぁそうだけど。
石川
じゃあ、半分………。と、石川、立ち止まって鞄から財布を出そうとする。
高岡
いいって。それくらい。安いもんですよ。
石川
でもさぁ。
高岡
あなたより、私の方が稼いでますから。
石川
いやいや。
高岡
いいって。ここは一つ、年長者に甘えていただいて。
石川
そうですか?
高岡
うん、まぁお互いバイトですが。
石川
よし。じゃあ、今度何かおごりますわ。
高岡
うん。
二人、また、歩きだす。
石川
あ、そうそう。写真。
高岡
ああ。
石川、鞄をごそごそして、
石川
はい。
高岡
おう。
石川
はっきり言って、写真下手だよ。高岡さんも容子ちゃんも。
高岡
え、うそ。
石川
本当に高校の時、写真部だったの?
高岡
もちろんだよ。ばりばりだよ。あれ。
高岡、もらった写真を見る。
高岡
本当だ。
石川
私が撮ったのは見れるけど、石川さんが撮ったのも、容子ちゃんが撮ったのも、もうものすごい下手。
高岡
すいませんねぇ。あれ?本当にひどいなぁ、これ。
石川
私のなんか、東京タワーの前で、亡霊みたいに映ってたんだからね。
高岡
(笑いつつ)あれ、おかしいなぁ。
石川
まあ、いいけど。
高岡
うん。まぁ、こういうのは気持ち、記念ってことで。
石川
(笑って)よく言うよ。
高岡
(笑って)うん。
と、高岡、ジャンパーのジッパーを開ける。
そして写真をポケットにしまう。
高岡
あれ、詫び状は?
石川
え?
高岡
詫び状。謝りの手紙。
石川
ああ……やめた。
高岡
何で。
石川
いや、あ……うん。
高岡
うん。
石川
あ、いや、いいんだよ。高岡さん全然気にしてなかったみたいだしさ。
高岡
あ、いや……え、何書いてたの?
石川
うん……いや、いいんだよ、本当。
高岡
そう……。
二人、再び歩く足音。
しばし歩く音だけ。
石川
いや、今日は本当、誘ってくれてよかったよ。
高岡
うん……。
石川
いや、どうも調子悪くてさ、ここんとこ。情緒的な映画や、詩ばかり読んでた。
高岡
詩ね…。
石川
うん、ポエムですわ。
高岡
(笑って)うん。
石川
このままいくとまずいなぁ、って時だったから助かった。
高岡
……それはよかった。
石川
うん。何か、ああいう緊迫したアクション映画はいいね。
高岡
でもかなりずさんなエンターテイメントだっただろ?
石川
いや、細かいところを言い出したらね。それはそうなんだけど、
高岡
うん。
石川
でも助かったよ。 こうがんがん効果音で緊張をかきたてられて、いやぁ、よかった。
高岡
あ、そう。
石川
こう、強引にガスを抜かれたって感じ。
高岡
え?
石川
ポンってさ。
高岡
ああ。
石川
うん……。
間。
二人の足音だけが聞こえている
高岡
……で、結局いつ戻ってきたの?
石川
え?
高岡
いやこっちに。
石川
ああ……次の日。
高岡
…あ、そう。
石川
多分、高岡さんや容子ちゃんより早い新幹線かな。
高岡
……ふうん。
石川
容子ちゃん、変に思っただろうな。いや何か嫌な気がしたろうな…。
高岡
大丈夫でしょ。
石川
いや、だって3人で遊びに行ったのに、私だけ先に帰ってきちゃってさ。
高岡
いや……まぁ大丈夫なんじゃない…。
石川
容子ちゃんには詫び状、書いたんだ。住所聞いてたから。写真を送るのにかこつけて。
高岡
あ、そう。
石川
うん……いや、悪いことをした。
高岡
いや、そんなことはないけど……。
石川
うん……。
高岡
何で先に帰っちゃったの?
石川
うん?
高岡
あ、いや、言いにくいんならいいけど…。
石川
うん……いや、何かね。怖くなったんだよ。
高岡
……何が?
石川
ライブをね。見に行く約束してたでしょ。あっちで。三人で。
高岡
あ、いやあれはさ、待ち合わせの場所に行けなかったのはさ。僕はライブのチケット、とってくれた友達に会いに行ってて。
石川
うん、聞いた。
高岡
で、容子ちゃんに、「あなたは石川さんを待ってなさい」ってちゃんと僕は言っといたんだよ。
石川
うん、そうだってね。
高岡
でも、まぁ、容子ちゃんがそれを忘れてて、駅じゃなくて、ライブハウスに直接行っちゃったのがあれなんだけど。
石川
いや、そうじゃないんだよ。
高岡
え、そうじゃないって?
石川
いやそれはいいんだよ。そういうことはね。しょっちゅうあることだから。うん……何て言うの?待ち合わせ場所を間違えるとか、時間に遅れちゃうとかね、そんなのは全然あれじゃないの。
高岡
じゃあ、何。
石川
何かね……二人を駅で待っててね。何か本当急にね、怖くなったんだよ。
高岡
だから何が。
石川
私は本当にちゃんと約束をしたんだろうか。っていうかさ。……もらったと思った返事は、もしかして私の勘違いなんじゃないかなとかさ。
高岡
なんで。
石川
いや、何かね、もしかしたら私がそう見えたと思ったことはもしかして全然そうじゃなくて、私は人とちゃんと話せてないんじゃないだろうかとか……
高岡
……。
石川
何も人と交換してないんじゃないだろうかってさ。
高岡
そんなわけないでしょ。
石川
うん……いや、そうなんだけどね。何か怖くなったんだよ、急に。待ち合わせた場所に来るはずの人が来ない。私はここで何を待ってるんだろうってさ……。
高岡
………。
石川
……。
すぐ近くに駅の喧騒が聞こえてきた。
再び、二人の足音のみ。
石川
間に合うの?
高岡
え?
石川
練習。
高岡
ああ、今日はメンバーの家のガレージでやるからいいんだ。
石川
あ、そう。
高岡
うん……。
石川
じゃあ、私は歩いて帰るから。
高岡
ああ、うん。
石川
あ、そうだ。
高岡
え?
鞄を開けて何かを取り出すごそごそという音。
石川
はい。
高岡
え、何これ。
石川
チョコレートだよ。
高岡
うん……。
石川
(笑いつつ)いや、写真、どうやって渡そうかって考えててさ、あれから。で、まぁ今度の高岡さんのライブのときにでも、写真と一緒に持って行くかって思って買ったのよ。
高岡
…あ、そう。(笑って)じゃあ頂くよ。
石川
うん。ねぇ知ってた?ほんのちょっと甘いものってね。
高岡
うん。
石川
人を幸せにするんだってさ。
高岡
……へーえ。
石川
…じゃあ、またね。
高岡
うん。
石川、走って行った。
すぐそこに、電車がホームへ滑り込んできた。
おしまい。